« 15695kHz→13710kHz→15695kHz→17760kHz 中国之声 ID:3F9 xHE AAC CRI DRM 周波数変更 | トップページ | E217系クラY-138編成が解体線へ移動 長野総合車両センター »

2023年12月10日 (日)

ジャン=フィリップ・ラモー:オペラ「レ・ボレアード」 北とぴあ さくらホール (公財)北区文化振興財団設立35周年記念事業 北とぴあ国際音楽祭2023

Photo_2023120719130112月10日(日) 開演14:00 北とぴあ さくらホール (東京 王子)

ジャン=フィリップ・ラモー:オペラ「レ・ボレアード」

 指揮・ヴァイオリン:寺神戸 亮
 演出:ロマナ・アニエル
 振付・バロックダンス:ピエール=フランソワ・ドレ
 バロックダンス:松本 更紗、ニコレタ・ジャンカーキ、ミハウ・ケンプカ    
 歌手:ソプラノ:カミーユ・プール(アルフィーズ)
     テノール:大野 彰展(アバリス)
     バリトン:与那城 敬(アダマス、アポロン)
     テノール:谷口 洋介(カリシス)
     バリトン:山本 悠尋(ボリレ)
     ソプラノ:湯川 亜也子(セミル、ポリムニ)
     バリトン:小池 優介(ボレアス)
     ソプラノ:鈴木 真衣(ニンフ)
     ソプラノ:鈴木 美紀子(アムール)
 合唱・管弦楽:レ・ボレアード(ピリオド楽器使用)

ジャン・フィリップ・ラモー(1683-1764)の最後のオペラ「レ・ボレアード」が、寺神戸亮指揮、北とぴあ国際音楽祭でのバロックや古典派オペラの上演のために結成されているオーケストラと合唱の「レ・ボレアード」(作品と同じ名前)により日本初演されました。
このオペラはラモーの生前には上演できず、20世紀後半!になって再発見されたものの、これまでほとんど上演されなかったもので、YouTubeでは、2003年パリ国立オペラ座のウィリアム・クリスティ指揮レザール・フロリサンによる公演を見ることができますが、衣装等演出がモダンで、今回の北とぴあの公演のほうが質素ながら18世紀パリの雰囲気が醸し出されていると感じられました。
今回の公演は、オーケストラは舞台の奥で、舞台の大半はドラマとバロックダンスに使用され、大掛かりな装置もなく照明の変化で雰囲気を出
し、衣装を変えながら展開するダンサーや歌手とともに、合唱団員のぎこちない踊りも含めて、.出演者全員が大活躍の舞台でした。
このオペラでもバレエが重要な地位を占めており、エールやリゴードン、メヌエット、ガヴォット、コントルダンスなどさまざまな舞曲を、奥に配置されたオーケストラは、日本のピリオドオーケストラとして素晴らししい演奏を繰り広げ、日本におけるバロックオペラの公演の記録として輝かしい1ページとなりました。
なお、配布されたプログラムによると、来年も10月下旬から12月上旬にかけて、バロックオペラ公演をを含めた「北とぴあ国際音楽祭2024」が開催されます。
開演前時間があったので、北とぴあ17階の展望フロアに上がってみました。
アクリル板越しでしたが、飛鳥山公園や尾久車両センターなどを見ることができました。

Img_70811 Img_70881

| |

« 15695kHz→13710kHz→15695kHz→17760kHz 中国之声 ID:3F9 xHE AAC CRI DRM 周波数変更 | トップページ | E217系クラY-138編成が解体線へ移動 長野総合車両センター »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 15695kHz→13710kHz→15695kHz→17760kHz 中国之声 ID:3F9 xHE AAC CRI DRM 周波数変更 | トップページ | E217系クラY-138編成が解体線へ移動 長野総合車両センター »