« 飯山線観光列車「おいこっと」運行初日 | トップページ | Early Music Duo Festival in Azumino 2015 第1回 波多野睦美&鈴木優人デュオ・リサイタル SPRING ~ 春の歌コレクション »

2015年4月 4日 (土)

あづみ野コンサートホール開館15周年記念 第1弾 須川展也&宮谷理香デュオリサイタル

4月4日 開演 14:00 あづみ野コンサートホールPhoto_2

ピアノ独奏
ショパン:ワルツ第1番 変ホ長調 Op.18「華麗なる大円舞曲」Img_02101
ショパン:バラード第1番 ト短調 Op.23
ピアノ&サクソフォン
ドージー:ウードルズ・オブ・ヌードルズ
モリコーネ:ニューシネマ・パラダイス
ピアソラ(啼鵬 編):エスクヮロ(鮫)
ピアソラ:リベルタンゴ
サン=サーンス(加藤昌則 編):歌劇「サムソンとデリラ」より、「あなたの声に心は開く」
ムソルグスキー(長生淳 編):組曲「展覧会の絵」
アンコール
サン=サーンス:「動物の謝肉祭」から第13曲「白鳥」
M.Taylor:Jenna

 サクソフォン:須川展也
 ピアノ:宮谷理香

あづみ野コンサートホール開館15周年記念の第1弾で、なんと、定員100名程の狭い客席を、120名超えで大盛況でした。
宮谷理香さんによるショパンのワルツ第1番とバラード第1番で始まりましたが、風格さえも感じられるような完成度の高い演奏で、宮谷さんのショパンに対する熱い思いが感じられる素晴らしい演奏でした。
須川展也さんによるムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」は、ソプラノ、テナー、アルト、バリトンと、曲に合わせてサクソフォンを持ち替えての演奏でしたが、やはり「古城」がサキソフォンにあっているようでした。
演奏の合間の和気藹々とした会話も楽しく、安曇野の春の訪れとともに、ホールにも春を呼ぶ楽しくも充実した演奏会でした。
なお、宮谷理香さんは、10月13日に、「あづみ野コンサートホール開館15周年記念 特別企画 第4弾」としてソロ演奏会が、須川展也さんは、11月1日にザ・ハーモニーホールで「サクソフォンのカリスマ須川展也」というタイトルの演奏会が組まれています。
夕方、穂高駅へ向かう途中の林の中で、うぐいすの、まだぎこちない鳴き声が聞こえていました。

|

« 飯山線観光列車「おいこっと」運行初日 | トップページ | Early Music Duo Festival in Azumino 2015 第1回 波多野睦美&鈴木優人デュオ・リサイタル SPRING ~ 春の歌コレクション »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飯山線観光列車「おいこっと」運行初日 | トップページ | Early Music Duo Festival in Azumino 2015 第1回 波多野睦美&鈴木優人デュオ・リサイタル SPRING ~ 春の歌コレクション »