音楽・コンサート・舞台

2023年1月 1日 (日)

2023年コンサート予定 その1

2023年のコンサート予定第1回目です。
東京・春・音楽祭は、3月24日の「福川伸陽(ホルン)&古楽の仲間たち」と4月2日の「吉井瑞穂(オーボエ)&ウェールズ弦楽四重奏団」のチケット購入済で、今年は上野公園の桜が見られそうです。
20234月23日あづみ野コンサートホールの「藤岡幸夫プロデュース・弦楽四重奏団「The 4Plsyers Tokyo IN 安曇野」は、BSテレ東(7ch)の「エンター・ザ・ミュージック」(毎週土曜日午前8時30分)の収録と取材が予定されています。

[長野]
4月26日(水)開演13:00 長野市芸術館リサイタルホール
水曜ひるまのクラシック・リサイタルシリーズ vol.37 鈴木優人 チェンバロ・リサイタル

J.S.バッハ:イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971 他

 チェンバロ:鈴木 優人

Photo_20230101095101[松本]
5月28日(日)開演13:30 ザ・けハーモニーホール
吉村結実&桒形亜樹子ジョイントリサイタル

C.P.E.バッハ:オーボエとチェンバロのためのソナタ ト短調 H.524.5
ルドルフ・ケルターボン:オーボエとチェンバロのためのソナチネ(1960)
G.Ph.テレマン:12のファンタジーより第8曲 ホ短調 TWV40:9
J.S.バッハ:平均律クラヴイア曲集第2巻より 他

 オーボエ:吉村 結実
 チェンバロ:桒形 亜樹子

Photo_20230101095201[安曇野]
3月26日(日)開演14:00 あづみ野コンサートホール
岩淵みずきサクソフォンコンサート

R.シューマン:幻想小曲集 Op.73
プロコフィエフ: バレエ「ロメオとジュリエット」より
 前奏曲・少女ジュリエット・騎士たちの踊り・バルコニーの場面・ローレンス僧庵
T.ジョルダ二:いとしい女よ
グラズノフ:アルトサクソフォンと弦楽オーケストラのための協奏曲

 サクソフォン:岩淵 みずき
 ピアノ:弘中 佑子

4月1日(土)開演14:00 あづみ野コンサートホール
吉江忠男バリトンリサイタル

シューベルト:冬の旅 D.911

 バリトン:吉江 忠男
 ピアノ:森田 基子

4月23日(日)開演14:00 あづみ野コンサートホール
藤岡幸夫プロデュース・弦楽四重奏団
The 4Plsyers Tokyo IN 安曇野

スメタナ:弦楽四重奏曲第1番 ホ短調「わが生涯より」
ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1番 ホ短調 「クロイツェル・ソナタ」
シベリウス:弦楽四重奏曲 ニ短調 Op.56「親愛なる声」

 ヴァイオリン:戸澤 哲夫
 ヴァイオリン:遠藤 香奈子
 ヴィオラ:中村 洋乃理
 チェロ:矢口 里菜子
 プロデュス:藤岡 幸夫
(BSテレビ東京の収録・取材あり)

4月30日(日)開演14:00 あづみ野コンサートホール
河瀬あゆか アルパコンサート

 アルパ:河瀬 あゆか 
 パーカッション:表 直志
 ギター:渡辺 篤弘

5月14日(日)開演14:00 あづみ野コンサートホール
高橋多佳子ピアノリサイタル

 ピアノ:高橋 多佳子

6月4日(日)開演14:00
荒 絵里子オーボエ・リサイタル

 オーボエ:荒 絵理子 
 ピアノ:松岡 美絵

[軽井沢]
5月4日(木・祝日)開演16:00(未定・詳細発表前) 軽井沢大賀ホール
軽井沢大賀ホール2023春の音楽祭

モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲 K.620
モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364
ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op.92

 指揮・ヴィオラ:ピンカス・ズーカーマン
 ヴァイオリン:三浦文彰
 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

Photo_20230101100501[高崎]
3月3日(金)開演18:30 高崎芸術劇場 (チケット購入済)
バッハ・コレギウム・ジャパン ブランデンブルク協奏曲 全曲演奏会

J.S.バッハ:ブランデンブルグ協奏曲全曲
第1番 ヘ長調 BWV1046
第2番 ヘ長調 BWV1047
第3番 ト長調 BWV1048
第4番 ト長調 BWV1049
第5番 ニ長調 BWV1050
第6番 変ロ長調 BWV1051

 指揮・チェンバロ:鈴木 優人
 管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン

2022_20230101100801[東京]
東京・春・音楽祭
3月24日 [金] 開演19:00 東京文化会館 小ホール (チケット購入済)
福川伸陽(ホルン)&古楽の仲間たち

ヘンデル:付随音楽「アルチェステむHWV45 第1幕 より
テレマン:リコーダー、ホルン、通奏低音のための協奏曲 TWV42:F14
ヴィヴァルディ:「ごしきひわ」ニ長調
J.F.ファッシュ:四重奏曲
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番 ヘ長調 BWV1047

 レ・ヴァン・ロマンティーク・トウキョウ
  バロック・ホルン:福川 伸陽
  バロック・ヴァイオリン:高田 あずみ
  バロック・チェロ:上村 文乃
  コントラバス:今野 京
  バロック・オーボエ:三宮 正満
  リコーダー:太田 光子
  フォルテピアノ:川口 成彦

4月2日(日) 開演15:00 東京文化会館小ホール (チケット購入済)
吉井瑞穂(オーボエ)&ウェールズ弦楽四重奏団

モーツァルト:オーボエ四重奏曲 ヘ長調 K.370
武満 徹:アントゥル=タン
テレマン:無伴奏オーボエのための12の幻想曲より(オーボエ・ソロ)

 オーボエ:吉井 瑞穂
 ウェールズ弦楽四重奏団
  ヴァイオリン:﨑谷 直人、三原 久遠
  ヴィオラ:横溝 耕一
  チェロ:富岡 廉太郎

2022_20230101101201[東京]
3月9日(木)開演19:00 東京オペラシティ コンサートホール (チケット購入済)
東京フィルハーモニー交響楽団 第153回 東京オペラシティ定期シリーズ

ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」 Op.9
カゼッラ:狂詩曲「イタリア」 Op.11
(カゼッラ生誕140年)
サン=サーンス:交響曲第3番 ハ短調 「オルガン付き」 Op.78 R.176

 オルガン:未定
 指揮:アンドレア・バッティストーニ
 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

11月10日(金)開演19:00 サントリーホール
東京フィルハーモニー交響楽団 第992回サントリー定期シリーズ 

チャイコフスキー:幻想曲「テンペスト」 Op.18
チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 イ長調 Op.33 *
チャイコフスキー:幻想序曲「ハムレット」
チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」 Op.67a
(チャイコフスキー没後130年)

 チェロ:佐藤 晴真 *
 指揮:アンドレア・バッティストーニ
 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団)

Photo_202301011015014月13日(木)開演19:00 サントリーホール (チケット購入済)
東京都交響楽団第972回定期演奏会Bシリーズ

マーラー:交響曲第7番 ホ短調

 指揮:大野 和士
 管弦楽:東京都交響楽団

5月20日(土)開演18:00 サントリーホール
東京交響楽団第710回定期演奏会

リゲティ:ムジカ・リチェルカータ第2番(ピアノソロ)
マーラー:交響曲 第6番 イ短調 「悲劇的」

 指揮:ジョナサン・ノット
 管弦楽:東京交響楽団

6月13日(火)開演19:00 サントリーホール
読売日本交響楽団第629回定期演奏会

アタイール:チェロ協奏曲「アル・イシャー」 ※日本初演
ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 Op.55 「英雄}

 チェロ:ジャン=ギアン・ケラス
 指揮:鈴木 優人
 管弦楽:読売日本交響楽団

Photo_202301011358014月22日(土)開演15:00 東京オペラシティコンサートホール
コリン・カリー・グループ
ライヒ《18人の音楽家のための音楽》

スティーヴ・ライヒ:
ダブル・セクステット(2007)
トラベラーズ・プレイヤー(2020)[日本初演]*
18人の音楽家のための音楽(1974~76)

 パーカッション/指揮:コリン・カリー
 コリン・カリー・グループ
 シナジー・ヴォーカルズ

* 共同委嘱
   オランダ公共放送アムステルダム土曜マチネ
   サウスバンクセンター
   カーネギーホール 
   フィルハーモニー・ド・パリ
   ハンブルク・エルプフィルハーモニー
   バークレー・カルパフォーマンス
   東京オペラシティ文化財団

Photo_202301011043015月11日(木)開演14:00 東京文化会館小ホール (チケット購入済)
平崎真弓 & クリスティアン・ベザイデンホウト デュオ・リサイタル 

モーツァルト:ヴァイオリンとフォルテピアノのためのソナタ 第24番 ハ長調 K.296
モーツァルト:ヴァイオリンとフォルテピアノのためのソナタ 第35番 ト長調 K.379
モーツァルト:「泉のほとりで」による6つの変奏曲 ト短調 K.360
モーツァルト:ヴァイオリンとフォルテピアノのためのソナタ 第40番 変ロ長調 K.454

 ヴァイオリン:平崎 真弓
 フォルテピアノ:クリスティアン・ベザイデンホウト

10月18日(水) 開演 未定 東京芸術劇場コンサートホール
シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 Op.43
シベリウス:交響曲第5番 変ホ長調 Op.82

 指揮:クラウス・マケラ
 管弦楽:オスロ・フィルハーモニー管弦楽団

| | | コメント (0)

2022年12月30日 (金)

ジョナサン・ノット指揮、東京交響楽団「第九」2022 サントリへホール  ネット生配信

912月28日(水 開演18:30 サントリーホール ネット生配信

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 Op.125 「合唱付」
アンコール
蛍の光

 ソプラノ:隠岐 彩夏
 メゾソプラノ:秋本 悠希
 テノール:小堀 勇介
 バリトン:与那 城敬
 合唱:東響コーラス
 合唱指揮:冨平 恭平 
 指揮:ジョナサン・ノット
 管弦楽:東京交響楽団

全40台のカメラが各楽器セクションに設置されて、見る・聴く場所を選べるという、画期的な同時生配信が行われました。
小林 壱成、水谷 晃、グレブ・ニキティンの3人のコンサートマスターが勢ぞろいで、今回は小林 壱成さんがコンサートマスターでした。
12月28日の生配信は所用で見れなかったので、30日早朝に複数カメラ版を見ましたが、第4楽章途中まで速いテンポで突き進み、LP時代「最も速い第9」の一つとして知られる、シャルル・ミュンシュ指揮ボストン交響楽団の演奏を思い浮かべながらの、あっという間の1時間余りでした。
チェロのアングルでは弦のうなりも聞こえ、トライアングルではめったに見ることができないアップが見えたりと、日頃は見ることができないアングル満載でしたが、ジョナサン・ノットと楽団員はコンサートのたびに信頼関係が増しているようで、指揮者とオーケストラが一心同体になったなったような素晴らしいコンサートでした。
今回のコンサートでは、オーボエ主席の荒木 奏美さんの好演が印象に残りました。
なお、ジョナサン・ノットと東京交響楽団はのコンサートは、5月20日の第710回定期演奏会(サントリーホール)のマーラー:交響曲第6番を聴きに行く予定です。

| | | コメント (0)

2022年12月24日 (土)

永峰高志&久元祐子デュオ・リサイタル ~名器が奏でる美しい音色の競演~ あづみ野コンサートホール

Photo_2022122422120112月24日 開演:13:30 あづみ野コンサートホール

J.S.バッハ:G線上のアリア
Img_34681ヘンデル:ヴァイオリンソナタ第4番 ニ長調 HWV.371
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番 へ長調 Op.24 「春」
ヨアヒム:ロマンス 変ロ長調 Op.2-1
シューマン:ロマンス イ長調 Op.94-2
ブラームス:ヴァイオリンソナタ第1番 ト長調 Op.78 「雨の歌」
アンコール
エルガー:愛の挨拶
ピアソラ:リベルタンゴ

 ヴァイオリン:永峰 高志
 ピアノ:久元 祐子

編集中・・・・・

| | | コメント (0)

2022年12月18日 (日)

藤村俊介&三亀郷子デュオ・リサイタル あづみ野コンサートホール

Photo_2022121821340112月18日 開演14:00 あづみ野コンサートホール

J.S.バッハ:G線上のアリア
グノー:アヴェ・マリア
Img_33741シューベルト:アルベジョーネ・ソナタ イ短調 D821
黛敏郎:無伴奏チェロのための「BUNRAKU」文楽
エルガー:愛の挨拶
マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ
カッチーニ:アヴェ・マリア
サンサーンス:白鳥
ポッパー:ハンガリアン・ラプソディー
アンコール
カサド:親愛なる言葉
リー・ハーライン:星に願いを
クリスマス・キャロル きよしこの夜

 チェロ:藤村 俊介
 ピアノ:三亀 聡子

| | | コメント (0)

2022年12月11日 (日)

鈴木優人指揮 バッハ・コレギウム・ジャパン 「メサイア」 軽井沢大賀ホール

2_202212112254012022_2022121122540112月11日(日) 開演15:00 軽井沢大賀ホール

G.F.ヘンデル:オラトリオ「メサイア」HWV.56
アンコール
クリスマスキャロル ザ・ファースト・ノエル(The First Noel )

 ソプラノ:松井 亜希
 アルト:青木 洋也
 テノール:鈴木 准
 バス:大西 宇宙
 指揮:鈴木 優人
 合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン

BCJのHPによると、今年のバッハ・コレギウム・ジャパンによるヘンデルの「メサイア」は、
 12月23日(金) 松本市音楽文化ホール
 12月24日(土) サントリーホール
 12月25日(日) 豊田市コンサートホール
で、
 指揮:鈴木 雅明
 ソプラノ:ハナ・ブラシコヴァ
 アルト:アレクサンダー・チャンス
 テノール:鈴木 准
 バス:大西 宇宙
 合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン
の3公演が記載されていて、指揮、ソプラノとアルトの3人が変わっていた軽井沢大賀ホールの公演の記載は見つかりませんでした。
編集中・・・・・

| | | コメント (0)

2022年11月27日 (日)

ハンドベルコンサート あづみ野コンサートホール

Photo_2022112721180111月27日 開演14:00 あづみ野コンサートホール

パッヘルベル:カノン
葉加瀬太郎:情熱大陸
Img_32441_20221127212101バート・ハワード:フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン
クリスマスキャロル
 あらののはてに
 三人の博士
 メアリー、しっていた?
 ひいらぎかざろう
 おめでとうメリークリスマス
森山直太朗:さくら
中島みゆき:糸
クライスラー:愛の悲しみ
久石譲:晴れた日に(映画「魔女の宅急便」より)
荒井由実:ルージュの伝言
       やさしさに包まれたなら
ホルスト:我は汝に誓う、我が祖国よ
ドビュッシー:前奏曲集第2巻より 「ヒースの荒野 」、「花火」 *
リチャード・カーペンター、ジョン・ベティス:イエスタデイ・ワンス・モア
GReeeeN:アイノカタチ
アンコール
アドルフ・アダン:O Holy Night さやかに星はきらめき((フランスのクリスマスキャロル)

 ハンドベル:長岡 章、永野 京子
 ハンドベル、ピアノ:上山 裕子
 ピアノ:飯田 糸音 *

| | | コメント (0)

2022年11月26日 (土)

セイジ・オザワ 松本フェスティバル30周年記念 特別公演 キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)

Omf30th11月25日(金) 開演19:00 キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)

マーラー:交響曲第9番 ニ長調

 指揮:アンドリス・ネルソンス
 管弦楽:サイトウ・キネン・オーケストラ

Sko30thセイジ・オザワ 松本フェスティバル30周年記念特別公演は、小澤征爾さんが音楽監督を務めたボストン交響楽団の現音楽監督アンドリス・ネルソンスさんが、初めてサイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)を指揮して、マーラーの交響曲第9番を演奏しました。
アンドリス・ネルソンスさんは、11月13日にサントリーホールで音楽監督を務めるボストン交響楽団の来日コンサートで、超名演奏でマーラーの交響曲第6番を聴いたばかりでしたが、今回も、SKOの初対面から数日後の演奏とは思えないほど、緊張感の中に究極の繊細感をたたえた、素晴らし演奏を聴くことができました。
今回は、2列目の中央の席が確保でき、演奏を聴くには前過ぎると思っていたのですが、直近で弦楽器奏者の音の動きや表情まで見ることができ、特に第4楽章のコントラバスを除く弦楽器だけで「死に絶えるように」ピアニシシモで終わる最後の数十小節が圧巻で、2階席まで音が届いているのか心配になるほどの最弱奏の持続に圧倒されました。 
カーテンコールでは、8月26日のオーケストラコンサートに続いて、鳴りやまぬ盛大な拍手のなか、小澤征爾さんが2度にわたって登壇しました。
前日の報道で、11月23日に無観客ながら4年ぶりにSKOを指揮して、「エグモント序曲」を演奏した映像があり期待したのですが、観客の前での演奏は実現しませんでした。
今回は、演奏とカーテンコールともに、前列の醍醐味を十分堪能できました。
今回の演奏会にあたって、当初はマーラーの交響曲7番も候補になっていたということで、1年でも早く実現することを期待するばかりです。

| | | コメント (0)

2022年11月19日 (土)

髙橋弘治 富田牧子 バロックチェロ デュオコンサート“イタリア・トリノからフランス・パリへ” あづみ野コンサートホール

Photo_20221119213201Img_6012111月19日(土) 開演14:00 あづみ野コンサートホール

A.M.フィオーレ(ca.1660-1723):シンフォニア 変ロ長調
G.B.ソミス(1686-1763):ソナタ ト短調
J.P.ギニョン(1702-1774):ソナタ第5番 ニ長調 Op.2
J.B.バリエール(1707-1747):ソナタ 第4巻第4番 ト長調
J.B.マス(ca.1700-ca.1757):ソナタ第4番 ホ短調 Op.1
S. ランツェッティ(ca.1710-ca.1780) :ソナタ第7番 ト長調 Op.1
アンコール
J.P.ラモー:「優雅なインドの国々」から「未開人の踊り」(バロックチェロ用編曲版)

 バロックチェロ:髙橋 弘治
          富田 牧子

髙橋弘治さんは、2001年から2007年まで「ラ・プティット・バンド」に在籍していたバロックチェロ奏者で、今回は富田牧子さんとのバロックチェロによる二重奏で、18世紀のイタリアとフランスの、アンコールのラモー以外は初めて聴く曲と作曲家という、日頃あまり聴く機会のないコンサートでしたが、あづみ野コンサートホールの響きの良さとともに、ホールに広がるバロックチェロの心地よい音色が堪能できました。
なお、詳細は不明ですが、2023年7月に、松本のザ・ハーモニーホールでのコンサートが予定されています。

| | | コメント (0)

2022年11月13日 (日)

KDDI スペシャル アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団 サントリーホール

Photo_20221113215701Img_3104111月13日(日) 開演16:00 サントリーホール

マーラー:交響曲第6番 イ短調

 指揮:アンドリス・ネルソンス
 管弦楽:ボストン交響楽団

今回は1階席12列目の中央付近の席が確保でき、今年聴いてきたコンサートの中では圧倒的にベストワンにあげられる素晴らしいコンサートでした。
弦楽器群のしなやかな響きと、トロンボーンを筆頭に金管楽器軍の圧倒的で豪快な響きが混じりあい、マーラーの交響曲第6番の並外れたダイナミックレンジを、節度を保って冷静に誇張のない動きから生まれる音楽は、瞬間的に感じる感動が大きなうねりとなった感動となり、純粋にマーラーの音楽のみがホールを包んでいました。
また、第3楽章のアンダンテ・モデラートも、弦楽器群の豊かな響きが印象的で圧巻でした。
アンドリス・ネルソンスは、
 2017年11月10日 ボストン交響楽団
 2019年5月31日 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 2022年11月13日 ボストン交響楽団
と今回で3回目となりましたが、11月25日には、セイジ・オザワ 松本フェスティバル30周年記念 特別公演として、サイトウ・キネン・オーケストラを指揮してマーラー:交響曲第9番 ニ長調のコンサートが控えていて、サイトウ・キネン・オーケストラの新たな高みを実現してくれそうな期待が膨らみます。

サントリーホールのFacebookに、演奏が終わった後の鳴りやまない拍手の中、アンドリス・ネルソンスメッセージがあり、抜粋和訳が掲載されていたので転載します。

【指揮:アンドリス・ネルソンスメッセージ】
11/13(日)サントリーホールの公演では、演奏後にアンドリス・ネルソンスからお客様にメッセージが贈られました。
マーラーやショスタコーヴィチの作品は、壮大な音楽の旅をするようなものなので、アンコール演奏とは別の形でお客様の拍手に応えたいという、マエストロの思いから自然と言葉が生まれたようです。
「私たちがオーケストラやお客様と感じるこの一体感は素晴らしいもので、それは争いや疫病などの困難な状況を克服し、その終わりを早める可能性を有しています。
また誠実さや善意は世界を良くしていくもので、音楽は大切な一つの手段でもあります。
その音楽をこの美しい国で分かち合う機会をつくってくださったすべての皆様に感謝いたします。」(抜粋和訳)

| | | コメント (0)

2022年11月12日 (土)

宮谷 理香ピアノ・リサイタル ~豊かな彩り、変奏曲の世界に~ あづみ野コンサートホール

Photo_2022111222240111月12日(土) 開演14:00 あづみ野コンサートホール

モーツァルト:デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲 ニ長調 K.573
モーツァルト:ピアノソナタ第11番 イ長調 K331 「トルコ行進曲付き」
シューベルト:4つの即興曲第3曲 変ロ長調 Op.142-3 D935
シューベルト=リスト:ます 
ショパン:ドイツ民謡「シュヴァイツェルブープ(スイス少年)」のテーマによる変奏曲 ホ長調 (遺作)
Img_30161ショパン:モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」の「お手をどうぞ」による変奏曲 変ロ長調 Op.2
ショパン:ワルツ第9番 変イ長調 Op.69-1 「別れのワルツ」
ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
アンコール
ショパン:華麗なる円舞曲第4番 ヘ長調 Op.34-3 「猫のワルツ」
ショパン:前奏曲第24番 ニ短調 Op.28

 ピアノ:宮谷 理香

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧