« E217系クラY20編成モハE217-2039_モハE216-2039_クハE216-2057が解体線へ移動 | トップページ | 15110kHz DRM Test ID:11 Tashkent、Uzbekistan DRM B23スケジュール »

2023年10月30日 (月)

13730kHz→15695kHz→13810kHz→15695kHz→15755kHz→13710kHz→15695kHz→17760kHz→13710kHz→12090kHz 中国之声 ID:3F9 xHE AAC CRI DRM B23スケジュール

10月30日(月)午前11時前から、B23スケジュールになったID:3F9の中国之声のDRM波を受信確認してみました。
HFCC登録のB23はs/on、s/off時刻が複雑でわかりづらかったのですが、実際は午後4時までは1時間間隔で周波数変更され、午後4時台と5時台は30分間隔で周波数が変更されて、午後4時台の後半の17MHz帯は中国之声のDRM波が4波並びました。

中国之声 ID:3F9 CRI 時間別周波数
 午前10時台 13730kHz
 午前11時台 15695kHz
 午後 0時台 13810kHz
 午後 1時台 15695kHz
 午後 2時台 15755kHz
 午後 3時台 13710kHz
 午後 4時台 15695kHz (前半)
 午後 4時台 17760kHz (後半)
 午後 5時台 13710kHz (前半)
 午後 5時台 12090kHz (後半) 08:57(UTC)s/off

当地の受信では、自国のCNRが混信しているケースがかなりあり、B23登録の周波数が多いことから、ターゲット地域の受信状態次第で、頻繫に周波数変更される可能性があると思われます。

15755khz3f91030 17760khz3f91030

なお、中国之声のDRM波のうちCNR1の国内向けは、B23スケジュールで送信されていることが確認できました。

| |

« E217系クラY20編成モハE217-2039_モハE216-2039_クハE216-2057が解体線へ移動 | トップページ | 15110kHz DRM Test ID:11 Tashkent、Uzbekistan DRM B23スケジュール »

BCL-DRM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« E217系クラY20編成モハE217-2039_モハE216-2039_クハE216-2057が解体線へ移動 | トップページ | 15110kHz DRM Test ID:11 Tashkent、Uzbekistan DRM B23スケジュール »