« NOAA18-03160105、NOAA18-03161229 中国北部で「黄砂」 過去10年で最大規模 | トップページ | 長野総合車両センター 2021-03-17 キハ110-227構内試運転-出場―入区 »

2021年3月17日 (水)

E217系クラY-49編成サロE217-49解体 長野総合車両センター

3月17日午前、解体線ではE217系クラY-49編成サロE217-49の解体が始まりました。
通称「廃車置場」の18番線が空いたため、解体線の解体位置が見通せるようになりました。

Img_72901_20210317162301 Img_73211
Img_73481 Img_73581_20210317162401

|

« NOAA18-03160105、NOAA18-03161229 中国北部で「黄砂」 過去10年で最大規模 | トップページ | 長野総合車両センター 2021-03-17 キハ110-227構内試運転-出場―入区 »

JR・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NOAA18-03160105、NOAA18-03161229 中国北部で「黄砂」 過去10年で最大規模 | トップページ | 長野総合車両センター 2021-03-17 キハ110-227構内試運転-出場―入区 »