« 9900kHz Radio Northern Europe International RNEI-JP #45 台湾褒忠送信所 日本向け | トップページ | 長野総合車両センター 2023-10-02 長野駅構内のポイント点検で入出区遅延 »

2023年10月 1日 (日)

椿三重奏団 秋の安曇野Ⅲ あづみ野コンサートホール

Photo_2023100121160110月1日 開演14:00 あづみ野コンサートホール

ブラームス:ハンガリー舞曲第6番 (トリオ)
クララ・シューマン:マズルカ ト長調 Op.6-5 (ピアノソロ)
Img_61551シューマン(リスト編):献呈 (ピアノソロ)
ファリャ(コハンスキ編):
 スペイン民謡よりムーア人の踊り、カンシオン、ナナ、ポーロ (ヴァイオリン&ピアノ)
東欧ユダヤ伝承曲:ニグン (チェロソロ)
ブロッホ:「ユダヤ人の生活」より「祈り」 (チェロ&ピアノ)
ハイドン:ピアノ三重奏曲 ト長調 Hob.XV:25 「ジプシー風」より第3楽章 (トリオ)
ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番 ホ短調 Op.67
アンコール
Photo_20231001212301チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 Op.50 「偉大な芸術家の思い出に」より「ワルツ」
シューベルト:セレナーデ

 椿三重奏団
  ヴァイオリン:磯 絵里子
  チェロ:新倉 瞳
  ピアノ:高橋 多佳子

前半では、チェロの新倉 瞳さんが、「東欧ユダヤ伝承曲:ニグン」で、ニグンというユダヤ魂の奥底から湧き上げる言葉のないメロデを自ら発声しながらチェロを演奏されていたのがとても印象に残りました。
後半のショスタコーヴィチのピアノ三重奏曲第2番は、第1楽章冒頭、非常に高い音域を奏でるチェロ独奏で主題に呈示され、チェロとヴァイオリンが声部交換で、ヴァイオリンがより低い音域を奏でていく箇所が圧巻でした。
そして、第4楽章では、前半演奏の「ユダヤの音楽」との関連性に納得させられ、ショスタコーヴィチの室内楽を堪能できた名演奏が繰り広げられました。
椿三重奏団は、昨年演奏したチャイコフスキー:ピアノ三重奏曲と、今日演奏したショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番をセットにしたCDが、9月0日に発売されています。

| |

« 9900kHz Radio Northern Europe International RNEI-JP #45 台湾褒忠送信所 日本向け | トップページ | 長野総合車両センター 2023-10-02 長野駅構内のポイント点検で入出区遅延 »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9900kHz Radio Northern Europe International RNEI-JP #45 台湾褒忠送信所 日本向け | トップページ | 長野総合車両センター 2023-10-02 長野駅構内のポイント点検で入出区遅延 »