CD・DVD・Blu-ray

2018年10月26日 (金)

CD

10月26日、8月下旬に注文していたCDがHMVから届きました。
ショスタコーヴィチ:交響曲第15番は、ジョナサン・ノット&ユンゲ・ドイチェ・フィルによる、2017年3月12日のベルリン、フィルハーモニーにおけるライヴ録音ですが、2015年11月22日の東京交響楽団第635回定期演奏会(サントリーホール)で感動的な演奏を聴いています。
テオドール・クルレンツィス指揮のムジカエテルナは、2019年2月10日のオーチャードホールでの演奏会が待たれます。
アンドレア・バッティストーニ指揮・東京フィルハーモニー交響楽団による「悲愴」は、2017年3月12日の第891回オーチャード定期演奏会で聴いています。

1700~18世紀イタリア・バロック作品集1700
マスチッティ:コンチェルト ホ短調 Op.7-2(1727)
カルダーラ:シンフォニア(アーベルの死)(1732)
ヴィヴァルディ:コンチェルト ニ長調 Op.12-3/ RV.124(1729)
ドゥランテ:4声のコンチェルト ト短調
ジェミニアーニ:4声のソナタ(コンチェルト・グロッソ ホ短調 Op.3-3)(1732)
ロカテッリ:葬送シンフォニア「ローマで行われた彼の婦人の葬儀のための」(1725)
ガルッピ:4声のコンチェルト ト短調
プニャーニ:弦楽のためのシンフォニア 変ロ長調
 チェンバロ、指揮:リナルド・アレッサンドリーニPhoto
 管弦楽:コンチェルト・イタリアーノ:
 ヴァイオリン:ボリス・ベゲルマン、アントニオ・デ・セコンディ
 ヴィオラ:エットーレ・ベッリ
 チェロ:マルコ・チェッカート
 コントラバス:ルカ・コーラ
 テオルボ:ウゴ・ディ・ジョヴァンニ

ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲集
協奏曲イ短調 RV4981
協奏曲ハ長調 RV472
協奏曲ト短調 RV495
オペラ「ジュスティーノ」RV717から 序曲の弟1楽章
協奏曲ニ短調 RV481
協奏曲変ロ長調「夜」 RV501
 ファゴット:福井美穂
 アンサンブル:アンサンブルF
  第1ヴァイオリン:川原千真
  第2ヴァイオリン:三輪真樹Photo_2
  ヴィオラ:宮崎桃子
  チェロ:田崎瑞博
  ヴィオローネ:菅間周子
  アーチリュート:金子浩
  チェンバロ:平野智美

J.S.バッハ: ゴルトベルク変奏曲 BWV.988
 ラウテンヴェルク(リュート・チェンバロ):ヴォルフガング・リュプザムPhoto_3

ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ
ショスタコーヴィチ:交響曲第15番イ長調 Op.141
 指揮:ジョナサン・ノット
 管弦楽:ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団

モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調 K.543
         交響曲第40番ト短調 K.5501_2
         交響曲第41番ハ長調 K.551 「ジュピター」
         ファゴット協奏曲変ロ長調 K.191
 ファゴット:ジェーン・ガワー
 指揮:ジョス・ヴァン・インマゼール
 管弦楽:アニマ・エテルナ・ブリュッヘ(古楽器使用)

マーラー:交響曲第6番イ短調「悲劇的」
 指揮:テオドール・クルレンツィス
 管弦楽:ムジカエテルナ1_3

チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調 Op.74 「悲愴」
武満 徹:系図 - 若い人たちのための音楽詩 -
 語り:のん
 指揮:アンドレア・バッティストーニ
 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

CD

10月8日、8月中旬に注文していたCDがHMVから届きました。
鈴木秀美指揮のハイドンの交響曲は、オーケストラ・リベラ・クラシカ(OLC)第37回定期演奏会ライヴ録音で、15年を経て到達した「ロンドン・セット」の交響曲第98番と初期の交響曲29番です。
スティーヴ・ライヒの「ドラミング」は、パーカッション(ボンゴ、マリンバ、グロッケンシュピール)、ヴォイス、ピッコロ、口笛、計12名全てのパートを加藤訓子が一人で演奏した多重録音です。
ドビュッシーは、ハルモニア・ムンディがドビュッシー没後100周年記念シリーズ、「最後のソナタ集」と題し、ファウスト、ケラス、メルニコフ、メストレ、タメスティらが参加している注目盤です。
5_2
ハイドン:交響曲第29番 ホ長調 Hob.I:29
モーツァルト:コンサート・アリア K.528 「私のうるわしい恋人よ、さようなら」 *
モーツァルト:コンサート・アリア K.419 「いいえ、あなたにはできませぬ」 *
ハイドン:交響曲第98番 変ロ長調 Hob.I:98
 ソプラノ: 中江早希 *
 指揮:鈴木秀美
Photo  管弦楽:オーケストラ・リベラ・クラシカ

シューベルト:交響曲第8番 ハ長調 D.944 「グレート」
 指揮:マリス・ヤンソンス
 管弦楽:バイエルン放送交響楽団

スティーヴ・ライヒ:「ドラミング」
 パーカッショy:加藤訓子

2 ヴィヴァルディ:チェロと通奏低音のための6つのソナタ
ソナタ第5番 ホ短調 RV.40
ソナタ第1番 変ロ長調 RV.47
ソナタ第3番 イ短調 RV.43
ソナタ第4番 変ロ長調 RV.45
ソナタ第2番 ヘ長調 RV.41
ソナタ第6番 変ロ長調 RV.46
 チェロ:ジャン=ギアン・ケラス
 チェンバロ、オルガン:ミヒャエル・ベーリンガー
2_2  テオルボ:リー・サンタナ
 チェロ:クリストフ・ダンゲル

ドビュッシー: ヴァイオリン・ソナタ  ト短調 (1917)
 ヴァイオリン:イザベル・ファウスト
 ピアノ:アレクサンドル・メルニコフ
ドビュッシー:英雄の子守歌 - ベルギー国王アルベール1世陛下とその兵士たちをたたえて (1914)
ドビュッシー:アルバムのページ(負傷者の服のための小品) (1915)
 ピアノ:タンギ・ド・ヴィリアンクール3
ドビュッシー:フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ  ヘ長調 (1915)
 フルート:マガリ・モニエ
 ヴィオラ:アントワーヌ・タメスティ
 ハープ:グザヴィエ・ド・メストレ
ドビュッシー:エレジー (1915)
 ピアノ:タンギ・ド・ヴィリアンクール
ドビュッシー:チェロ・ソナタ  ニ短調 (1915)
 チェロ:ジャン=ギアン・ケラス
2_3  ピアノ:ハヴィエル・ペリアネス
ドビュッシー: 燃える炭火に照らされた夕べ (1917)
 ピアノ:タンギ・ド・ヴィリアンクール

マーラー:大地の歌
 メゾ・ソプラノマグダレーナ・コジェナー
 テノール:スチュアート・スケルトン
 指揮:サイモン・ラトル
 管弦楽:バイエルン放送交響楽団

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

CD

9月4日、6月下旬に注文していたCDがHMVから届きました。
「日本デビュー20周年記念リサイタル 2017~2018」は、イリーナ・メジューエワが日本コンサート・デビュー20周年を記念して東京文化会館で行った3回のリサイタル・シリーズのライヴ録音です。
ドビュッシー・イヤーの今年、ハルモニア・ムンディによる第一弾はメルニコフによる「前奏曲集 第2巻」で、メルニコフ所有の1885年頃製のエラール・ピアノで演奏しています。
F.クープランは1991年3月~1994年9月にかけての録音です。

Larmes de Résurrection - 復活と涙Photo
 ソプラノ:クレール・ルフィリアトル
 メゾ・ソプラノ:フィオナ・マクガウン
 テノール:ヴァンサン・リエヴル=ピカール
       セバスティアン・オブレヒト
       リサンドロ・ネシス
 バス・バリトン:ヴィクトル・シカード
 ヴォーカル:ジョルジュ・アブダラ
 指揮:シモン=ピエール・ベスティオン
 アンサンブル:ラ・タンペート

スティーヴ・ライヒ:ドラミングPhoto_2
 コリン・カリー・グループ
 コリン・カリー、ジョージ・バートン
 アントワーヌ・ブデヴィ、リチャード・ベンヤフィールド
 アダム・クリフォード、オーウェン・ガンネル
 キャサリーン・リング、アドリアン・スピレット、サム・ウォルトン
 ピッコロ:ロウランド・サザーランド
 シナジー・ヴォーカルズ(ミカエラ・ハスラム、ヒザー・ケアンクロス:口笛も担当).

「日本デビュー20周年記念リサイタル 2017~2018」(4CD)20
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第27番ホ短調 Op.90
          ピアノ・ソナタ第30番ホ長調 Op.109
          ピアノ・ソナタ第31番変イ長調 Op.110
          ピアノ・ソナタ第32番ハ短調 Op.111
          バガテル ト長調 Op.126-5
リスト:告別(ロシア民謡) S.251
    ピアノ・ソナタ ロ短調
    夢の中で(ノクターン) S.207
    エステ荘の噴水
ショパン:マズルカ集(Op.6-2、Op.17-4、Op.24-4、Op.41-2、Op.41-4)
      ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調 Op.35
      子守歌 変ニ長調 Op.57
ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調 Op.36
        練習曲『音の絵』 ハ長調 Op.33-2
        楽興の時 ホ短調 Op.16-4
メトネル:「忘れられた調べ」より(夕べの歌 Op.38-6、田舎の舞曲 Op.38-5、波の舞曲 Op.40-5、優美な舞曲 Op.38-2、祝祭の舞曲 Op.38-3)
ショパン:ピアノ・ソナタ第3番ロ短調 Op.582
      マズルカ イ短調 Op.67-4
      練習曲 嬰ハ短調 Op.25-7
      マズルカ ハ短調 Op.30-1
メトネル:おとぎ話 変ホ長調 Op.26-1
 ピアノ:イリーナ・メジューエワ

ドビュッシー:前奏曲集第2巻
        「海」作曲者編による4手版
 ピアノ:アレクサンドル・メルニコフPhoto_3
     オリガ・パーシチェ
 使用楽器:1885年頃製のエラール・ピアノ

「BAILAR CANTANDO(歌いながら踊る)~1788年トルヒーヨの写本」
 指揮 :ジョルディ・サヴァール
 ラ・カペラ・レイアル・デ・カタルーニャ
 テンベンベ・アンサンブル・コンティヌオ
 エスペリオンXXIPhoto_4

F.クープラン:クラヴサン作品全集(10CD)
 クラヴサン:オリヴィエ・ボーモン
         デイヴィット・モロニー
 バス・ヴィオール:クリスティーヌ・プリュボー

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

CD

6月23日、発売延期で到着が遅れていたCDがHMVから届きました。 2枚ともAccentレーベルで、「ヴェネツィア」が共通点でした。

ヴェネツィアのフルート協奏曲集Photo
ヴィヴァルディ:フルート協奏曲ト短調 Op.10-2, RV.439「夜」
ガルッピ:フルート協奏曲イ短調
ヴィヴァルディ:フルート協奏曲イ短調 RV.440
アルビノーニ:フルート協奏曲ニ短調 Op.9-2
ヴィヴァルディ:フルート協奏曲ハ短調 RV.441

 フラウト・トラヴェルソ、ピッコロ、指揮:フランク・トインス
 管弦楽:レ・ビュッファルダン

ヴェネツィア黄金時代 サン・マルコ大聖堂の音楽Photo_3
ジョヴァンニ・ガブリエリ:われ主に感謝せん Confitebor tibi, Domine
ジョヴァンニ・バッサーノ:教会コンチェルト集 - Viri sancti
クラウディオ・メールロ:オルガンのためのカンツォーナ集 第1集 - ラ・ベンヴェヌータ Canzon alla francese, dita la Benvenuta
ジョヴァンニ・ガブリエリ:神よ、われを憐れみたまえ(ミゼレーレ)(6声)Miserere mei
                5声のカンツォン第1番 Canzon prima
                Vox Domini
アンドレア・ガブリエリ:第9旋法のトッカータ(第1集 1593)Toccata del nono tono
ジョヴァンニ・バッサーノ:アヴェ・マリア(G.P. ダ・パレストリーナによる) Ave Maria
アンドレア・ガブリエリ:わが心より Eructavit cor meum
ジョヴァンニ・バッサーノ:羊飼いたちよ、汝らが見たものを語れ Quem vidistis pastores
                おいで、おいで恋人よ Veni dilecte mi
                汝、神の子ぞ生まれる Nativitas tua
ジョヴァンニ・ガブリエリ:カンツォーナ第3番 Canzona terza
                おお、我が甘美なキリスト(8声) O Jesu mi dulcissime
クラウディオ・メールロ:オルガンのためのカンツォーナ集 第1集 - ラ・ボヴィア
Canzoni a la francese, dita la Bovia
ジョヴァンニ・ガブリエリ:神よ、わが祈りを聞きたまえ(7声)Exaudi Deus
ジョヴァンニ・バッサーノ:Deus qui beatum Marcum
                教会コンチェルト集 - 今日キリストが生まれた Hodie Christus
                アヴェ・レジーナ(12声) Ave Regina

 指揮:エティエンヌ・メイヤー
 管弦楽:レ・トラヴェルセ・バロック

| | コメント (0)

2018年6月20日 (水)

CD

6月19日、4月と5月に注文していたCDが、一部を除いてHMVから届きました。
ブルーノ・ワルター指揮ウィーン・フィルの「大地の歌」は、デッカ盤(52年5月15~16日録音)の翌日、5月17日のウィーン音楽祭でのライヴ録音です。
「ジプシー・バロック」は、「α」レーベル創設以来、バロック以前の音楽の可能性を追求してきたALPHAレーベルらしい魅力的な1枚です。
ジョルディ・サヴァールの最新盤は、16~17世紀末のヴィオール・コンソート傑作選で、エスペリオンXXIの来日公演が、11月22日に浜離宮朝日ホール (東京都)でありますか、ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団の演奏日と重なりました。
Photo
ブラームス:交響曲全集
交響曲第1番ハ短調 Op.68
交響曲第2番ニ長調 Op.73
交響曲第3番ヘ長調 Op.90
交響曲第4番ホ短調 Op.98

 指揮:ロビン・ティチアーティ
 管弦楽:スコットランド室内管弦楽団
2
マーラー:大地の歌
モーツァルト:交響曲第40番ト短調 K.550

 アルト:キャスリーン・フェリアー
 テノール:ユリウス・パツァーク
 指揮:ブルーノ・ワルター
 管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1952年5月17日
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール(ライブ)
3
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77
交響曲第2番ニ長調 Op.73

 ヴァイオリン:エリカ・モリーニ
 指揮:ブルーノ・ワルター
 管弦楽:ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
 録音時期:1953年12月20日、1951年2月4日
 録音場所:ニューヨーク、カーネギー・ホール(ライブ)

Photo_2 クロスドレッシング・バッハ~異稿&希少作品集
J.S.バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ ニ長調 BWV.1028(原曲:ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのための)
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ ト短調 BWV.1013(原曲:無伴奏フルートのための)
ソナタ ニ短調 BWV.964(BWV.1003からの編曲)
ヴァイオリンとチェンバロのためのトリオ ニ短調 BWV.583
ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第3番ト短調 BWV.1029(原曲:ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのための)
ヴァイオリンとチェンバロのためのフーガ ト短調 BWV.1026

 バロック・ヴァイオリンエンリコ・ガッティ
 チェンバロ/ロベルト:リナルド・アレッサンドリーニ

エリオット・カーター: 後期作品集Photo_3
カーター: ピアノとオーケストラのための「Interventions」 (2007)
ピアノと室内オーケストラのための「Dialogues(対話)」 (2003)
ピアノと室内オーケストラのための「Dialogues II(対話2)」 (2010)
管弦楽のための「Soundings」 (2005)
ピアノ、パーカッションと室内オーケストラのための「Two Controversies and a Conversation(2つの相違と1つの対話)」 (2011)
室内オーケストラのための「Instances(実証)」 (2012)
ピアノ三重奏のための「Epigrams(エピグラム)」 (2012)

 ピアノ:ピエール=ロラン・エマール
 パーカッション:コリン・クーリエ
 ヴァイオリン:イザベル・ファウスト
 チェロ:ジャン=ギアン・ケラス
 指揮:オリヴァー・ナッセン
 管弦楽:バーミンガム・コンテンポラリー・ミュージック・グループ
      BBC交響楽団

C.P.E.バッハ:自由な幻想曲 嬰へ短調Cpe1
         ソナタ ニ短調
         ロンド ハ短調
         幻想曲 ニ短調
         幻想曲 ト長調
         幻想曲 ニ長調
         幻想曲 ロ長調
         クラヴィーア小品 イ長調
         ソルフェッジョ ハ長調
         ソルフェッジョ イ長調
         ソルフェッジョ 変ロ長調
         ソルフェッジョ ハ短調
         ロンド ニ短調
         ソナタ ト長調
         幻想曲 ハ長調

 タンジェント・ピアノ:アレクセイ・リュビモフ

魂の苦悩~アントワーヌ&ジャン=バティスト・フォルクレ作品集(4CD)Photo_4
フォルクレ:第3組曲ニ長調
       第2組曲ト長調
       第1組曲ニ短調
       第4組曲ト短調
       第5組曲ハ短調
       稿譜 ト長調
最上の作曲家のバス・ラインをともなうヴィオールのための作品コレクション
フォルクレ父子に捧げられた作品
ジャン=フィリップ・ラモー:ラ・フォルクレ~フーガ
アナ・ギュルギュ=ボンドゥ:フォルクレの鐘
シャルル=フランソワ・クレマン:アレグロ・マ・ノン・トロッポ
                    ヴァイオリンとチェンバロのための第6ソナタ
                    ヴァイオリンとチェンバロのための第4ソナタ
F.クープラン:La Forqueray - Fierement sans lenteu
ジョス・ブートミー:ラ・フォルクロ―ラルゴ
ルイ=アントワーヌ・ドルネル:La Forcroy
ピエール=アラン・ブレイ=ウェッペ:フォルクレの墓
ジャック・デュフリ:ラ・フォルクレ ヘ短調
クロード=フランソワ・ラモー:La Forcray ニ長調

 チェンバロ:ミシェル・ドゥヴェリテ、ロベール・コーネン
 ヴィオラ・ダ・ガンバ:上村かおり、リカルド・ロドリゲス
 ヴァイオリン:寺神戸 亮

「ジプシー・バロック」Photo_5
テレマン:組曲「ブルレスケ」変ロ長調 TWV 55:B8~第2曲 スカラムーシュ
作者不詳:ハンガリー舞曲(18世紀)
作者不詳:シカンジ舞曲(18世紀)
作者不詳:ハナック
作者不詳:ポロネーズ
伝承曲:Sol Paji Pe Luludjori(1940年 Puspokladanyコレクション)
テレマン:序曲 変ホ長調「リラ」TWV55:Es3-第3曲「ラ・ヴィエイユ」
ゲオルク・ベンダ:チェンバロ協奏曲 ト長調-第3楽章 Allegro scherzando
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調「グロッソ・モグール」RV208~第2楽章 Grave recitativo
キルンベルガー:マスラ
伝承曲:Iai Devlale Ss Te Kerav(1953年 Tutzerコレクション)
パルーフ:トラーナ・ナンナ
      ハイデュク舞曲
伝承曲:Cantec De Leagan(1920年 Suceavaコレクション)
ラヴォッタ:Adagio Lamentoso
伝承曲:Saltus Pollonicus and Hungaricus(1742 Slovakiaコレクション)
タルティーニ:ヴァイオリン協奏曲 ホ長調 D50-第2楽章 Grave
ビハーリ:Lassu Magyar
ギエルミ/パルーフ:モーツァルト・ザ・ジプシー~モーツァルト・シルバ

 ヴァイオリン:スタニスラフ・パルーフ
 ツィンバロン:マルセル・コメンダント
 パルドゥシュ・ドゥ・ヴィオール&ヴィオラ・ダ・ガンバ:ヴィットリオ・ギエルミ
 リコーダー:ドロテー・オベルリンガー
 歌:グラシエラ・ギベッリ
 ヴァイオリン:アレッサンドロ・タンピエーリ
 チェンバロ:シャレフ・アド=エル
 コントラバス:リッカルド・コエラーティ・ラーマ
 管弦楽:イル・スオナール・パルランテ
Photo_6
新しい音楽~国々のハーモニー 1500-1700~ヴィオール・コンソート傑作選
[1500年 ヴェネツィアの舞曲]
作曲者不詳:ニ調のパヴァーヌ - 伝統的なガイヤルド、トデスコ、サルタレッロ
[1540年 ムジカ・ノヴァ]
ヒエロニムス・パラボスコ:リチェルカーレ第14番「ダ・パーチェム」
[1589年 リチェルカーレ&カプリッチョ]
ジョヴァンニ・バッティスタ・グリッロ:カプリッチョ第5番
アンドレア・ガブリエーリ:リチェルカーレ第7番
[1612年 エリザベス朝&ジャコバンのコンソート・ミュージック]
ジョン・ダウランド:涙のパヴァーヌ、デンマーク王のガイヤルド
オルランド・ギボンズ:イン・ノミネ(4声)
ウィリアム・ブレード:スコットランドの舞曲
[1621年 Ludi Musici(音楽の道)]
サミュエル・シャイト:パドヴァ第5番、悲しみのクーラント、アルマンド第16番、戦いのガイヤルド第21番
[1644年 CORONA MELODICA]
ビアジョ・マリーニ:パッサカリア(4声)
[1673年 LA CETRA]
ジョヴァンニ・レグレンツィ:4つのヴィオラ・ダ・ガンバによるソナタ第7番
[1680年 ルイ14世の宮廷のヴィオール・コンセール]
シャルパンティエ:4つのヴィオールのためのコンセール(H.545)
[1680-1700年 イベリアのフォリア&舞曲]
ペドロ・デ・アラウホ:第1 旋法によるコンソナンシアス
ペドロ・デ・サン・ロレンツォ:フォリア
ホアン・カバニリェス:イタリア風コレンテ

 ヴィオラ・ダ・ガンバジョルディ・サヴァール
 管弦楽:エスペリオンXXI
 ヴィオラ・ダ・ガンバ:フィリップ・ピエルロ、セルジ・カサデムント、ロレンツ・ドゥフトシュミット
 ヴァイオリン:グザヴィエ・プエルタス
 テオルボ、ギター:グザビエ・ディアス=ラトーレ、エンリケ・ソリニス

ミスリヴェチェク:ヴァイオリン協奏曲ニ長調Photo
           シンフォニア 変ホ長調
           ヴァイオリン協奏曲ホ長調
           序曲 第2番イ長調
           ヴァイオリン協奏曲イ長調

 ヴァイオリン:レイラ・シャイエ
 指揮:ヴァーツラフ・ルクス
 管弦楽:コレギウム1704

| | コメント (0)

2018年6月19日 (火)

CD

6月17日、4月中旬に注文していたCDがHMVから届きました。
荒 絵理子オーボエ・ソロ!~月の光/こうもり変装曲は、CD発売記念コンサートを、サントリーホール小ホールで聴きましたが、12月9日(日)にあづみ野コンサートホールで「ソロCDリリース記念」としてリサイタルがあります。
ブルーノ・ワルターの遺産~ターラ編~は、2012年にキングレコードから発売された、宇野功芳が仏ターラ盤の中から選んだブルーノ・ワルターの“傑作”CD全10枚の中から6タイトルを、キング関口台スタジオで最新リマスタリングされたものです。
イザベル・ファウストは、12月にサントリーホールで、ダニエル・ハーディング指揮パリ管弦楽団で、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏します。

ジョン・アダムズ:ヴァイオリン協奏曲3

 ヴァイオリン:リーラ・ジョセフォウィッツ
 指揮:デイヴィッド・ロバートソン
 管弦楽:セントルイス交響楽団

オーボエ・ソロ!~月の光/こうもり変装曲
ドビュッシー/arr. Satoshi Sando:月の光
カリヴォダ:サロンのための小品 Op.228
シューマン:3つのロマンス Op.941
ドニゼッティ:オーボエ・ソナタ ヘ長調
ドヴォルザーク/arr. Satoshi Sando:月に寄せる歌(歌劇「ルサルカ」より)
J.シュトラウス2世/山洞 智編:こうもり変装曲~オーボエとピアノのための
久石 譲/arr. Ippei Inoue:アシタカせっ記(映画「もののけ姫」より)

 オーボエ:荒 絵理子
 ピアノ:山洞 智4

ジョン・アダムズ:アブソルート・ジェスト *
           ナイーヴ・アンド・センティメンタル・ミュージック **

 ドーリック弦楽四重奏団 *
 ギター:ショーン・シベ **
 指揮:ピーター・ウンジャン
 管弦楽:ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

Photo F.クープラン:通奏低音をともなうヴィオール曲集 (1728)より「組曲第1番ホ短調」
(プレリュード - アルマンド - クーラント - サラバンド - ガヴォット - ジーグ - シャコンヌまたはパッサカイユ)
F.クープラン:ヴィオールのための聖歌(趣味の和、または新コンセール、1724年より)フォルクレ:3つのヴィオールのための作品 (MS135)(アルマンド - クーラント - サラバンド)
フォルクレ:ラ・ジルエット (Vm7 6296)
F.クープラン:通奏低音をともなうヴィオール曲集 (1728)より「組曲第2番イ長調」
(プレリュード - フゲット - 葬儀 Pompe funeble - 白いシャツ La Chemise blanche)

 ヴィオラ・ダ・ガンバ:酒井 淳
 チェンバロクリストフ・ルセ
 ヴィオラ・ダ・ガンバ:マリオン・マルティノー
 ヴィオラ・ダ・ガンバ:イザベル・サン=イヴ

バード:鍵盤作品集Photo_2
 前奏曲 MB12
 ファンタジア MB13
 前奏曲 MB1
 グラウンド MB9
 グラウンド MB43
 パヴァンとガリアード MB16
 ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ MB64
 ド・ミ・レ MB65
 ファンタジア MB62
 涙のパヴァン MB54
 前奏曲 MB24
 ファンタジア MB25
 鐘 MB38

 チェンバロ:リチャード・エガー

Photo_3 シューベルト:八重奏曲 ヘ長調 Op.166, D.803
         5つのメヌエットと5つのドイツ舞曲 D.89より(原曲:弦楽四重奏曲/ストランスノイによる八重奏版)第3番 メヌエット、第5番 メヌエット

 イザベル・ファウスト(ヴァイオリン/ストラディヴァリウス‘スリーピング・ビューティ’ 1704)
 アンネ・カタリーナ・シュライバー(ヴァイオリン/製作者不明、オランダ、1700年頃)
 ダヌシャ・ヴァスキエヴィチ(ヴィオラ/製作者不明、ボヘミア、1860年頃)
 クリスティン・フォン・デア・ゴルツ(チェロ/製作者不明、ウィーン、1800年頃)
 ジェイムス・マンロ(コントラバス/ G.パノルモ、ロンドン、1827)
 ロレンツォ・コッポラ(クラリネット/ 11キー、B管、ウィーン、1820年頃モデル/6キー、C管、J.B.メルクライン・モデル 1810年頃 ともにアニエス・グエルーによるコピー 2010)
 トゥーニス・ファン・デア・ズヴァールト(ホルン/ Courtois neveu aine, Paris, 1802)
 ハヴィエル・ザフラ(バスーン/ W.Triebert, Paris, 1805)

Photo_4 ブルーノ・ワルターの遺産~ターラ編~ (6CD)
原盤:仏ターラ(TAH452)(P)2002
モーツァルト:交響曲第40番ト短調 K.550
ブラームス:交響曲第2番ニ長調 Op.73

 指揮:ブルーノ・ワルター
 管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1950年9月25日 ティタニア・パラスト、ベルリン(ライヴ)

原盤:仏ターラ(TAH504)(P)2003
「アムステルダムのブルーノ・ワルター」
ブラームス:運命の歌 Op.54
マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」

 指揮:ブルーノ・ワルター
 合唱:アムステルダム・トーンクンスト合唱団
 管弦楽:アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
 録音:1947年10月22日(1)、1947年10月16日(2) コンセルトヘボウ、アムステルダム(ライヴ)

原盤:仏ターラ(TAH524)(P)2004
モーツァルト:交響曲第35番ニ長調 K.385「ハフナー」
マーラー:交響曲第4番ト長調

 ソプラノ:イルムガルト・ゼーフリート
 指揮:ブルーノ・ワルター
 管弦楽:ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
 録音:1953年1月4日 カーネギー・ホール、ニューヨーク(ライヴ)

原盤:仏ターラ(TAH571)(P)2005
ブルックナー:交響曲第9番ニ短調(原典版)

 指揮*ブルーノ・ワルター
 管弦楽:ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
 録音:1953年12月27日 カーネギー・ホール、ニューヨーク(ライヴ)

原盤:仏ターラ(TAH572)(P)2005
マーラー:交響曲第4番ト長調

 ソプラノ:イルムガルト・ゼーフリート
 指揮:ブルーノ・ワルター
 管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1950年8月24日 旧祝祭劇場、ザルツブルク(ライヴ)

原盤:仏ターラ(TAH620)(P)2007
「ローマのブルーノ・ワルター」
モーツァルト:交響曲第40番ト短調 K.550
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 Op.92

 指揮:ブルーノ・ワルター
 管弦楽:ローマ・イタリア放送交響楽団(ローマRAI管弦楽団)
 録音:1952年4月19日、1954年5月18日 ローマ(ライヴ)

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

CD

3月下旬に注文したCDが一部を除いてHMVから届きました。Quattrocento
バイエルン放送交響楽団のマーラーは、ヤンソンス指揮の交響曲第2番「復活」がCD初出音源、ハイティンク指揮の交響曲第4番が初出音源です。

Quattrocento

 指揮:カルレス・マグラネル
 演奏:カペリャ・デ・ミニストレルス
Photo
ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 Op.95「新世界より」
伊福部 昭:シンフォニア・タプカーラ
        ゴジラ(交響ファンタジー「ゴジラVSキングギドラ」より)

 指揮:アンドレア・バッティストーニ
 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

C.P.E.バッハ:チェロ協奏曲イ短調 H.432 (Wq 170)
Photo_2          交響曲ト長調 H.648 (Wq 173)
         チェロ協奏曲イ長調 H.439 (Wq 172)

 チェロ:ジャン=ギアン・ケラス
 指揮:リッカルド・ミナージ
 管弦楽:アンサンブル・レゾナンツ

バイエルン放送交響楽団/マーラー:交響曲第1番~第9番
マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」
Photo_3
 指揮:ヤニク・ネゼ=セガン
 録音:2014年6月23-27日

マーラー:交響曲第2番ハ短調「復活」…CD初出音源

 ソプラノ:アニヤ・ハルテロス
 アルト:ベルナルダ・フィンク
 合唱:バイエルン放送合唱団
 指揮:マリス・ヤンソンス
 録音:2011年5月13-15日

マーラー:交響曲第3番ニ短調

 メゾ・ソプラノ:ゲルヒルト・ロンベルガー
 合唱:アウグスブルク大聖堂聖歌隊
     バイエルン放送女声合唱団
 指揮:ベルナルド・ハイティンク
 録音:2016年6月16,17日

マーラー:交響曲第4番ト長調…初出音源

 ソプラノ:ユリアーネ・バンゼ)
 指揮:ベルナルド・ハイティンク
 録音:2005年11月3,4日

マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調

 指揮:マリス・ヤンソンス
 録音:2016年3月8-11日

マーラー:交響曲第6番イ短調「悲劇的」

 指揮:ダニエル・ハーティング
 録音:2014年3月20-22日

マーラー:交響曲第7番ホ短調「夜の歌」

 指揮:マリス・ヤンソンス
 録音:2007年3月5-9日

マーラー:交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」(RCA原盤)

 ソプラノ:アレッサンドラ・マーク(罪深き女)
       シャロン・スウィート(懺悔する女)
       エリザベス・ノルベルイ=シュルツ(栄光の聖母)
 アルト:ヴェッセリーナ・カサロヴァ(サマリアの女)
      リャン・ニン(エジプトのマリア)
 テノール:ベン・ヘップナー(マリア崇敬の博士)
 バリトン:セルゲイ・レイフェルクス(法悦の教父)
 バス:ルネ・パーペ(瞑想する教父)
 合唱:ベルリン放送合唱団
     シュトゥットガルト南ドイツ放送合唱団
     テルツ少年合唱団
     バイエルン放送合唱団
 指揮:サー・コリン・デイヴィス
 録音:1995年7月7,8日

マーラー:交響曲第9番ニ長調

 指揮:マリス・ヤンソンス
 録音:2016年10月17-21日

| | コメント (0)

2018年4月 2日 (月)

CD

4月2日、3月初めに注文していたCDがHMNから届きました。
ジョナサン・ノット指揮東京交響楽団の「春の祭典」他は、昨年の「フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2017」の東京交響楽団オープニングコンサートで実演を聴いていますが、DSD5.6MHzによるピュア・ワンポイント・レコーディングのによるCDが発売されました。
フライブルク・バロック・オーケストラは、10月に松本で、フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮のレ・シエクルは、6月に東京オペラシティでのコンサートを聴きに行きます。
Photo
ヘンリー・パーセル:歌劇「妖精の女王」全曲

 ソプラノ:カロリーヌ・ミュテル
       ヴィルジニー・ポション、他
 指揮:セバスティアン・デラン
 管弦楽:レ・ヌーヴォー・キャラクテール

Photo_3 ヘンデル:ニ重協奏曲集
二重協奏曲ヘ長調 HWV.334
二重協奏曲変ロ長調 HWV.332
二重協奏曲ヘ長調 HWV.333

 指揮:ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツ
     ペトラ・ミュレヤンス
 管弦楽:フライブルク・バロック・オーケストラ
Photo_8
リスト:巡礼の年 第1年「スイス」S.160

 ピアノ:イリーナ・メジューエワ

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」
シェーンベルク:浄められた夜(浄夜) Op.4(弦楽オーケストラ版)

 指揮:ジョナサン・ノット
 管弦楽:東京交響楽団Photo_5

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」
          ヴァイオリン協奏曲ニ長調 RV.208「ムガール大帝」
          ヴァイオリン協奏曲ホ長調 RV.270「安らぎ」
          ヴァイオリン協奏曲ホ長調 RV.271「恋人」

 ヴァイオリン:レイチェル・ポッジャー
 ブレコン・バロック
  ヨハネス・プラムゾーラー(ヴァイオリン)Photo_6
  ザビーネ・ストッファー(ヴァイオリン)
  ジェーン・ロジャーズ(ヴィオラ)
  アリソン・マギリヴリー(チェロ)
  ヤン・スペンサー(ヴィオローネ)
  ダニエレ・カミニティ(テオルボ)
  マルツィン・シヴィオントキエヴィチ(チェンバロ、チェンバー・オルガン)

ラヴェル: バレエ音楽「マ・メール・ロワ」(全12曲) Photo_7
       「シェエラザード」序曲
      組曲「クープランの墓」(4曲)

 指揮:フランソワ=グザヴィエ・ロト
 管弦楽:レ・シエクル

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

CD

1月下旬に注文したCDがHMVから届きました。
フランス・ブリュッヘンの18世紀オーケストラで活躍され、現在はバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)及び、オーケストラ・リベラ・クラシカ(OLC)のコンサート・マスターをつとめ、日本の古楽界を牽引してきた若松夏美さんが、ついにバッハの無伴奏全曲を録音しました。
スティーヴ・ライヒは、2013年と2015年に書かれた2つの作品の世界初録音盤です。
管楽器、弦楽器、ピアノ、エレキ・ベースのために書かれた「パルス」は2015年の作品。
2013年の「カルテット」は、「2台のピアノと2つのパーカッション」の4人で演奏されます。
「ハープ・リサイタルⅲ」は、吉野直子さんの自主レーベル“grazioso”からのソロ録音シリーズ第3弾です。
モーツァルトは「レクイエム」を完成することなく世を去ったため、弟子のジュスマイヤーをはじめ様々な人がこの大作の再構築を試みていますが、スホーンデルヴィルトは、モーツァルトが作曲していない典礼文はグレゴリオ聖歌、さらにスホーンデルヴィルト自身が作曲した「アーメン」、そしてリッター・イグナーツ・フォン・ザイフリート作曲の「リベラ・メ」の2曲の世界初録音を含んだ形で「レクィエム・ミサ」として完成させました。

Photo J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲 BWV.1001-1006(2CD)
無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調 BWV.1001
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番ロ短調 BWV.1002
無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番イ短調 BWV.1003
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調 BWV.1004
無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番ハ長調 BWV.1005
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番ホ長調 BWV.1006

 ヴァイオリン:若松夏美
  (ヴァイオリン/Carlo Tononi, Bologna 1700)
Photo_2
様々な楽器のためのナポリの協奏曲集
ポルポラ:チェロ、ヴァイオリンと通奏低音のためのシンフォニア ハ長調
マニチーニ:リコーダー、2本のヴァイオリン、チェロと通奏低音のための協奏曲ト短調
ペルゴレージ:2台のチェンバロと弦楽のための協奏曲
フィオレンツァ:チェロ、2本のヴァイオリンと通奏低音のための協奏曲ニ長調
A.スカルラッティ:リコーダー、2本のヴァイオリン、チェロと通奏低音のための協奏曲ハ長調
フィオレンツァ:ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲ニ長調

 ラ・リティラータ
  タマル・ラロ(リコーダー)、ヒロ・クロサキ(ヴァイオリン)
  パブロ・プリエト(ヴァイオリン)、ダニエル・ピンテーニョ(ヴァイオリン)
  ダニエル・ロレンソ(ヴィオラ)、ホセチュ・オブレゴン(チェロ)
  パス・アロンソ(チェロ)、イスマエル・カンパネロ(ヴィオローネ)4
  ダニエル・オヤルサバル(チェンバロ)、イグナシオ・プレーゴ(チェンバロ)
  ダニエル・サピコ(テオルボ)
  ホセチュ・オブレゴン(チェロ&ディレクター)

スティーヴ・ライヒ:パルス (2015) *
            カルテット (2013) **

 インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブル(*)
1  コリン・カリー・グループ(**)

シューベルト:さすらい人幻想曲(グラーフ・フォルテピアノ使用)
ショパン:12の練習曲 Op.10(エラール使用)
リスト:ドン・ジョヴァンニの回想(ベーゼンドルファー使用)
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカからの3楽章(スタインウェイ使用)

 ピアノ:アレクサンドル・メルニコフ

3 ハープ・リサイタルⅢ
シューマン:夕べに~幻想小曲集 Op.12より
シューマン:アラベスク Op.18
シューベルト:即興曲 変ト長調 op.90-3~4つの即興曲 Op.90, D.899より
モーツァルト:ピアノ・ソナタ ハ長調 K.545
メンデルスゾーン:甘い思い出 Op.19b-1~無言歌集より
            ヴェニスの舟歌 II OOp.30-6~無言歌集より
            紡ぎ歌 Op.67-4~無言歌集より
ブラームス:間奏曲 変ホ長調 Op.117-1~3つの間奏曲 Op.117より
       ラプソディ 変ホ長調 Op.119-4~4つの小品 Op.119より
J.S.バッハ:シャコンヌ~無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 BWV.1004より

 ハープ:吉野直子

Photo_4 モーツァルト:レクィエム ニ短調 K.626(レクイエム・ミサ)
入祭唱
 永遠の安息を
 憐れみの賛歌
 朗読(グレゴリオ聖歌)
続唱
 怒りの日
 不思議なラッパの音
 恐るべき御稜威の王
 思い出したまえ
 呪われ退けられし者達が
 涙の日
 アーメン(スホーンデルヴィルト作)
 福音書朗読(グレゴリオ聖歌)
奉献文
 主イエス
 賛美の生け贄
 序唱(グレゴリオ聖歌)
聖なるかな
 聖なるかな
 祝福された者
 神の小羊
聖体拝領唱
 永遠の光
赦免
 祈祷文(グレゴリオ聖歌)
 我を救いたまえ(リベラ・メ)(ザイフリート作)
 安らかに眠れ(グレゴリオ聖歌)

 ジェズアルド・コンソート・アムステルダム
 クリストフォリ
 アルテュール・スホーンデルヴィルト(指揮)

| | コメント (0)

2018年2月 2日 (金)

CD

2月1日、発売が遅れていたCDがHMVから届きました。
ヤンソンスのマーラー:交響曲第7番は、2016年9月にアムステルダム、コンセルトヘボウで行われた演奏会のライヴ録音で、今年11月にバイエルン放送交響楽団とともに来日する公演演目にもなっています。
「ヴェネツィア千年記」は、2016年7月と10月に録音されたジョルディ・サヴァール最新盤で、音楽史上重要な都市ヴェネツィアの1000年の歴史音楽で語るプロジェクトで分厚いBOOK形式です。
Photo
マーラー:交響曲第7番ホ短調「夜の歌」(2SACD)
 指揮:マリス・ヤンソンス
 管弦楽:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

ヴェネツィア千年記(Venezia Millenaria)700-1797(2SACD)
【第1部:770-1571】
I 8~10世紀
II 12世紀、13世紀
III 14世紀、15世紀 Photo_2
IV 16世紀
【第2部:1573-1797】
V 16世紀
VI 17世紀
VII 18世紀
 指揮:ジョルディ・サヴァール
 管弦楽:ル・コンセール・デ・ナシオン
      エスペリオンXXI
 合唱:ラ・カペラ・レイアル・デ・カタルーニャ
     パナジオティス・ネオコリティス

| | コメント (0)

より以前の記事一覧