BCL-DRM

2024年7月18日 (木)

17670kHz M4J Filetransfer ID:1004 M4J ID:FC2010 xHE_AAC DRM 東アジア向け

7月18日 ~13:40(UTC)~14:00(UTC)s/off 17670kHz M4J Filetransfer ID:1004 M4J ID:FC2010 xHE_AAC DRM 東アジア向け

ID:1004の表示が、M4J SideshowからM4J Filetransferに変更されていました。
最近のM4Jの東アジア向けは、コンディションがあまり良くありませんでしたが、今日は断続的に音声復調できています。

17670khzmj407181 17670khzmj40718

| | | コメント (0)

2024年7月13日 (土)

12120kHz KTWR DRM、中國向け中国語 DRM

7月13日 1100(UTC)~11:28(UTC)s/off 12120kHz KTWR DRM 中国向け中国語 DRM

土曜日に送信されているKTWRのDRM波は、信号が強いもののSNR値が低くなかなか音声復調できませんが、今日の中国向けの12120kHzは途切れ途切れながら音声復調でき、MOT画像も1ファイルだけ受像できました。
なお、午後8時30分からの9320kHzの日本向けは、信号は強いもののSNR値がピークでも8~9dB台でほとんど音声復調できていません。

12120khzktwr0713 48

| | | コメント (0)

2024年7月12日 (金)

21755kHz、21830kHz Ampegon Test ID:4D2 aac 無変調 DRM

21755khzampegon07121 7月12日 00:02(UTC)~00:10(UTC)s/off 21755kHz Ampegon Test ID:4D2 aac DRM
       00:12(UTC)~00:31(UTC)s/off 21830kHz Ampegon Test ID:4D2 aac DRM

午前9時過ぎから21755kHz、午前9時10分過ぎから21830kHzで、Ampegon Test表示のDRM波が無変調で受信できました。
受信状態は良好で、21755kHzのSNRはピークで26dB台になっていました。
Ampegon Test ID:4D2のDRM波は、昨年からなんどか受信していて、その時はxHE AACでCNR-1の中国語の聴こえていました。

21755khzampegon0712 21830khzampegon0712

| | | コメント (0)

2024年7月 6日 (土)

15265kHz C.M.Obrecht shortwave radio、Tashkent DRM

15265khzclaudius-obrecht07067月6日 11.53(UTC)s/on~12:59(UTC) s/off  15265kHz  C.M.Obrecht shortwave radio、Tashkent DRM

スイスの音楽アーティストClaudius Obrecht氏による、Tashkent送信所からの極東向け(日本、中国、韓国)DRM放送で、SNRはピークで15dB台でしたが、ビットレートが8.08kbpsと低く設定されていることもあって、受信状態は比較的良好でほぼ100%音声復調できました。

epeated broadcast from Tashkent to Eastern Asia in DRM: Saturday, 06.07., 12:00 - 13:00 UTC - 15265 kHz
15265khzclaudius-obrecht07062 15265khzclaudius-obrecht07061

https://youtu.be/A25QvOpUMVo 著作権の関係でYouTubeの表示ができないので、動画のURLを貼っておきます

| | | コメント (0)

2024年6月25日 (火)

21540kHz BBC WS ID:E1C238 xHE_AAC Woofferton, United Kingdom インド向け DRM

6月24日 ~15:20(UTC)~15:59(UTC)s/off 21540kHz BBC WS ID:E1C238 xHE_AAC  Woofferton インド向け DRM

今日はコンディションが良好で、ようやく深夜の BBC WS 21540kHzのインド向けDRM波が受信できました。

21540khzbbcws06251 21540khzbbcws0625

| | | コメント (0)

2024年6月22日 (土)

9320kHz KTWR DRM 特別放送

6月22日 12:00(UTC)~12:29(UTC)s/off 9320kHz KTWR English ID:1031、KTWR Japanese ID:1032

英語と日本語の2つのオーディオチャネルとデータ(MOT)送信でしたが、信号は強いもののSNR値の変動があって、当地では音声復調が良好とはいえまず、音声の途切れることが多くMOTも表示できませんでした。
なお、送信アンテナは、昨年夏の台風で破壊されたアンテナ1で、ビットレートは英語が10.06kbps、日本語が9.98kbpsでした。

9320khzktwr06221 9320khzktwr06222
注 MOTは、11:30(UTC)からの日本語で表示でき、特別放送では表示できなかったので非表示にしてあります

| | | コメント (0)

中国之声 ID:3F9 周波数変更 15670kHz→15590kHz→15640kHz→15720kHz→15670kHz→15720kHz→15670kHz→15720kHz→15455kHz xHE_AAC CRI DRM

15720khz3f90622 中国之声 ID:3F9 xHE_AAC CRI DRM
6月22日 00:57(UTC)~03:27(UTC) 15670kHz 
       03:27(UTC)~03:57(UTC) 15590kHz
       03:57(UTC)~04:57(UTC) 15640kHz
       04:57(UTC)~05:57(UTC) 15720kHz
       05:57(UTC)~06:27(UTC) 15670kHz
       06:27(UTC)~06:57(UTC) 15720kHz
       06:57(UTC)~07:27(UTC) 15670kHz
       07:27(UTC)~07:57(UTC) 15720kHz
       07:57(UTC)~08:57(UTC) 15445kHz

ID:3F9の中国之声のDRM波の周波数が変更され、17605kHz、17490kHz、17760kHzの17MHz帯と13760kHz、13730kHzの13MHz帯が停波して15MHz帯のみのスケジュールへ移行したようです。

| | | コメント (0)

2024年6月21日 (金)

中国之声 ID:3F9 周波数変更 13730kHz→15445kHz xHE AAC CRI DRM

15445khz3f90621 6月21日 ~08:15(UTC)~ 15445kHz 中国之声 ID:3F9  xHE AAC CRI DRM

ID:3F9の中国之声のDRM波は、午後5時台(JST)の周波数が13730kHzから15445kHzへ変更されていました。
なお、13730kHzから15445kHzへの変更は、4月27日にも行われていました。

| | | コメント (0)

15170kHz RadioRomaniaInt ID:E1E101 xHE-AAC 南米向けスペイン語 DRM

15170khzrri0621 6月20日 21:08(UTC)~ 15170kHz RadioRomaniaInt ID:E1E101 xHE-AAC DRM
A las 21.00 horas, UTC, por 15.170 DRM en Argentina y Brasil;

昨日はSNR Tiganesti E3表示でしたが、6月21日朝はRadioRomaniaInt表示で受信できます。

| | | コメント (0)

2024年6月20日 (木)

17830kHz CNR-1 ID:3FC URU乌鲁木齐) xHE_AAC DRM

6月20日 ~02:10(UTC)~ 17830kHz CNR-1 ID:3FC URU乌鲁木齐) xHE_AAC DRM

17830kHz CNR-1のDRM波は、コーデックやIDが変更されていましたが、ビットレートは11.64kbpsで変更はありませんでした。

変更点
 UEP(21.6%)→EEP
 aac→ xHE AAC
 ID:3EC→ID:3FC

17830khzcnr106201 17830khzcnr10620

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧