« C1ch 中国TV、55.25MHz F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E) | トップページ | 西野優子ヴァイオリン・リサイタル あづみ野コンサートホール »

2015年4月18日 (土)

佐渡裕指揮 兵庫芸術文化センター管弦楽団 10周年記念ツアー サントミューゼ

Photo4月18日 開演 15:00 サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)

A song for japan
信濃の国(長野県の県歌)から第1番Photo

 トランペット:大西敏幸
 ヴィオラ:太田玲奈

ウェーバー:舞踏への招待 Op.65
ショパン:ピアノ協奏曲第2番 へ短調 Op.21
ブラームス:交響曲第2番 二長調 Op.73
アンコール
ラフマニノフ(ヴォロドス編曲):チェロ・ソナタ ト短調 Op.19 第3楽章「アンダンテ」 *
すみれの花咲く頃

 ピアノ:エフゲニ・ボジャノフ *
 指揮:佐渡裕
 管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団

兵庫芸術文化センター管弦楽団は、2005年9月の設立以来、世界各地から若手演奏家を集め、優秀な人材を輩出するアカデミー的な要素も持つ、新しいシステムのオーケストラで、今回は、兵庫芸術文化センター管弦楽団10周年記念ツアーとして、4月10日(金)、11日(土)、12日(日)の第78回定期演奏会の後、全国11公演が組まれています。
 4月15日(水) 富山 オーバード・ホール
 4月16日(木) 金沢 金沢歌劇座
 4月17日(金) 新潟 新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)
 4月18日(土) 上田 サントミューゼ・上田市文化交流文化芸術センター
 4月19日(日) 足利 足利市民会館
 4月21日(火) 仙台 東京エレクトロンホール宮城
 4月22日(水) 富士 富士市文化会館ロゼシアター
 4月23日(木) 名古屋 愛知県芸術劇場コンサートホール
 4月24日(金) 三次 三次市民ホールきりり
 4月25日(土) 米子 米子コンベンションセンター多目的ホール
 4月26日(日)高知 高知県立県民文化ホール・オレンジホール
まず、佐渡裕さんが、兵庫芸術文化センター管弦楽団やエフゲニ・ボジャノフさんのついて話された後、長野県出身の大西さんと太田さんを紹介して、二人の演奏がありました。
今回の注目は、ピアノのエフゲニ・ボジャノフさんで、低めの椅子を持参しているそうで、演奏スタイルから独特でした。
ピアノを音楽的に美しく鳴らすことに集中しているようで、まるで宝石の粒をホール空間で転がすような、粒の揃った美しい響きがホールに広がり、新感覚のショパンを堪能することができました。
オーケストラは、思っていた以上に普通のオーケストラで、ヴァイオリンの音色がやや硬質で、もっとしなやかさが欲しかったことと、管楽器、特に木管楽器の演奏が平板で、奏者の技量や個性が感じられず、楽団員の在籍期間が最長3年として、毎年入替えが行われているシステムと関連があるように感じられました。
佐渡裕さんの指揮はいつもながらの力演でしたが、ダイナミックレンジを確保するための反動として、刺激的なヴァイオリンの音色や、オーケストラの響きの調和が犠牲になっていたように感じられました。
今回は、オーケストラとしては前すぎの感じで、10列目の中央の席で聴きましたが、ホールの響きは自然で大変好ましく、とても良い印象を受けました。
そしてなりよりも、エフゲニ・ボジャノフさんのピアノを聴けたことが、大きな収穫となった演奏会でした。

|

« C1ch 中国TV、55.25MHz F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E) | トップページ | 西野優子ヴァイオリン・リサイタル あづみ野コンサートホール »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« C1ch 中国TV、55.25MHz F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E) | トップページ | 西野優子ヴァイオリン・リサイタル あづみ野コンサートホール »