« どんど焼き 保科久保区 | トップページ | E217系クラY-44編成モハE217-44_モハE216-1044が解体開始 長野総合車両センター »

2021年1月10日 (日)

NOAA18-01100032、NOAA19-01100859 日本海側で記録的な大雪

1月10日 NOAA18-01100032 10:32(JST) 137.9125MHz
       NOAA19-01100859 17:59(JST) 137.1MHz

気象庁によると、強い冬型の気圧配置と非常に強い寒気の影響で日本海側を中心に大雪となり、特に北陸や新潟県などで短時間に一気に雪が積もり、記録的な大雪となっています。
「48時間降雪量」記録更新した観測点は、
 新潟県上越市 1m60cm
 新潟県糸魚川市能生 1m43cm
 富山市 88cm
などで、また、
「72時間降雪量」記録更新した観測点は、
 新潟県上越市 1m87cm
 新潟県糸魚川市能生 1m71cm
 富山市 1m20cm
 富山県砺波市 1m38cm
などで、いずれも観測史上1位となっています。
夕方のNOAA画像では、日本海側に大雪をもたらした日本海の雲も、大陸側の海が見えていて、今回の強い寒気は峠を越えつつあるようです。

Tenki011012021 Tenki011022021
202101100032 2021011000321
202101100859 2021011008591

|

« どんど焼き 保科久保区 | トップページ | E217系クラY-44編成モハE217-44_モハE216-1044が解体開始 長野総合車両センター »

NOAA・METEOR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どんど焼き 保科久保区 | トップページ | E217系クラY-44編成モハE217-44_モハE216-1044が解体開始 長野総合車両センター »