« C1ch~C2ch CCTV、辽宁卫视 Eスポ(Sporadic E) | トップページ | C1ch~C3ch CCTV、齐齐哈尔电视台、辽宁卫视 Eスポ(Sporadic E) »

2015年8月24日 (月)

ふれあいコンサート I セイジ・オザワ 松本フェスティバル ザ・ハーモニーホール

8月23日(日)開演 16:00  ザ・ハーモニーホールPhoto_2

ゲルスター:ティンパニと弦楽のためのカプリチェット
 ソロ・ティンパニ:ローランド・アルトマン
 サイトウ・キネン・オーケストラ弦楽アンサンブル シュワントナー:ソロ・マリンバのためのヴェロシティーズ
 マリンバ:竹島 悟史 Img_60871_2 フェルドハウス:ゴールド・ラッシュ
 パーカッション:竹島 悟史、藤本 隆文 シューベルト:八重奏曲 へ長調 D803
 ヴァイオリン:竹澤 恭子、会田 莉凡
 ヴィオラ:今井 信子
 チェロ:辻本 玲
 コントラバス:池松 宏
 クラリネット:チャールズ・ナイディック
 ファゴット:マーク・ゴールドバーグ
 ホルン:ジュリア・パイラント

私の「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」がスタートしました。
ホールの音響はいつものように最悪ですが、竹島 悟史さんのマリンバと、竹島 悟史さんと藤本 隆文さんによるパーカッションは、今年の「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」の収穫の一つで、曲と演奏は最高に素敵でした。
最初のティンパニと弦楽のためのカプリチェットは、かなり前衛的な響きを想定していたのですが、聴こえてきたのは1世紀以上前の様式の音楽でかなりがっかりしました。
その上、ホールの響きの悪さから、ティンパニと弦が溶け合わず、混沌状態のまま終わってしまいました。
音響の悪くなったザ・ハーモニーホールの演奏の中でも、弦とティンパニは最悪の組み合わせでした。
帰宅してネット検索したところ、オットマール・ゲルスター(Ottmar Gerster、1897年6月29日‐1969年8月31日)は、交響曲4曲や協奏曲なども作曲しているドイツの作曲家で、大衆のための音楽を志向していて、前衛志向の作曲家ではなかったようです。
後半のシューベルトは、フェスティバルならではの豪華な顔ぶれで、シューベルトを心ゆくまで堪能しました。

|

« C1ch~C2ch CCTV、辽宁卫视 Eスポ(Sporadic E) | トップページ | C1ch~C3ch CCTV、齐齐哈尔电视台、辽宁卫视 Eスポ(Sporadic E) »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« C1ch~C2ch CCTV、辽宁卫视 Eスポ(Sporadic E) | トップページ | C1ch~C3ch CCTV、齐齐哈尔电视台、辽宁卫视 Eスポ(Sporadic E) »