« E231系マト138編成入場―構内移動 長野総合車両センター | トップページ | 長野総合車両センター 2017-03-03 キハ110-121_キハ110-120(小海線)出場―回送 »

2017年3月 3日 (金)

スティーヴ・ライヒ 80th ANNIVERSARY 《テヒリーム》 東京オペラシティ コンサートホール

2 3月2日 開演19:00 東京オペラシティ コンサートホール

スティーヴ・ライヒ:クラッピング・ミュージック(1972) 
            マレット・カルテット(2009) 
            カルテット(2013)
スティーヴ・ライヒ トーク(聞き手:前島秀国/通訳:久野理恵子)
スティーヴ・ライヒ:テヒリーム(1981)

 パーカッション/指揮:コリン・カリー
 コリン・カリー・グループ
 シナジー・ヴォーカルズ
 ゲスト:スティーヴ・ライヒ
Img_62401
スティーヴ・ライヒはCDでしか聴けない作曲家だと思っていましたが、ライヒ80歳記念として、2012年の「ドラミング」公演以来、ライヒ自身も4年ぶり来日となる記念碑的なコンサートを、圧倒的な演奏で聴くことができました。
 クラッピング・ミュージック (1972年) : スティーヴ・ライヒ、コリン・カリー
 マレット・カルテット (2009年) : コリン・カリー・グループ
 カルテット (2013年、日本初演) : コリン・カリー・グループ
 テヒリーム (1981年) : コリン・カリー指揮 コリン・カリー・グループ、シナジー・ヴォーカルズ
という編成でしたが、メインの「テヘリーム」で共演したシナジー・ヴォーカルズは、ライヒがリーダーのミカエラ・ハスラムの声に惚れ込み、1996年にロンドンで演奏された「テヘリーム」のために結成された4人組で、「テヒリーム」が終わると満員の客席はほぼ総立ちのスタンディング・オベーションで、圧倒的な素晴らしさがホール全体に充満しているようでした。
やはり客層がいつものコンサートと違っていて、若い人が多く平均年齢がかなり下がっていた印象でしたが、2日間ともチケットは完売ということで、ライヒの音楽が好まれていることがわかりました。
終演時刻が午後9時10分を過ぎていて、新幹線の終電が迫っていたので、スタンディング・オベーションの途中でホールを後にぜざるを得ませんでした。
なお、3月2日の公演はNHKによりビデオ収録され、4月14日(金)5:00〜5:55 NHK BSプレミアム「クラシック倶楽部」で放送予定になっています。

Nhkbs

|

« E231系マト138編成入場―構内移動 長野総合車両センター | トップページ | 長野総合車両センター 2017-03-03 キハ110-121_キハ110-120(小海線)出場―回送 »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« E231系マト138編成入場―構内移動 長野総合車両センター | トップページ | 長野総合車両センター 2017-03-03 キハ110-121_キハ110-120(小海線)出場―回送 »