« C1ch CCTV Eスポ(Sporadic E) | トップページ | E231系マト129編成構内移動 長野総合車両センター »

2016年1月24日 (日)

NOAA19-01230440、NOAA19-01240429 大寒波襲来

Tenki01242016 襲来する40年ぶりともされる大寒波は、北極の上空にできる巨大な気流の渦「極渦」の南下によるもので、気象庁によると、上空1500m付近に氷点下12度以下の、この冬一番の寒気が流れ込み、西日本を中心に日本付近は強い冬型の気圧配置となっています。
沖縄県の国頭村奧で午前5時40分に、1月の観測史上最低となる5.8℃度を観測、鹿児島県の奄美市名瀬では午後1時過ぎから「みぞれ」を観測して初雪となり、名瀬測候所で雪が観測されたのは、1901年2月12日以来115年ぶりとのことです。
今回の寒波は西日本が中心のようで、長野市内は平年と特に変わった現象はおきていません。
長野市の最低気温は、長野地方気象台アメダスで-5.3℃と平年並みで、1月24日の午前中は日差しもあり、午後になって一時的に雪模様になりましたが、ほとんど雪は降りませんでした。
201601230440 201601240429

|

« C1ch CCTV Eスポ(Sporadic E) | トップページ | E231系マト129編成構内移動 長野総合車両センター »

NOAA・METEOR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« C1ch CCTV Eスポ(Sporadic E) | トップページ | E231系マト129編成構内移動 長野総合車両センター »