« 若林 顕ピアノ・リサイタル あづみ野コンサートホール | トップページ | 長野総合車両センター 2015-06-29 キハ110-233検査入場、E257系M204編成構内試運転 »

2015年6月29日 (月)

訓練センターのスイッチャー解体線へ移動 長野総合車両センター

6月26日午前、訓練センターのスイッチャーが解体線へ移動しました。
停止位置から、給油のための構内移動だと思っていたのですが、6月29日午前現在も訓練センターへ戻っていないことや、解体線に見当たらないことから、すでに解体が終わっているものと思わlれ、これが構内移動最後の撮影になったようです。
訓練センターのスイッチャーは、余剰になった115系「長野色」が訓練センターで運用されるようになって以来、ほとんど動くことはありませんでした。
なお、訓練センター線から工場線へ移動する前半は、「特急しなの」の出区が被り、撮影できませんでした。

工場線1番線を移動する、訓練センターのスイッチャー(拡大できます)
Img_88591

Img_88621 Img_88661
Img_89191 Img_94651
上段左から
1-2 スイッチャへに牽引されて、工場線1番線から解体線へ移動する、訓練センターのスイッチャー(6月26日)
下段左から
1 解体線の給油ポイント付近で切り離し(6月26日)
2 6月29日午前の訓練センター線

(注)6月26日の「205系ナハ50編成6両構内移動」中の記事の一部を訂正して別項にしました。下の3コマの構内移動シーンは、6月26日の記事と同一画像です

>

|

« 若林 顕ピアノ・リサイタル あづみ野コンサートホール | トップページ | 長野総合車両センター 2015-06-29 キハ110-233検査入場、E257系M204編成構内試運転 »

JR・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 若林 顕ピアノ・リサイタル あづみ野コンサートホール | トップページ | 長野総合車両センター 2015-06-29 キハ110-233検査入場、E257系M204編成構内試運転 »