« 24系客車8両入場-構内移動 2-2 長野総合車両センター | トップページ | C1ch~C3ch CCTV、临沂公共、吉林卫视、齐齐哈尔电视台、山东卫视、辽宁卫视 Eスポ(Sporadic E) »

2015年8月29日 (土)

オーケストラ コンサート Aプログラム セイジ・オザワ 松本フェスティバル キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)

8月28日(金)開演 19:00 キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)Photo_2

ハイドン:交響曲第82番 ハ長調 Hob. I: 82「熊」
マーラー:交響曲 第5番 嬰ハ短調

 指揮:ファビオ・ルイージ
 管弦楽:サイトウ・キネン・オーケストラImg_65851

ハイドンの交響曲としては、かなり大きい編成での演奏でしたが、まるで室内楽を聴いているような透明感としなやかさ、弦と管のバランスも絶妙で、ファビオ・ルイージさんが、オーケストラを完璧に把握しているのが分かり、後半のマーラーに大きな期待が膨らみました。
後半のマーラーでは、重々しい葬送行進曲の開始を告げる、トランペットの不吉なファンファーレのほの暗い音色とニュアンスが素晴らしく、ハイドン同様の透明感で、各楽器が絶妙なバランスで埋もれることなく聴き取れ、弦楽器のしなやかさも抜群で、これまで聴いてきたサイトウキネンのオーケストラコンサートの中でも、抜群の完成度で感動的なコンサートになりました。
管楽器のうまさは毎年のこととして、今回は弦楽器、特にヴァイオリンの音色が研ぎ澄まされていて、日本で聴けるマーラーの最高峰といっても過言ではないと思いました。
Img_65981指揮のファビオ・ルイージさんは、昨年のヴェルディのオペラ「ファルスタッフ」に続く、サイトウ・キネン・オーケストラへは2回目の登場でしたが、オーケストラを完璧にコントロールして、数日のリハーサルとは思えないほど、完成度の高いマーラーを作り上げていました。
いつもは、指揮ぶりにあまり注目していないのですが、ファビオ・ルイージさんの指揮は、まるでマーラーが乗り移ったような後ろ姿で、指揮棒が動くたびに、素晴らしい音色のメロディーとハーモニーが生まれてくるようで、指揮ぶりもとても感動的でした。
当然、演奏終了後の拍手は鳴りやまず、何度もステージに呼び戻されていましたが、楽員がステージを後にしても、スタンディングオベーションが続き、指揮者と楽員が3度ステージ上に戻るという、小澤征爾さんの指揮の時のような光景が繰り広げられました。
指揮者とオーケストラのお互いの長所が引き出された理想的なコンビで、私がこれまで聴いてきたサイトウ・キネン・オーケストラでは、昨年と2007年の小澤征爾さんの幻想交響曲と、2012年のハーディングのアルプス交響曲、そして今回のマーラーがベストスリーで、このコンビが来年以降も継続することを望まずにはいられません。

|

« 24系客車8両入場-構内移動 2-2 長野総合車両センター | トップページ | C1ch~C3ch CCTV、临沂公共、吉林卫视、齐齐哈尔电视台、山东卫视、辽宁卫视 Eスポ(Sporadic E) »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 24系客車8両入場-構内移動 2-2 長野総合車両センター | トップページ | C1ch~C3ch CCTV、临沂公共、吉林卫视、齐齐哈尔电视台、山东卫视、辽宁卫视 Eスポ(Sporadic E) »