NOAA

2019年10月13日 (日)

NOAA18-10122329、NOAA19-10130710 台風19号 日本の東海上で温帯低気圧に

10月13日 NOAA18-10122329 08:29(JST) 137.9125MHz
        NOAA19-10130710 16:10(JST) 137.1MHz

気象庁によると、台風19号は、12日午後7時前に静岡県の伊豆半島に上陸したあと、東日本と北日本を通過して、13日正午に日本の東の海上で温帯低気圧に変わりました。

Tenki101332019 Tenki101342019
201910122329 2019101223291
201910130710 2019101307101

| | コメント (0)

台風19号が残した爪痕 4-4 赤野田川氾濫、川田牛島地区冠水、長野県道34号長野菅平線通行止め

10月13日午前、赤野田川の氾濫で冠水した、若穂川田牛島地区を撮影しました。
赤野田川の氾濫は、赤野田川樋門付近のようでした。
長野県道34号長野菅平線は、国道403号線との交差点―落合橋間が冠水で通行止めになっていました。

Img_15761 Img_16681
Img_16811 Img_17191
Img_17161 Img_17001
上段左から Photo_20191014065101
1 長野県道34号長野菅平線と国道403号線の交差点
2 冠水した農地
中段左から
1 手前の保科川と冠水した農地 保科川橋で撮影
2 赤野田川樋門前
下段左から
1 赤野田川樋門前
2 赤野田川樋門と赤野田川 千曲川堤防内
 
Img_17211 Img_17321
Img_17411 Img_17761  
Img_17571 Img_17601_20191013173301
上段左から
1 赤野田川樋門と赤野田川 千曲川堤防内
2 冠水した農地
中段左から
1 冠水した農地
2 左 赤野田川 右 冠水した農地
下段左から
1-2 冠水した長野県道34号長野菅平線 牛島地区内

| | コメント (0)

台風19号が残した爪痕 4-3 千曲川増水 各地で氾濫・堤防決壊

10月13日午前、上田市から中野市まで各地で氾濫した千曲川を、落合橋と関崎橋で撮影しました。
特に、長野市穂保では堤防がおよそ70mにわたって決壊して、広範囲で大規模浸水となっています。

撮影場所 落合橋 千曲川・犀川
Img_15801 Img_23601
Img_15881 Img_16071
Img_16051 Img_16041_20191013154201
上段左からPhoto_20191014071701
1-2 落合橋から下流 屋島橋方面
中段左から
1 落合橋から上流 関崎橋方面
2 増水した千曲川と妙徳山
下段左から
1 下流方面 千曲川と犀川の中州
2 犀川と千曲川の合流点 手前が犀川 奥が千曲川との合流点

撮影場所 関崎橋 千曲川
Img_16131 Img_16551
Img_16151_20191013155301 Img_16421
Img_16241 Img_23671_20191013155401
上段左から
1-2 関崎橋と千曲川
中段左から
1 千曲川とサンマリーンながの方面
2 上流方面
下段左から
1-2 下流落合橋方面 後ろの山は高社山

| | コメント (0)

台風19号が残した爪痕 4-2 信濃川水系山内沢土砂崩れ 林道笹平線崩落

Photo_20191013145201 10月13日午前、音坂橋から昨日、土砂崩れの発生場所へ移動しました。
場所は長野県道34号長野菅平線と林道笹平線の交差点で、信濃川水系山内沢の支流で土砂崩れがあり、瀬川工務店横の林道笹平線が崩落していました。
この場所は、2012年5月に「保科誌刊行編纂」の資料収集をかねて、編纂委員など総勢9名で、「大笹街道保科道」の探索で通った林道でした。

撮影場所 長野県道34号長野菅平線と林道笹平線の交差点 信濃川水系山内沢 瀬川工務店横
Img_15301 Img_15361
Img_15341_20191013150201 Img_15391
Img_15641 Img_15541
Img_15571_20191013150301 Img_15611

| | コメント (0)

台風19号が残した爪痕 4-1 保科川増水

10月13日午前、台風19号の記録的な大雨で増水した保科川を撮影しました。
昨日「若穂保科地区土砂災害に関する避難指示(緊急)の発令」の元となった音坂橋で撮影しました。
音坂橋は、保科川がカーブしていて氾濫しやすい場所で、土石流危険渓流の「信濃川系高岡沢の支流が合流しているところです。

撮影場所 長野市若穂保科音坂
Img_15071_20191013140401 Img_15161_20191013140401
Img_15101 Img_15211
Img_15191_20191013140501 Img_15181_20191013140401
上段左から Photo_20191014070701
1 上が保科川上流
2 上が保科川下流の音坂橋 
中段左から
1 上が保科川下流の音坂橋
2 保科川と信濃川水系高岡沢支流の合流点
下段左から
1 保科川と信濃川水系高岡沢支流の合流点
2 信濃川水系高岡沢支流

| | コメント (0)

NOAA19-10121948 台風19号 長野県と新潟県の大雨特別警報を解除

101312019 10月13日 NOAA19-10121948 04:48(JST) 137.1MHz

気象庁は午前3時20分、長野県と新潟県に出していた大雨の特別警報を解除しました。
長野地方気象台のアメダス観測では、最大瞬間風速は25.7m/s(20:51)、当地保科の雨量は長野建設事務所設置の雨量計で262mmと、記録的な雨量になりました。
国と長野地方気象台によると、千曲川は上田市国分、千曲市雨宮、長野市の、篠ノ井横田と篠ノ井小森、穂保、須坂市北相之島と、小布施町の飯田と山王島、それに中野市の立ヶ花と栗林で水が堤防を越えてあふれ出し氾濫が発生し、長野市穂保では堤防の一部が崩れ、住宅の2階まで浸水しているようです。
保科川は昨日の撮影時と比較すると、だいぶ水量が減ってきたようですが、上流域ほど降水量が多かったため、しばらく水量が多い状態が続きそうです。
Tenki101312019 Tenki101322019
Img_23171_20191013071901 Img_23261 

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

千曲川 氾濫発生情報、若穂保科地区に土砂災害に関する避難指示(緊急)、保科で土砂崩れ 長野県が自衛隊に災害派遣要請

10月12日 情報元 長野市防災情報ポータル

警戒レベル4 避難指示 緊急 20:49
篠ノ井横田地区に河川氾濫(はんらん)、若穂川田地区、若穂保科地区、大岡地区全域に土砂災害に関する避難指示(緊急)を発令しました。
警戒レベル5 千曲川越水情報 21:21
20時23分ごろ、篠ノ井横田で千曲川が越水しました。
警戒レベル5 千曲川越水情報 22:30
21時27分ごろ、篠ノ井塩崎庄ノ宮で千曲川が越水しました。
警戒レベル5 千曲川越水情報 23:54
松代町城東、松代町柴、松代町城北、松代町西寺尾、松代町東寺尾で千曲川が越水しました。

若穂保科地区に土砂災害に関する避難指示(緊急)を発令しました。
保科川の上流で倒木により河川が閉そくし、土石流の可能性が高まっています。

【警戒レベル5相当情報[洪水]】千曲川氾濫発生情報 千曲川河川事務所 長野地方気象台 共同発表
長野市篠ノ井小森(左岸距離標75k)(左岸)付近に おいて氾濫が発生しました。 22:40
千曲市雨宮地先(右岸)(距離標78k付近)(右岸)付 近において氾濫が発生しました。 22:10
長野市篠ノ井横田(左岸)付近において氾濫が発生しま した。 20:50

「NHK信州 NEWS WEB」によると、 若穂保科で土砂崩れが発生し、道路の通行ができなくなり、9世帯12人と消防隊員2人のあわせて14人が孤立しているということです。
長野県は、陸上自衛隊に救助活動にあたるよう災害派遣を要請しました。

Photo_20191012215101 Photo_20191012215102
国土交通省 千曲川河川事務所ライブ映像
Photo_20191013000201 Photo_20191013000101 

| | コメント (0)

台風19号 静岡県伊豆半島に上陸

101252019 気象庁によると、大型で強い台風19号は、午後7時前に静岡県の伊豆半島に上陸しました。
中心気圧は955hPa、中心付近の最大風速は40m/s、最大瞬間風速は60m/sで、中心の南東側330km以内と北西側260km以内では風速25m/s以上の暴風が吹いていて、すでに関東甲信と東海、伊豆諸島、近畿、それに北陸が暴風域に入っています。
長野地方気象台のアメダス観測では、15:49に24.2m/s(北)の最大瞬間風速を観測しましたが、当地保科では、夜になって西寄りの風が強くなり、長野建設事務所設置の雨量計で、午後8時までに238mmの記録的降水量を観測しましたが、大雨のピークは越えたようです。

Tenki1012162019 Tenki1012152019

| | コメント (0)

NOAA19-10120723 台風19号北上 大雨特別警報 静岡 神奈川 東京 埼玉 群馬 山梨 長野(長野市、上田市、東御市、小諸市、佐久市、佐久穂町、軽井沢町御代田町茅野市富士見町伊那市)、土砂災害警戒情報 長野市、立科町、筑北村

101242019 10月12日 NOAA19-10120723 16:23(JST) 137.1MHz
 
大型で非常に強い台風第19号は、午後4時現在、下田市の南西約90kmにあって、北北東へ1時間に35kmで進んでいます。
中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45m/sで、暴風域は直径が650kmと巨大で、東海地方や紀伊半島が暴風域に入っています。
大型で非常に強い台風19号の影響ですでに記録的な大雨となっていて、気象庁は午後3時半に、東京と神奈川、埼玉、群馬静岡、山梨、長野の合わせて1都6県に、5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたる「大雨特別警報」を発表しました。
長野地方気象台は、午後3時半に長野市、上田市、東御市、小諸市、佐久市、佐久穂町、軽井沢町御代田町茅野市富士見町伊那市に「大雨特別警報」を発表しました。
また、長野地方気象台と長野県は、午後4時20分、長野市と立科町、筑北村に土砂災害警戒情報を発表しました。
当地保科では、午後から次第に風雨が強まり、昨日夜から今日午後5時までに、長野建設事務所が設置した雨量計で179mmの降水量を観測し、保科川がかなり増水しています。
台風19号は、今夜から明日の朝にかけて接近―通過することになり、強い雨域もこれからという状態で、当地保科では降水量が200mmを超えそうです。

Tenki1012142019 Tenki1012132019
Img_22971 Img_23101_20191012172901
201910120723 2019101207231

| | コメント (0)

NOAA18-10112341 台風19号北上 東海・関東に接近~上陸の可能性 記録的な大雨・暴風のおそれ

10月12日 NOAA18-10112341 08:41(JST) 137.9125MHz

気象庁の発表によると、大型で非常に強い台風19号は、午前8時には、伊豆諸島の八丈島の西南西280kmの海上を1時間に20km/hの速さで北へ進んでいるとみられます。
中心気圧は935HPa、中心付近の最大風速は45m/s、最大瞬間風速は65m/sで、中心の東側370km以内と西側280km以内では風速25m/s以上の暴風が吹いています。
当地保科では、昨日の夜9時から今日の午前8時までに、長野建設事務所設置の雨量計で13.0mmの雨量を観測しました。

Tenki10122019 Tenki101212019
201910112341 2019101123411
2019101123412 2019101123413

| | コメント (0)

より以前の記事一覧