« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

長野総合車両センター 2015-03-31 キハ111-109_キハ112-109(小海線)出場

3月31日午前、小海線のキハ111-109_キハ112-109が「回送」表示で出場しました。
入場時の撮影データがないため、入場月日は不明です。

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切
Img_96581 Img_96591
Img_96731 Img_96741
上段左から
1-2 工場線5番線建屋内から、1番線を移動するキハ111-109_キハ112-109(小海線)
下段左から
1-2 出場して、長野駅方面へ向かうキハ111-109_キハ112-109(小海線)

| | コメント (0)

2015年3月30日 (月)

115系N24編成+N29編成入場-構内移動 長野総合車両センター

3月30日午後、午後1時30分頃の115系C12編成の入場に続いて、午後3時30分頃、クモユニ143-3に牽引されて、115系N24編成+N29編成が入場して、通称「廃車置場」17番線へ移動しました。

北長野 115系N24編成クハ115-1020_モハ114-1029_クモハ115-1021+115系N29編成クハ115-1018_モハ114-1025_クモハ115-1019 長野

Img_95881 Img_95951
Img_96021 Img_96051
Img_96071 Img_96121
Img_96191 Img_96251
Img_96331 Img_96381
1段目左から
1 クモユニ143-3に牽引されて移動する、115系N24編成+N29編成
2 クモハ115-1019とスイッチャーの連結部分
2段目左から
1 試運転線へ移動した115系N24編成+N29編成
2 クハ115-1020の先頭部分
3段目左から
1 クモハ115-1021とクハ115-1018の連結部分
2 工場線1番線を移動する115系N24編成+N29編成
4段目左から
1 スイッチャーに牽引されて、工場線1番線を移動する115系N24編成+N29編成
2 クモハ115-1019とスイッチャーの連結部分
5段目左から
1-2 通称「廃車置場」17番線へ移動するクモハ115-1019

移動後の通称「廃車置場」
Img_96421 Img_96491

通称「廃車置場」等留置状況 3月30日現在

長野総合車両センター清掃線横
  211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 空き
  16番線 空き
   17番線 115系N24編成(3両)クハ115-1020_モハ114-1029_クモハ115-1021+115系N29編成(3両)クハ115-1018_モハ114-1025_クモハ115-1019 
   18番線 115系N33編成(3両)クハ115-1231_モハ114-1165_クモハ115-1521
   19番線 115系C12編成(6両)クハ115-1065_モハ114-1176_モハ115-1104_モハ114-1089_モハ115-1028_クハ115-1104
   20番線 189系N103編成(6両)クハ188-102_モハ189-33_モハ188-33_モハ189-39_モハ188-39_クハ188-602
   21番線 115系N32編成(3両)クハ115-1009_モハ114-1014_クモハ115-1009
   22番線 183系N104編成(4両モハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032
   23番線 空き
   24番線 115系N16編成(3両)クハ115-1091_モハ114-1137_クモハ115-1563
   25番線 115系N5編成(3両)クハ115-1214_モハ114-1168_クモハ115-1071
   26番線 253系クロ253-1
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

ビデオカメラをセットしていなかったため、試運転線から入場するところからの撮影になりました。

| | コメント (0)

115系C12編成入場-構内移動 長野総合車両センター

3月30日午後、211系ナノN604編成の出場を待っていたかのように、クモユニ143-3に牽引されて、115系C12編成が北基地方面から入場して、通称「廃車置場」19番線へ移動しました。

115系C12編成 北長野 クハ115-1065_モハ114-1176_モハ115-1104_モハ114-1089_モハ115-1028_クハ115-1104 長野

Img_95301 Img_95371
Img_95441 Img_95501
Img_95571 Img_95681
Img_95721 Img_95801_8
1段目左から
1-2 クモユニ143-3に牽引されて、北基地方面から移動する115系C12編成
2段目左から
1 試運転線へ移動した115系C12編成
2 クハ115-1065の先頭部分
3段目左から
1 クハ115-1104とクモユニの連結部分
2 スイッチャーとクハ115-1104の連結部分
4段目左から
1 通称「廃車置場」19番線へ移動する115系C12編成
2 移動後の、通称「廃車置場」18番線から20番線

| | コメント (0)

211系ナノN604編成(元211系チタN4編成)出場-本線試運転 長野総合車両センター

3月30日午前、211系ナノN604編成が[9968M 試運転]表示で出場して、長野駅方面へ向かいました。

211系ナノN604編成 北長野 クハ210-4_モハ210-8_モハ211-8_モハ210-7_モハ211-7_クハ211-4 長野

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切
Img_95101_2 Img_95201
Img_95202 Img_95261
上段左から
1 工場線6番線建屋内から1番線を移動する211系ナノN604編成
2 出場して、長野駅方面へ向かう211系ナノN604編成 出場 09:32
下段左から
1 出場時のクハ211-4全面の拡大
2 長野駅方面へ向かう211系ナノN604編成

211系チタN編成(6両)→211系ナノN編成  3月30日現在

211系チタN1編成    211系ナノN601編成
211系チタN2編成   211系ナノN602編成
211系チタN3編成    211系ナノN603編成
211系チタN4編成   211系ナノN604編成 3月30日出場
211系チタN5編成   211系ナノN605編成
211系チタN6編成   211系ナノN606編成
211系チタN21編成   211系ナノN607編成
211系チタN22編成   清掃線横留置
211系チタN23編成   211系ナノN609編成
211系チタN24編成   211系ナノN610編成
211系チタN25編成    211系ナノN611編成
211系チタN26編成   211系ナノN612編成
211系チタN31編成   211系ナノN613編成
211系チタN32編成   「ナノ」改造開始 3月6日入場

| | コメント (0)

2015年3月29日 (日)

9525kHz Global24

Global242_23月28日 18:53~19:24(UTC) 9525kHz Global24 Radio (WRMI)
       19:53~20:02(UTC) 9525kHz Global24 Radio (WRMI)
       20:43~21:07(UTC) 9525kHz Global24 Radio (WRMI)

24時間放送をしていた頃、フロリダからの9395kHzはほとんど受信できませんでしたが、日本時間3月29日の午前4時前後から6時過ぎのヨーロッパらの送信は、比較的良好に受信できました。

Global24

| | コメント (0)

2015年3月28日 (土)

CD

3月28日、1月末に注文していたCDがHMVから届きました。
テンシュテット指揮ハンブルク北ドイツ放送響によるマーラーの第5交響曲は、1980年のライヴ録音です。
ブルーノ・ワルター&ウィーンフィルは、1960年のマーラー生誕百年記念の特別公演で、ブルーノ・ワルターのウィーンでの最後の演奏会となった公演です。

Photo「バロックの真珠~イタリア初期バロックのマスターピース」
フォンタナ:ソナタ第2番
フレスコバルディ:トッカータ第1番
ウッチェリーニ:ヴァイオリン独奏のためのソナタまたはトッカータ第5番「デッタ・ ラ・ラウラ・リルチェンテ」
カステッロ:ソナタ第2番
マリーニ:2弦のためのソナタ第4番
フレスコバルディ:スピネッティーナとヴァイオリンのためのトッカータ
メアッリ:ソナタ第6番(Op.4, 1690)「ラ・ヴィンチオリーナ」
レオナルダ:ソナタ第12番
A.ガブリエリ:第1旋法によるリチェルカーレPhoto_2
チーマ:2声のソナタ(ミラノ、1610)
ベルターリ:チャコーナ
 レイチェル・ポッジャー(ヴァイオリン)
 マルツィン・シヴィオントキエヴィチ(チェンバロ、オルガン)
 ダニエレ・カミニティ(テオルボ)

マラン・マレ:オーボエのための組曲集
ヴィオール曲集第3巻(1711)より 組曲ハ長調
ヴィオール曲集第2巻(1701)より 組曲ト長調
ヴィオール曲集第3巻(1711)より 組曲ト短調Photo_3
ヴィオール曲集第2巻(1701)&第4巻(1717)より 組曲ニ短調
ヴィオール曲集第3巻(1711)より 組曲変ロ長調
ヴィオール曲集第2巻(1701)&第4巻(1717)より 組曲ホ短調(全曲世界初録音)
 クリストファー・パラメタ(オーボエ) ヴェルサイユ・ピッチ(A=392)
 エリク・ティンケルヘス(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
 ロマン・ファリク(テオルボ)
 リサ・グード・クロフォード(ハープシコード
Photo_4
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集 Op.3「調和の霊感」(2SACD)
 レイチェル・ポッジャー(ヴァイオリン&ディレクター)
 ブレコン・バロック

マーラー:交響曲第5番、歌曲集「亡き子をしのぶ歌」 (2CD)
 ブリギッテ・ファスベンダー(メゾ・ソプラノ)
 クラウス・テンシュテット(指揮)
 北ドイツ放送交響楽団

Photo_5ワルター&ウィーン・フィル告別演奏会(1960) (2CD)
シューベルト:交響曲第7(8)番ロ短調 D.759「未完成」
マーラー:子供の魔法の角笛~第9番「トランペットが美しく鳴り響くところ」
マーラー:リュッケルト歌曲集より~第4番「私は仄かな香りを吸い込んだ」
マーラー:交響曲第4番ト長調
 エリーザベト・シュヴァルツコップ (ソプラノ)
 ブルーノ・ワルター(指揮)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

| | コメント (0)

2015年3月27日 (金)

C1ch 中国TV F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E)

Img_949713月27日午後4時25分から2時間あまり、F2層伝搬によるC01chが受像できました。
F2層マップから、かなり強めに受像できると期待したのですが、思ったほどコンディションは上昇しませんでした。
山川(鹿児島)は、データが確認できない状態が続いていますが、大宜味(沖縄) でも、とくに高い臨界周波数は観測されていませんでした。
右 C1ch 08:27(UTC) F2層伝搬

4975mhz0327 F20327

| | コメント (0)

211系ナノN604編成(元211系チタN4編成)構内試運転 長野総合車両センター

Img_93751_23月27日午後、2月26日に秋田から配給され、3月4日に検査入場した211系チタN4編成が、「604」の編成札を提出して5往復の構内試運転を行いました。
昨日、6両に連結されたばかりで、構内試運転は来週だろうと思っていたので、意外な展開でした。

211系ナノN604編成 北長野 クハ210-4_モハ210-8_モハ211-8_モハ210-7_モハ211-7_クハ211-4 長野

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切-居町踏切間
Img_93631 Img_93731 Img_93771
Img_94041 Img_94091 Img_94511
Img_94581 Img_94611 Img_94631
上段左から
1 工場線6番線建屋内から移動する211系ナノN604編成
2 クハ211-4の先頭部分
3 試運転線へ移動した211系ナノN604編成
中段左から
1-3 試運転線での試運転
下段左から
1 5往復の試運転を終えて、停止位置へ移動する211系ナノN604編成
2 クハ210-4の先頭部分
3 工場線1番線から6番線建屋内へ移動する211系ナノN604編成

211系チタN編成(6両)→211系ナノN編成  3月27日現在

211系チタN1編成    211系ナノN601編成
211系チタN2編成   211系ナノN602編成
211系チタN3編成    211系ナノN603編成
211系チタN4編成   211系ナノN604編成 3月27日構内試運転
211系チタN5編成   211系ナノN605編成
211系チタN6編成   211系ナノN606編成
211系チタN21編成   211系ナノN607編成
211系チタN22編成   清掃線横留置
211系チタN23編成   211系ナノN609編成
211系チタN24編成   211系ナノN610編成
211系チタN25編成    211系ナノN611編成
211系チタN26編成   211系ナノN612編成
211系チタN31編成   211系ナノN613編成
211系チタN32編成   「ナノ」改造開始 3月6日入場

| | コメント (0)

キハ110-236_キハ110-235<飯山線新コンセプト列車「おいこっと」>出区-本線試運転 長野総合車両センター

3月27日午前、キハ110-236_キハ110-235<飯山線新コンセプト列車「おいこっと」>が「試運転」表示で出区して、長野駅から北しなの線を下りました。
出区と本線試運転の往復とも、車両センターのスイッチャーが動いていたため、踏切方面へ移動できず、長野総合車両センターの撮影場所からの撮影だけになりました。

Img_93391 Img_94691
Img_94851 Img_94901
上段左から
1 出区するキハ110-236_キハ110-235 09:03
2 復路、長野駅へ向かうキハ110-236_キハ110-235 15:10
下段左から
1-2 長野駅方面から入区するキハ110-236_キハ110-235 15:23

| | コメント (0)

2015年3月26日 (木)

キハ110-236<飯山線新コンセプト列車「おいこっと」>構内試運転 長野総合車両センター-北条踏切-居町踏切

Img_919013月26日午前、<飯山線新コンセプト列車「おいこっと」>の2両目となる、キハ110-236の構内試運転が行われました。
すでに、「雪ん子」をイメージしたキャラクターが貼られていました。
『4月4日より、飯山線観光列車「おいこっと」が、しなの鉄道北しなの線・飯山線「長野~十日町」駅間にて運行を開始』することが、JR長野支社からプレスリリースされています。

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切-居町踏切間
Img_91401 Img_91421
Img_91481 Img_91541
Img_91601 Img_91761
Img_91881 Img_92031
1段目左から
1-2 工場線5番線建屋内から1番線を移動するキハ110-236
2段目左から
1 長野寄りの先頭部分
2 北長野寄りの先頭部分
3段目から4段目 試運転線での試運転

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

115系N33編成+N32編成入場-構内移動 長野総合車両センター

3月25日午後、クモユニ143-3に牽引されて、115系N33編成+N32編成が入場して、通称「廃車置場」18番線と21番線へ移動しました。
今日の午後は所要のため到着が遅れ、到着した午後3時30分過ぎには、クモユニ143-3が留置線10番線へ戻るところでした。
今回の2編成は、昨日午後に、北基地方面から留置線10番線へ移動した115系2編成と思われます。

北長野 115系N33編成クハ115-1231_モハ114-1165_クモハ115-1521+115系N32編成クハ115-1009_モハ114-1014_クモハ115-1009 長野

3月24日午後の構内移動 北基地方面から、留置線10番線へ移動
Img_89571 Img_89621 Img_89641
3月25日午後の構内移動
Img_90881 Img_90941
Img_90971 Img_91011
上段左から
1 115系を牽引したクモユニ143-3が、留置線10番線へ移動
2 スイッチャーに牽引されて、工場線1番線を移動する115系N33編成+N32編成
下段左から
1 115系N32編成クモハ115-1009の先頭部分
2 115系N33編成クモハ115-1521の先頭部分
Img_91061 Img_91081
Img_91131 Img_91161
Img_91241 Img_91281
上段左から
1-2 通称「廃車置場」18番線へ移動して、115系N33編成を切り離し
中段左から
1-2 115系N32編成が、通称「廃車置場」21番線へ移動
下段左から
1-2 移動後の通称「廃車置場」

通称「廃車置場」等留置状況 3月25日現在

長野総合車両センター清掃線横
  211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 209系ナハ32編成(3両)モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68
  16番線 空き
   17番線 空き
   18番線 115系N33編成(3両)クハ115-1231_モハ114-1165_クモハ115-1521
   19番線 空き
   20番線 189系N103編成(6両)クハ188-102_モハ189-33_モハ188-33_モハ189-39_モハ188-39_クハ188-602
   21番線 115系N32編成(3両)クハ115-1009_モハ114-1014_クモハ115-1009
   22番線 183系N104編成(4両モハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032
   23番線 空き
   24番線 115系N16編成(3両)クハ115-1091_モハ114-1137_クモハ115-1563
   25番線 115系N5編成(3両)クハ115-1214_モハ114-1168_クモハ115-1071
   26番線 253系クロ253-1
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

| | コメント (0)

209系ナハ32編成モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68解体線へ移動 長野総合車両センター

3月25日午前、通称「廃車置場」16番線の、209系ナハ32編成3両が解体線へ移動しました。

209系ナハ32編成 北長野 モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68 長野

Img_90091 Img_90111
Img_90161 Img_90471
上段左から
1-2 通称「廃車置場」16番線から移動する209系ナハ32編成3両
下段左から
1 工場線1番線から、解体線へ移動する209系ナハ32編成3両
2 解体線へ移動した209系ナハ32編成3両

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2015-03-25 キハ110-235<飯山線新コンセプト列車「おいこっと」> 「雪ん子」をイメージしたキャラクター、115系C12編成構内入替え

3月25日午前、久しぶりに出区したキハ110-235<飯山線新コンセプト列車「おいこっと」>に、「雪ん子」をイメージしたキャラクターが貼られていました。

Img_89891_2 Img_89941_4 Img_90041

3月25日午前、115系C12編成が、留置線から清掃線へ移動しました。
115系C編成も、徐々に撮影できる機会が少なくなってきたので、撮影しておきました。

Img_90571 Img_90601
Img_90611 Img_90791
上段左から
1-2 留置線から、入替えのため移動する115系C12編成
下段左から
1 クハ115-1104
2 清掃線へ移動した115系C2編成(左) 清掃線右に、183・189系N101編成と115系N9編成が移動していました。

| | コメント (0)

2015年3月23日 (月)

205系ナハ15編成モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374解体線へ 長野総合車両センター

3月23日午前、通称「廃車置場」18番線の、205系ナハ15編成モハ車4両が解体線へ移動しました。

205系ナハ15編成 北長野 モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374 長野

Img_88561 Img_88631
Img_88671 Img_88871
Img_88931 Img_88951
上段左から
1 スイッチャーが、通称「廃車置場」18番線へ移動
2 通称「廃車置場」18番線から移動する205系ナハ15編成モハ車4両
中段左から
1 工場線1番線から解体線へ移動する205系ナハ15編成モハ車4両
2 移動後の通称「廃車置場」
下段左から
1-2 解体線へ移動した205系ナハ15編成モハ車4両は、まもなくして、奥に押し込まれてしまいました

通称「廃車置場」等留置状況 3月23日現在

長野総合車両センター清掃線横
  211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 205系ナハ15編成(4両)モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374
  16番線 209系ナハ32編成(3両)モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68
   17番線 空き
   18番線 空き
   19番線 空き
   20番線 189系N103編成(6両)クハ188-102_モハ189-33_モハ188-33_モハ189-39_モハ188-39_クハ188-602
   21番線 空き
   22番線 183系N104編成(4両モハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032
   23番線 空き
   24番線 115系N16編成(3両)クハ115-1091_モハ114-1137_クモハ115-1563
   25番線 115系N5編成(3両)クハ115-1214_モハ114-1168_クモハ115-1071
   26番線 253系クロ253-1
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

| | コメント (0)

2015年3月21日 (土)

堤 剛・竹澤恭子・児玉 桃 ピアノトリオ ザ・ハーモニーホール

3月21日 開演 14:00 ザ・ハーモニーホールPhoto_2

ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第1番 変ホ長調 Op.1-1
チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 Op.50 「偉大なる芸術家の思い出に」Photo
アンコール
メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 Op.49 第2楽章 アンダンテ・コン・モート・トランクィロ

 チェロ:堤 剛
 ヴァイオリン:竹澤恭子
 ピアノ:児玉 桃

児玉 桃さんは今回が初めてでしたが、二人のベテランとの見事な共演ぶりで、「偉大なる芸術家の思い出に」の、高度な演奏技巧が要求される第2楽章でも見事な演奏を堪能でき、機会があればソロでもぜひ聴いて見たいピアニストだと思いました。
「偉大なる芸術家の思い出に」は、昨年3月の東京春祭から約1年ぶりになりましたが、今回は、動のヴァイオリンと静のチェロといった印象で、竹澤恭子さんの気持ちを込めた演奏が大変印象的でした。
時には音圧を3db位下げて、もっと音色を大事にしてほしいと思う箇所もありましたが、大変な力演で、堤 剛さんの重厚で安定感のあるチェロとともに、たいへん素晴らしいチャイコフスキーを堪能することができました。
ただ、第1楽章の開始主題が葬送行進曲で締め括られるコーダの部分は、完全ノンビブラートで演奏を締めくくってほしいと思いました。
今回もいつもの後方席で聴きましたが、相変わらず音像が若干大きめで、響きの中で埋もれて3つの楽器がくっきり分離して聴き取れないので、演奏の印象を悪くしているのがとても残念に思いました。

最近のザ・ハーモニーホールは、素晴らしい演奏会の割には、空席がかなり目立つ状態が続いていましたが、今回は、8割程度は席が埋まっていました。

| | コメント (0)

2015年3月19日 (木)

長野総合車両センター 2015-03-19 その2 解体線にクレーン搬入

3月19日午前、解体線に2基のクレーンが搬入されていました。
どの撮影ポイントからも、作業の様子を確認することはできませんでした。

Img_83971_2 Img_84041_2 Img_84191
左から
1-2 解体線へ搬入されたクレーン2基
3 午後1時頃まで、解体線のモハ208-135の停止位置は昨日と変化ありません

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2015-03-19 E257系M116編成出場

Img_822413月19日午前、3月13日に入場したE257系M116編成が、「回送」表示で出場しました。
3月17日午後に、クハE256-16_モハE256-116_モハE257-116が、工場線7番線から移動後に9両に連結されていることから、この3両のいずれかの修繕入場だったと思われます。
右 3月17日、工場線7番線建屋内から移動するE257系M116編成クハE256-16_モハE256-116_モハE257-116

撮影場所 長野総合車両センター
Img_83821 Img_83861
撮影場所 しなの鉄道居町踏切
Img_83881 Img_83901

| | コメント (0)

C1ch CCTV Eスポ(Sporadic E)

3月18日、午前11時頃から1時間余、C1chでCCTVが受像できました。
Eスポによる受像だと思われますが、日本のん速地点で強いEスポは観測されていませんでした。
ただ、17日ら強い地磁気嵐が発生していて、18日も継続中でした。

【臨時 NICT 宇宙天気に関する臨時情報(2015年03月18日 12時10分 (JST))
17日18時00分(JST)の臨時情報でお伝えした地磁気嵐の追加情報です。
気象庁地磁気観測所(柿岡)によると、17日4時45分(UT)に発生した急始型地磁気嵐の地磁気水平成分の変化量は約237nTです。
また、この地磁気嵐は、現在も継続中です。
C1ch CCTV 02:11(UTC)
Img_83111 4975mhz0318

| | コメント (0)

2015年3月18日 (水)

市川海老蔵特別公演「源氏物語」 サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)

Photo_53月18日 開演 18:30 サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)

上田市交流文化芸術センター・開館記念 市川海老蔵特別公演「源氏物語」

出演 市川海老蔵Photo
    片山九郎右衛門、 梅若紀彰、観世喜正、彌勒忠史、市川ぼたん、他

今回の公演では、「歌舞伎」、「オペラ」、「能」を融合させた新しい「源氏物語」を上演・・・・とありましたが、「オペラ」がどう表現されていたのか、ルネッサンス期としても、ほとんど「オペラ」という感覚を感じ取ることはできませんでした。
第1幕「冬の巻」は、エリザベス一世時代に活躍したイギリスの作曲家でリュート奏者、ジョン・ダウランド(1563-1626)がリュートのために作曲した「Flow my tears:あふれよよ我が涙」で幕が上がりましたが、この曲は当時の流行歌であって、オペラではありませんし、挿入曲としての効果は、個人的には、リコーダーよりもカウンターテナーの方が、そして、オペラといえば、ジョン・ダウランドより、ヘンリー・パーセル(「つかの間の音楽」とか)の方が、「源氏物語」としてより強いインパクトが感じられたのではないかと思われました。
第2幕「夏の巻」で、六条御息所が生霊となって夕顔を憑り殺してしまうシーンでは、二人の六条御息所の生霊を登場し、寄り添っていた光源氏と夕顔を引き離していましたが、ここは一人の六条御息所の生霊で、引き離すことのできない愛の力の象徴として、夕顔に寄り添ったまま、光源氏が、なにも対抗できない状況下で、夕顔を憑り殺してしまうという設定のほうが、より一層悲壮感が表現できたように思われました。
そして、今回の公演で最も疑問を感じたのが、第2幕「秋の巻」でした。
横並びの出演者が、まるで光源氏の激励会を開いているようでしたし、最後の煌々と照らされた「光の道」とでも呼びたくなるようなところを進む光源氏には、再び絶望の淵へと突き落とされた「光の君」の姿はそこにはありませんでした。
そしてなんといっても、ステージを煌々と照らす横並びの照明が、客席から丸見えだったのには興ざめしてしまいました。
この「秋の巻」は、「光源氏」と「紫式部」との対話で終わらせて欲しかったと思いましたし、ラストシーンは、静かな音色で奏でられた横笛が響く中、秋の夕暮に遠くに光るかすかな明かりを目指して去ってゆく・・・・、そして、シンメトリックに、第1幕の幕が上がったシーンを再現して紫式部が次の幕を語り始める・・・・そんな終わり方を勝手に想像してしまいました。
照明の当てかたや照度にも、「源氏物語」は、平安時代中期の物語であるという時代考証も時には必要だと思いました。
「秋の巻」を除いては、舞台装置や照明は素晴らしく、「源氏物語」にふさわしい公演だったように思いましたが、この「源氏物語」で何を伝えたかったの、光源氏の人物像等々を含めて、.よく理解することができませんでした。

今回は、サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)開館記念ということで、初めて入館しましたが、響きも自然で余計な反射音もなく、音像もきちんと定位していて、大変好感を持てる良いホールだと感じました。
4月の佐渡裕指揮兵庫芸術文化センター管弦楽団の公演で、響きの良さを再確認したいと思います。

| | コメント (0)

209系ナハ32編成クハ209-68_モハ209-135_モハ208-135解体線へ移動 長野総合車両センター

3月18日午後、通称「廃車置場」19番線の209系ナハ32編成6両のうち、クハ209-68_モハ209-135_モハ208-135が解体線へ移動しました。

209系ナハ32編成 北長野 クハ209-68_モハ209-135_モハ208-135_モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68 長野

Img_83161 Img_83241
Img_83351 Img_83481
Img_83541 Img_83601
Img_83611 Img_83681
1段目左から
1 移動直前の通称「廃車置場」18番線から20番線
2 スイッチャーに牽引されて、移動する209系ナハ32編成
2段目左から
1 工場線1番線から解体線へ移動する209系ナハ32編成
2 解体線でクハ209-68_モハ209-135_モハ208-135を切り離し
3段目左から
1-2 モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68を、通称「廃車置場」16番線へ移動
4段目左から
1-2 移動後の通称「廃車置場」

通称「廃車置場」等留置状況 3月18日現在

長野総合車両センター清掃線横
  211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 209系ナハ32編成(3両)クハ209-68_モハ209-135_モハ208-135_モハ209-136
  16番線 209系ナハ32編成(3両)モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68
   17番線 空き
   18番線 205系ナハ15編成(4両)モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374
   19番線 空き
   20番線 189系N103編成(6両)クハ188-102_モハ189-33_モハ188-33_モハ189-39_モハ188-39_クハ188-602
   21番線 空き
   22番線 183系N104編成(4両モハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032
   23番線 空き
   24番線 115系N16編成(3両)クハ115-1091_モハ114-1137_クモハ115-1563
   25番線 115系N5編成(3両)クハ115-1214_モハ114-1168_クモハ115-1071
   26番線 253系クロ253-1
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2015-03-18 キハ111-111_キハ112-111(小海線)「キハ48形色」塗装変更 出場

3月18日午前、3月5日に小海線全開通80周年を記念の塗装変更のため入場していた、キハ111-111_キハ112-111(小海線)が、「回送」表示で出場しました。

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切
Img_82541 Img_82611
Img_82641 Img_82761
Img_82791 Img_82981
Img_64551_2上段左から
1-2 工場線5番線建屋内o1番線を移動するキハ111-111_キハ112-111(小海線)
中段左から
1 工場線1番線停止位置へ移動する
2 「回送む表示゛で出場して長野駅方面へ
下段左から
1 「回送む表示゛で出場して長野駅方面へ
2 キハ110形の撮影時にはあった189系N103編成の種別幕が、まもなくして取り外されました

右上 3月5日入場時のキハ111-111_キハ112-111(小海線)

| | コメント (0)

2015年3月16日 (月)

189系N103編成最後の自走 入場-構内移動 長野総合車両センター

3月16日午後、留置線から189系N103編成が自走で入場しました。
入場後、スイッチャーに牽引されて、通称「廃車置場」20番線へ移動しました。

189系N103編成 北長野 クハ188-102_モハ189-33_モハ188-33_モハ189-39_モハ188-39_クハ188-602 長野

Img_80521 Img_80571
Img_80751 Img_80841
Img_80871 Img_80921
Img_80961 Img_81021
1段目左から
1-2 留置線から移動する189系N103編成
2段目左から
1 留置線から移動する189系N103編成
2 クハ188-602の先頭部分
3段目左から
1 試運転線へ移動した189系N103編成
2 クハ188-102の先頭部分
4段目左から
1 クハ188-102の先頭部分の側面
2 クハ188-602の先頭部分の側面
Img_81251 Img_81291
Img_81431 Img_81481
Img_81601 Img_81791
Img_81871 Img_81901
1段目左から
1-2 スイッチャーに牽引されて、工場線1番線を移動する189系N103編成
2段目左から
1 クハ188-602
2 通称「廃車置場」20番線へ移動する189系N103編成
3段目左から
1 通称「廃車置場」20番線へ移動する189系N103編成
2 移動後の通称「廃車置場」18番線から20番線
4段目左から
1-2 移動後の通称「廃車置き場」19番線から20番線

Img_82001

通称「廃車置場」等留置状況 3月16日現在

長野総合車両センター清掃線横
  211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 205系ナハ5編成クハ205-100_205系ハエ29編成サハ205-82_205系ナハ5編成クハ204-100+205系ナハ15編成クハ205-138_クハ204-138
  16番線 空き
   17番線 空き
   18番線 205系ナハ15編成(4両)モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374
   19番線 209系ナハ32編成(3両)クハ209-68_モハ209-135_モハ208-135_モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68
   20番線 189系N103編成(6両)クハ188-102_モハ189-33_モハ188-33_モハ189-39_モハ188-39_クハ188-602
   21番線 空き
   22番線 183系N104編成(4両モハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032
   23番線 空き
   24番線 115系N16編成(3両)クハ115-1091_モハ114-1137_クモハ115-1563
   25番線 115系N5編成(3両)クハ115-1214_モハ114-1168_クモハ115-1071
   26番線 253系クロ253-1
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

自走の入場シーンから録画していたつもりだったのですが、録画モードになっていなかったようで、入場シーンは録画されていませんでした。

| | コメント (2)

115系N5編成+N16編成入場-構内移動 長野総合車両センター

3月16日午前、115系N5編成_N16編成が自走で入場しました。
入場後、スイッチャーに牽引されて、115系N5編成は、通称「廃車置場」25番線へ、115系N16編成は、通称「廃車置場」24番線へ移動しました。

北長野 115系N5編成クハ115-1214_モハ114-1168_クモハ115-1071+115系N16編成クハ115-1091_モハ114-1137_クモハ115-1563 長野

Img_79371 Img_79481
Img_79541 Img_79731
Img_79881 Img_79911
Img_80191 Img_80201
1段目左から
1 115系N16編成クモハ115-1563の先頭部分
2 115系N5編成クハ115-1214の先頭部分
2段目左から
1 工場線1番線を移動する115系N5編成_N16編成
2 115系N5編成クモハ115-1071と115系N16編成クハ115-1091の連結部分
3段目左から
1-2 訓練センター線から、通称「廃車置場」25番線へ移動する115系N5編成_N16編成
4段目左から
1 移動後の通称「廃車置場」24番線と25番線
2 通称「廃車置場」25番線の115系N5編成

| | コメント (0)

2015年3月14日 (土)

17640kHz R.Romania Int. SNR Tiganesti E2 DRM

Rrilogo3月14日 05:00~05:27:35(UTC)  17640kHz R.Romania Int. SNR Tiganesti E2 中国語

17860KHzのVOA(チベット語)に対して行われている、中国からの広帯域幅のJamming(妨害電波)ら逃れるためか、17870kHzから周波数が変更されていて、後半には、ときどき中国語の音声が復調できました。

Rri03141

| | コメント (0)

2015年3月13日 (金)

「妙高号」運行最終日 183・189系N101編成 信越線 長野-豊野

3月13日、3月14日(土)の「JR信越線」から「しなの鉄道 北しなの線」への移管に伴い、183・189系を使用した「妙高号」の最後の運行になりました。
今日は、「妙高1号」-「妙高4号」-「妙高3号」-「妙高6号」-回送・入区を、長野-豊野間で撮影しました。

[3321M]妙高1号 撮影場所 信越線七瀬踏切から長野駅方面
Img_75521 Img_75841
[3324M]妙高4号 撮影場所 信越線 火ノ見踏切(豊野-三才)
Img_77161 Img_77241
Img_77401 Img_77441
[3323M]妙高3号 撮影場所 信越線 北条踏切(長野-北長野)
Img_77521 Img_77581
[3326M]妙高6号] 撮影場所 信越線 北長野駅
Img_78651 Img_78681
Img_78751 Img_78791
回送・入区 撮影場所 信越線 北条踏切(長野-長野総合車両センター)
Img_78891 Img_79001

| | コメント (0)

快速「ありがとうJR信越山線」 信越線 豊野-三才(火ノ見踏切)

3月13日午前、115系N23編成+N2編成(湘南色)による、快速「ありがとうJR信越山線」が運行され、信越線の火ノ見踏切(豊野-三才)で撮影してきました。

撮影場所 信越線 豊野-三才 火ノ見踏切
Img_76651 Img_76751
Img_76871 Img_76931
Photo

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2015-03-13 E257系M116編成入場、キハ111-111_キハ112-111(小海線)「キハ48形色」塗装

3月13日午前、長野駅方面から。E257系M116編成が入場しました。
午後になって確認したところ、6両は工場線6番線で確認できました。

Img_76311 Img_78441

3月13日午後、工場線7番線建屋内から、「キハ48形色」に塗装変更された、キハ110形2両が工場線5番線建屋内へ移動しました。
遠くからの撮影で、車体番号は確認できませんが、3月5日に入場したキハ111-111_キハ112-111(小海線)と思われます。
キハ110-121の「キハ52形色」に続く、小海線全開通80周年を記念の塗装変更です。

Img_77741 Img_77781
左から
1-2 工場線7番線建屋内から、5番線建屋内へ移動する、「キハ48形色」2両

| | コメント (0)

205系ナハ15編成クハ205-138_クハ204-138解体線へ移動

3月13日午前、到着した時点で、205系ナハ15編成クハ205-138_クハ204-138が解体線へ移動して、モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374は通称「廃車置場」18番線へ、209系ナハ32編成は、工場線建屋内から通称「廃車置場」19番線戻っていました。

205系ナハ15編成 北長野 クハ205-138_モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374_クハ204-138 長野

Img_76111 Img_76131
Img_76401 Img_78421
Img_77941上段左から
1 205系ナハ15編成クハ205-138が解体線で確認できます
2 通称「廃車置場」18番線の205系ナハ15編成モハ車4両と19番線の209系ナハ32編成
下段左から
1 通称「廃車置場」18番線の205系ナハ15編成モハ車4両
2 解体線で、クハ204-138tが読み取れます

右 移動後の通称「廃車置場

通称「廃車置場」等留置状況 3月13日現在

長野総合車両センター清掃線横
  211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 205系ナハ5編成クハ205-100_205系ハエ29編成サハ205-82_205系ナハ5編成クハ204-100+205系ナハ15編成クハ205-138_クハ204-138
  16番線 空き
   17番線 空き
   18番線 205系ナハ15編成(4両)モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374
   19番線 209系ナハ32編成(3両)クハ209-68_モハ209-135_モハ208-135_モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68
   20番線 空き
   21番線 空き
   22番線 183系N104編成(4両モハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032
   23番線 空き
   24番線 空き
   25番線 空き
   26番線 253系クロ253-1
   27番線 EF63-15_ED62-1

| | コメント (0)

205系ナハ5編成クハ205-100_205系ハエ29編成サハ205-82_205系ナハ5編成クハ204-100解体線へ移動 長野総合車両センター

Img_779013月13日午前、到着した時点で、通称「廃車置場」16番線の、205系ナハ5編成クハ205-100_205系ハエ29編成サハ205-82_205系ナハ5編成クハ204-100が見えなくなっていました。
午後に解体線で、205系ハエ29編成サハ205-82が確認できました。

北長野 205系ナハ5編成クハ205-100_205系ハエ29編成サハ205-82_205系ナハ5編成クハ204-100 長野

| | コメント (0)

2015年3月12日 (木)

快速「信越線スイッチバック号} 115系C1編成「スカ色」 信越線 北長野-豊野

3月12日、今日は、211系チタN22編成の移動で、北長野駅上6番線が空いて、北長野駅3番線の撮影が可能になったので、信越線長野以北最後の定期運用になると思われる、[344M]115系C1編成から撮影を始めました。
115系C1編成撮影の後、石村踏切(信越線 三才-豊野)に移動して、午後1時過ぎの[346M]まで撮影してきました。

[344M]115系C1編成 北長野駅
Img_74031 Img_74151
Img_74221 Img_74231

信越線 石村踏切(三才-豊野)
Img_74371 Img_74421
Img_74521 Img_74561
上段左から
1 [345M]115系N29編成
2 [9351M]115系C1編成 快速「信越線スイッチバック号」
下段左から
1 [9351M]115系C1編成 快速「信越線スイッチバック号」
2 115系S12編成「試運転」
Img_74811 Img_75051Img_75141 Img_75191Img_75211 Img_75411
上段左から
1 [347M]115系N9編成
2 [3324M]189系N102編成 「妙高4号」
中段左から
1-2 [3323M]189系N102編成 「妙高3号」
下段左から
1 [3323M]189系N102編成 「妙高3号」
2 [346M]115系N16編成

| | コメント (0)

2015年3月11日 (水)

E3ch F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E)

3月11日、午後5時過ぎに帰宅した時点で、E3chが映っていました。
日本の4カ所の観測地点での、F2層の臨界周波数は平常値でしたが、午後6時過ぎをピークに、6時30分頃まで受像できました。
E3ch
Img_73441 Img_73841 Img_73901_2
08:53(UTC)                              09:07(UTC)                              09:09(UTC)
5525mhz0311 F20311_3

| | コメント (0)

189系N103編成 「妙高号」 長野-豊野

3月11日、信越線の長野-豊野間で、189系N103編成「妙高号」を撮影しました。

Img_72261 Img_72381
Img_72481 Img_73181
上段左から
1 妙高4号 三才-北長野 八州踏切付近
2 妙高3号 三才-豊野 第2飯山街道踏切横
下段左から
1 妙高3号 三才-豊野 第2飯山街道踏切横
2 妙高6号 北長野-長野 長野総合車両センター-北条踏切

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2015-03-11 キハE200-3(小海線)入場

3月11日午後1時30分頃、長野駅方面からキハE200-3_キハE200-1(小海線)が入区しました。
午後3時30分頃、留置線9番線からキハE200-3_キハE200-1が入場しして、工場線10番線でキハE200-3を切り離し、キハE200-1は元の留置線9番線へ移動しました。
その後、キハE200-3はスイッチャーに牽引されて、工場線7番線建屋内へ移動しました。

Img_72591 Img_72841 Img_72931
Img_72971 Img_73061 Img_73211
上段左から
1 長野駅方面から入区するキハE200-3_キハE200-1(小海線)
2 午後3時30分頃、留置線9番線から移動するキハE200-3_キハE200-1(小海線)
3 今回の入場対象となったキハE200-3の先頭部分
下段左から
1 工場線1番線から10番線へ移動するキハE200-3_キハE200-1(小海線)
2 工場線10番線でキハE200-3を切り離し、キハE200-1が試運転線へ移動
3 スイッチャーに牽引されて、キハE200-3が工場線10番線から7番線建屋内へ移動

| | コメント (0)

211系チタN22編成 北長野上6番線ら長野総合車両センターへ移動

3月11日午前、211系チタN22編成が、北長野駅上6番線から、長野総合車両センター清掃線横に移動していました。
3月14日開業の北しなの線に対応したものと思われます。
右側には、しなの線へ移管される15系N13編成が、「軽井沢ホリデー号」の種別幕で留め置かれていました。

Img_72171 Img_72201
左から
1 長野総合車両センター清掃線横に移動した211系チタN22編成
2 右は、115系N13編成 種別幕は「軽井沢ホリデー号」

| | コメント (0)

13605kHz AIR REGULAR SERVICE、TEST MUSIC DRM

3月10日 22:42~23:15(UTC) 13605kHz AIR REGULAR SERVICE、TEST MUSIC

AIRのDRMのうち、Bangalore送信所らの放送が2系統で送信されています。
信号は強く、SNRも24dBまで上昇しますが信号が不安定で、100%の音声復調はできません。
気のせいか、TEST MUSICの方が、復調率が高いような気がします。

Air1360503111
Air1360503112 Air1360503113

| | コメント (0)

2015年3月10日 (火)

長野総合車両センター 2015-03-10 211系ナノN305編成出場

3月10日午後、1月24日に、篠ノ井線城山トンネル(桑ノ原信号所-稲荷山)付近で、線路上を走行していた軽トラックと衝突して、トンネル内でクハ210-3062が損傷・脱線した、211系ナノN305編成が出場して、留置線14番線へ移動しました。

Img_71891_3 Img_72011_2
左から
1 工場線6番線建屋内から1番線して出場する211系ナノN305編成
2 衝突による修繕対象となったクハ210-3062

| | コメント (0)

209系ナハ32編成構内移動 長野総合車両センター

3月10日午前、通称「廃車置場」20番線の209系ナハ32編成が、装備品取り外しのため、工場線7番線と9番線建屋内へ移動しました。

Img_71331 Img_71361
Img_71681 Img_71601
上段左から
1-2 通称「廃車置場」20番線から移動する209系ナハ32編成
下段左から
1-2 移動後の通称「廃車置場」 徐々に115系の受入体勢が整ってきました

通称「廃車置場」等留置状況 3月10日現在

北長野駅
 上6番線 211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009

工場線
  7番線 209系ナハ32編成(3両)クハ209-68_モハ209-135_モハ208-135
  9番線 209系ナハ32編成(3両)モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68
通称「廃車置場」
   14番線 解体線 209系ナハ52編成(6両)クハ209-2201_モハ209-2201_モハ208-2201_モハ209-2202_モハ208-2202_クハ208-2201
  16番線 205系ナハ5編成クハ205-100_205系ハエ29編成サハ205-82_205系ナハ5編成クハ204-100
   17番線 205系ナハ15編成(6両)クハ205-138_モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374_クハ204-138)
   18番線 空き
   19番線 空き
   20番線 空き
   21番線 空き
   22番線 183系N104編成(4両モハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032
   23番線 空き
   24番線 空き
   25番線 空き
   26番線 253系クロ253-1
   27番線 EF63-15_ED62-1

| | コメント (0)

209系ナハ52編成解体線へ移動 長野総合車両センター

3月10日午前、通称「廃車置場」18番線と21番線の209系ナハ52編成が、解体線へ移動しました。

209系ナハ52編成 北長野 クハ209-2201_モハ209-2201_モハ208-2201_モハ209-2202_モハ208-2202_クハ208-2201 長野

Img_71041 Img_71061
Img_71081 Img_71121
Img_71161 Img_71191
Img_71231 Img_71271
1段目左から
1-2 通称「廃車置場」18番線から、モハ209-2202_モハ208-2202_クハ208-2201を移動
2段目左から
1 クハ208-2201の先頭部分
2 通称「廃車置場」21番線で、クハ209-2201_モハ209-2201_モハ208-2201を連結
3段目左から
1 通称「廃車置場」21番線から、209系ナハ52編成6両が移動
2 クハ208-2201の側面
4段目左から
1-2 解体線へ移動する209系ナハ52編成

| | コメント (0)

211系ナノN610編成(元211系チタN24編成)出場-本線試運転 長野総合車両センター-長野

3月10日午前、211系ナノN610編成(元211系チタN24編成)が[9968M 試運転]表示で出場して、長野駅方面へ向かいました。
昨日の構内試運転時、試運転線へ移動する際に、クハ211-2013の編成札が外されていましたが、今日の出場時も編成札は掲出されていませんでした。

211系ナノN610編成 北長野 クハ210-2013_モハ210-2017_モハ211-2017_モハ210-2016_モハ211-2016_クハ211-2013 長野

撮影場所 長野総合車両センター
Img_70711 Img_70721
左から
1-2 工場線5番線建屋内から1番線を移動する211系ナノN610編成

撮影場所 信越線 鶴賀踏切-七瀬踏切間
Img_70901_2 Img_70971
左から
1-2 出場して長野駅方面へ移動する211系ナノN610編成

211系チタN編成(6両)→211系ナノN編成  3月10日現在

211系チタN1編成    211系ナノN601編成
211系チタN2編成   211系ナノN602編成
211系チタN3編成    211系ナノN603編成
211系チタN4編成   2月26日秋田から配給-3月4日入場(長野色)
211系チタN5編成   211系ナノN605編成
211系チタN6編成   211系ナノN606編成
211系チタN21編成   211系ナノN607編成
211系チタN22編成   北長野上6番線
211系チタN23編成   211系ナノN609編成
211系チタN24編成   211系ナノN610編成 3月10日出場 
211系チタN25編成    211系ナノN611編成
211系チタN26編成   211系ナノN612編成
211系チタN31編成   大宮出場→長野 3月4日(未確認)
211系チタN32編成   「ナノ」改造開始 3月6日入場

| | コメント (0)

2015年3月 9日 (月)

C1ch 中国TV F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E)

Tecmap03093月9日午後4時前から、F2層伝搬によるC1chがかなり強く受像できました。
ピーク時は、昨日よりも強めの映像信号でしたが、午後4時30分頃にはフェードアウトしてしまいました。
午後のピーク時には、山川(鹿児島)では、F2層の臨界周波数が15MHz付近まで上昇していたようです。

C1ch 中国TV
Img_70601_2 Img_70651
06:54(UTC)                                                    06:54(UTC)

| | コメント (0)

CD、DVD、Blu-ray Disc

3月8日、2月下旬に注文していたCDなどがHMVから届きました。
今回は、なんといっても、エマ・カークビーで、オワゾリールに収録した録音を集大成して、12枚のCDになりました。
ルネサンスからバロック、モーツァルトまで、ノン・ビブラートの純粋な歌声で、「天使の声」として完成されたバロック歌唱が堪能できます。
「クラウディオ・アバドとモーツァルト管弦楽団の音楽家たち」は、アバド最後のヨーロッパ・ツアーのドキュメンタリーです。
Cpe
C.P.E.バッハ:室内楽作品集Testament Et Promesses: Works For Violin & Keyboard
幻想曲 ヘ短調 Wq. 80, H. 536 (ヴァイオリンとピアノ編)
スペインの「ラ・フォリア」による12の変奏 Wq. 118/9, H. 263
幻想曲とフーガ ハ短調 Wq. 119/7, H. 75/5
ヴァイオリン・ソナタ ハ短調 Wq. 78, H. 514
ピアノ・ソナタ イ長調 Wq. 55/4, H. 186

 アリス・ピエロ - Alice Pierot (ヴァイオリン)3_2
 アリーヌ・ジルベライヒ - Aline Zylberajch (タンジェント・ピアノ)

ラモー:英雄牧歌劇「ダフニスとエグレー」 (1753)  (DVD)
      舞踏音楽劇「オシリスの誕生、またはパミーユの祭典」 (1754)

 レイナウト・ファン・メヘレン(テノール:ダフニス)
 エロディ・フォナール(ソプラノ:エグレー)
 マガリ・レジェ(ソプラノ:パミリ)
 アルノー・リシャール(バリトン:大祭司)、他
 レザール・フロリサン(古楽器使用/楽団&合唱団)
 ウィリアム・クリスティ(指揮)
 演出:ソフィー・ダヌマン4
 振付:フランソワーズ・ドニオ

ドキュメンタリー「ザ・オーケストラ~クラウディオ・アバドとモーツァルト管弦楽団の音楽家たち」(Blu-ray Disc)

エマ・カークビー・リサイタル全集(12CD)
Disc1:「エリザベス王朝のリュート歌曲集」
Disc2:「田園の対話~16&17世紀イギリスとイタリアのデュエットとダイアローグむ
Disc3:「愛の対話」
Disc4:「初期イタリア・バロック二重唱曲集」Photo
Disc5:「ヘンリー・パーセル歌曲集」
Disc6:「バッハ:コーヒー・カンタータ&農民カンタータ」
Disc7:「バッハ:結婚カンタータ」
Disc8:「ヘンデル、アーン:アリア集む
Disc9:「ヘンデル:イタリアン・カンタータ集」
Disc10:「ヘンデル:イタリアン・カンタータとアリア集」
Disc11:「モーツァルト:アリア集」
Disc12:「モーツァルト:オペラ・アリア集」

 エマ・カークビー(ソプラノ)
 アントニー・ルーリー(リュート:Disc1,2,3,5)
 デイヴィッド・トーマス(バス:Disc2,6,10)
 トレヴァー・ジョーンズ(バス・ヴィオール:Disc2,3)
 マーティン・ヒル(テノール:Disc3)
 アリソン・クラム(バス・ヴィオール:Disc3)
 ジュディス・ネルソン(ソプラノ:Disc4,10)
 コンソート・オブ・ミュージック(Disc4)
 リチャード・キャンベル(ヴィオラ・ダ・ガンバ:Disc5)
 キャサリン・マッキントッシュ(ヴァイオリン:Disc5)
 ロジャーズ・カーヴィー=クランプ(テノール:Disc6)
 アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック(エンシェント室内管弦楽団)(Disc6-12)
 クリストファー・ホグウッド(オルガン、スピネット:Disc5 指揮、チェンバロ:Disc6-12)

J.S.バッハ:音楽の捧げもの BWV.1079Photo_2

 リチェルカール・コンソート
 モード・グラットン(チェンバロ)
 マルク・アンタイ(フルート)
 フランソワ・フェルナンデス(ヴァイオリン)
 フィリップ・ピエルロ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

| | コメント (0)

211系ナノ610編成(元211系チタN24編成)構内試運転 長野総合車両センター

3月9日午前、211系ナノN610編成(元211系チタN24編成)の構内試運転が行われました。

211系ナノN610編成(元211系チタN24編成) 北長野 クハ210-2013_モハ210-2017_モハ211-2017_モハ210-2016_モハ211-2016_クハ211-2013 長野

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切-居町踏切間
Img_69971 Img_70071
Img_70111 Img_70201
Img_70301 Img_70411
Img_70481 Img_70531
1段目左から
1-2 工場線5番線建屋内から1番線を移動する、211系ナノN610編成
2段目左から
1 工場線1番線停止位置へ移動する、211系ナノN610編成
2 クハ210-2013の前面部分
3段目~4段目 試運転線での試運転

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2015-03-09 E257系M109+M205編成出場

3月9日午前、2月17日に検査入場した、E257系M109+M205編成が「試運転」表示で出場して、長野駅方面へ向かいました。

Img_69871 Img_69911 Img_69951
左から
1-3 工場線6番線から1番線へを移動するE257系M109+M205編成

| | コメント (0)

2015年3月 8日 (日)

ムージカ・エマセネポー コンサートシリーズ「FUN!」 あづみ野コンサートホール

3月7日 開演 14:00 あづみ野コンサートホールPhoto_2

~クラリネットとピアノ、二人のストーリー~
Img_67742
プレコンサート
モーツァルト:フルートソナタより
モーツァルト:オペラ「魔笛」より「夜の女王」

モーツァルト:クラリネット五重奏曲 
モーツァルト:オペラ{魔笛}より「恋人か女房があれば」
モーツァルト:オペラ「フィガロの結婚」より「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」Img_67772
クラリネットとパーカッションが出会ったら
 インド昔話の世界を ミキールトモフ、美しきラーマ
クラリネットとギターが出会ったら
 カントリー風に ビーザー マウンティングソングより House carpenter Barbara Allen Cindy
ブラームス:クラリネット・ソナタ 第2番

 musica EMASESNEPO(ムージカ・エマセネポー)
 山口直美(フルート)
 小平真司(クラリネット)
 中村敦子(ピアノ)
 横山晴子(マリンバ、パーカッション)
 斎藤明子(10弦ギター)

昨年10月のコンサートに行けなくて、冬季はコンサートが組まれていないため、約5ヶ月ぶりにあづみ野コンサートホールへ行ってきました。
ムージカ・エマセネポーは、長野県に在住する若手の、フルート、クラリネット、ピアノ、マリンバ、パーカッション、10弦ギターという異色の楽器構成のクラシック演奏家ユニット」で、今回は、クラリネットとピアノによる二重奏をメインに、種々の組み合わせによる二重奏や全員による演奏と、異色の楽器構成ということもあり、たいへん楽しい演奏会でした。
ただ、モーツァルトのクラリネット五重奏曲は、当然ピアノが弦楽部を受け持つわけですが、モーツァルト独特の弦楽部の柔らかで自然に流れるような演奏ではなく、どこか角張って流れを止めるような表現が随所に感じられたのが残念でした。
たしかに旋律はモーツァルトだったのですが、どこかベートーヴェンでも聴いたいるような感覚になりました。
今回聴くことができた5人の演奏家の中で、個人的にはギターの斎藤明子さんの演奏を機会があれば聴いてみたいと思いました。

あづみ野コンサートホールは、今年は開館15周年ということで、「開館15周年企画」が目白押しです。

| | コメント (0)

C1ch 中国TV F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E)

3月8日、午後2時前から、F2層伝搬によるC1chが3時間余り受像できました。
信号はかなり強く、映像も比較的安定していましたが、F2層反射でゴーストが激しく、確認できる映像ではありませんでした。

C1ch 中国TV
Img_69181 Img_69271 Img_69531
05:28(UTC)                              05:32(UTC)                             06:24(UTC)
4975mhz0308 F20308

| | コメント (0)

ありがとう信越線、信越線スイッチバック号 信越線北条踏切-七瀬踏切間

3月8日午前、小雨のあいにくの天候でしたが、信越線北条踏切-七瀬踏切間で、「ありがとう信越線」と「信越線スイッチバック号」を中心に撮影してきました。

撮影場所 信越線 北条踏切-居町踏切-鶴賀踏切-七瀬踏切間
Img_68111 Img_68131
Img_68161 Img_68401
Img_68661 Img_68721
上段左から
1-2 「ありがとう信越線」 9317M 189系N102編成 居町踏切付近
中段左から
1 344M 115系C1編成 鶴賀踏切-七瀬踏切間
2 「信越線」スイッチバック号」 9351M 115系C1編成 七瀬踏切から長野駅方面
下段左から
1-2 「信越線」スイッチバック号」 9351M 115系C1編成 七瀬踏切から長野駅方面

| | コメント (0)

路線案内図 信越線

3月7日、あづみ野コンサートホールに行くため乗車した211系は、現行の路線案内図だったので、撮影しておきました。

Img_67521

| | コメント (0)

2015年3月 6日 (金)

C1ch 中国TV F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E)

3月6日午後4時頃に帰宅した時点で、C1chがなり強く受像できました。
F2層伝搬で、午後6時前にフェードアウトするまで、比較的信号は安定していました。
日中、山川(鹿児島)のF2層臨界周波数が、15MHzを超えていたようです。

C1ch 中国TV
Img_66551 Img_66691 Img_67181
07:19(UTC)                             07:22(UTC)                              08:32(UTC)

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2015-03-06 E257系M109編成構内試運転

3月6日午前、2月17日に検査入場したE257系M109+M205編成のうち、E257系M109編成の構内試運転が行われ、午後になってE257系M205編成が連結されて、出場の準備が整いました。

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切-居町踏切間
Img_65901 Img_65911 Img_65941
Img_66071 Img_66181 Img_66251
Img_66331 Img_66381 Img_66401
上段左から
1-3 工場線6番線から1番線へ移動するE257系M109編成
中段左から
1 試運転線へ移動したE257系M109編成
2-3 試運転線での試運転
下段左から
1-2 試運転線での試運転
3 午後、E257系M205編成が連結されて、工場線1番線までの試運転

| | コメント (0)

211系チタN32編成入場-「ナノ」改造開始 長野総合車両センター

3月6日午前、今週前半に、北長野駅上6番線から留置線へ移動していた211系チタN32編成が、クモユニ143-3に牽引されて入場しました。
入場後、クハ車2両が工場線9番線建屋内へ移動して、「ナノ」改造が開始されたものと思われます。
また、モハ車は工場線11番線と12番線へ移動しました。

211系チタN32編成 北長野 クハ210-2022_モハ210-2030_モハ211-2030_モハ210-2029_モハ211-2029_クハ211-2022 長野

Img_65341 Img_65401
Img_65451 Img_65481
Img_65581 Img_65761
上段左から
1 クモユニ143-3に牽引されて、留置線から移動する211系チタN32編成
2 クハ211-2022とクモユニ143-3の連結部分
中段左からImg_65841
1 試運転線へ移動した211系チタN32編成
2 クハ210-2022の先頭部分
下段左から
1 スイッチャーに牽引されて、工場線1番線を移動する211系チタN32編成 クハ車2両は、工場線9番線建屋内へ移動
2 工場線11番線と12番線へ移動したモハ車4両

右 北長野駅上6番線の211系チタN22編成

通称「廃車置場」等留置状況 3月6日現在

北長野駅
 上6番線 211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 209系ナハ54編成(6両)クハ209-2203_モハ209-2205_モハ208-2205_モハ209-2206_モハ208-2206_クハ208-2203
  16番線 205系ナハ5編成クハ205-100_205系ハエ29編成サハ205-82_205系ナハ5編成クハ204-100
   17番線 205系ナハ15編成(6両)クハ205-138_モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374_クハ204-138)
   18番線 209系ナハ52編成(3両)モハ209-2202_モハ208-2202_クハ208-2201
   19番線 空き
   20番線 209系ナハ32編成(6両)クハ209-68_モハ209-135_モハ208-135_モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68
   21番線 209系ナハ52編成(3両)クハ209-2201_モハ209-2201_モハ208-2201
   22番線 183系N104編成(4両モハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032
   23番線 空き
   24番線 空き
   25番線 空き
   26番線 253系クロ253-1
   27番線 EF63-15_ED62-1

211系チタN編成(6両)→211系ナノN編成  3月6日現在

211系チタN1編成    211系ナノN601編成
211系チタN2編成   211系ナノN602編成
211系チタN3編成    211系ナノN603編成
211系チタN4編成   2月26日秋田から配給(長野色)
211系チタN5編成   211系ナノN605編成
211系チタN6編成   211系ナノN606編成
211系チタN21編成   211系ナノN607編成
211系チタN22編成   北長野上6番線
211系チタN23編成   211系ナノN609編成
211系チタN24編成   211系ナノN610編成 2月27日確認 
211系チタN25編成    211系ナノN611編成
211系チタN26編成   211系ナノN612編成
211系チタN31編成   大宮出場→長野 3月4日(未確認)
211系チタN32編成   「ナノ」改造開始 3月6日入場

| | コメント (0)

2015年3月 5日 (木)

209系ナハ54編成解体線へ移動 長野総合車両センター

3月5日午後4時過ぎ、通称「廃車置場」24番線と25番線の209系ナハ54編成が、ほとんどのドアが開いた状態で解体線へ移動しました。
モハ車両側面には、「部品取り禁止」の貼り紙が貼られたままでした。

209系ナハ54編成 北長野 クハ209-2203_モハ209-2205_モハ208-2205_モハ209-2206_モハ208-2206_クハ208-2203 長野

Img_65021 Img_65051
Img_65061 Img_65081
Img_65141 Img_65201
上段左から
1 通称「廃車置場」24番線と25番線から移動する209系ナハ54編成
2 クハ209-2203
中段目左から
1 試運転線へ移動する209系ナハ54編成
2 クハ208-2203
下段左から
1 工場線1番線から、解体線ー移動する209系ナハ54編成
2解体線へ移動した209系ナハ54編成

通称「廃車置場」等留置状況 3月5日現在

北長野駅
 上6番線 211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009
       211系チタN32編成(6両)クハ210-2022_モハ210-2030_モハ211-2030_モハ210-2029_モハ211-2029_クハ211-2022

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 209系ナハ54編成(6両)クハ209-2203_モハ209-2205_モハ208-2205_モハ209-2206_モハ208-2206_クハ208-2203
  16番線 205系ナハ5編成クハ205-100_205系ハエ29編成サハ205-82_205系ナハ5編成クハ204-100
   17番線 205系ナハ15編成(6両)クハ205-138_モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374_クハ204-138)
   18番線 209系ナハ52編成(3両)モハ209-2202_モハ208-2202_クハ208-2201
   19番線 空き
   20番線 209系ナハ32編成(6両)クハ209-68_モハ209-135_モハ208-135_モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68
   21番線 209系ナハ52編成(3両)クハ209-2201_モハ209-2201_モハ208-2201
   22番線 183系N104編成(4両モハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032
   23番線 空き
   24番線 空き
   25番線 空き
   26番線 253系クロ253-1
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2015-03-05 その2 キハ111-111_112-111(小海線)検査入場、211系ナノN305編成構内移動

3月5日午後、長野駅方面から、キハ111-111_キハ112-111(小海線)が検査入場しました。

Img_64551 Img_64661

Img_649013月5日午後、1月24日午後7時30分頃、篠ノ井線城山トンネル(桑ノ原信号所-稲荷山)付近で、線路上を走行していた軽トラックと衝突して、トンネル内でクハ210-3062が損傷・脱線した、211系ナノN305編成が修繕のため1月28日に入場していましたが、損傷部分の修繕が完了したようで、工場線7番線建屋内でクハ210-3062と、工場線8番線から移動したモハ210-3062_クモハ211-3062が連結されて、工場線10番線へ移動しました。
右 損傷部分の修繕が終わり、移動するクハ210-3062

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2015-03-05 その1 E257系M205編成構内試運転

3月5日午前、2月17日に検査入場したE257系M109+M205編成のうち、E257系M205編成の構内試運転が行われました。

撮影場所 長野総合車両センター-信越線北条踏切-居町踏切間
Img_63841 Img_63891
Img_63931 Img_63981Img_64061 Img_64191
Img_64271 Img_64401
1段目左から
1-2 工場線10番線から1番線を移動するE257系M205編成
2段目左から
1-2 工場線1番線から試運転線へ移動するE257系M205編成
3段目~4段目 試運転線での試運転 長野総合車両センター北条踏切-居町踏切間

| | コメント (0)

211系ナノ610編成(元211系チタN24編成)構内移動 長野総合車両センター

Img_645313月5日午前、昨日は帰りが夜半だったことと、E257系M205編成の試運転の時間に合わせて10時過ぎにでかけたのですが、到着した時点で、211系ナノN610編成(元211系チタN24編成)が6両に連結されて、通称「廃車置場」から工場線5番線建屋内へ移動していました。
来週には構内試運転が行われるものと思われ、3月14日のダイヤ改正には間に合いそうです。

| | コメント (0)

ビオンディ&エウローパ・ガランテのヴィヴァルディ ザ・ハーモニーホール

3月4日 開演 19:00 ザ・ハーモニーホールPhoto_2

シンフォニア、~「テルモンドンテに向かうヘラクレス」RV710より
スターバト・マーテル RV621 *
"残酷な運命に打ちひしがれた魂は"、「忠実なニンフ」RV714より *
"2つの風にかき乱され"、「アテナイの人びと」RV695より *Photo
「メッシーナの信託」より 第3幕 エピーディテイのアリア *
ヴァイオリン協奏曲集「和声と創意の試み」、Op.8より「四季」
アンコール
「四季」~「夏』第3楽章 プレスト
「四季」~「冬」第2楽章 ラルゴ

 メゾ・ソプラノ:ヴィヴィカ・ジュノー *
 音楽監督/ヴァイオリン:ファビオ・ビオンディ
 エウローパ・ガランテ

編集中・・・・・

| | コメント (0)

路線案内図 しなの鉄道北しなの線、えちごトキめき鉄道

3月4日夜、大糸線島内駅から乗車した211系で、路線案内図が更新されていました。

Img_63691_2

| | コメント (0)

209系ナハ32編成入場-構内移動 長野総合車両センター

3月4日午後、昨日配給された209系ナハ32編成が、留置線らクモユニ143-1に牽引されて入場しました。
入場後、スイッチャーに牽引されて、通称「廃車置場」20番線へ移動しました。

209系ナハ32編成 北長野 クハ209-68_モハ209-135_モハ208-135_モハ209-136_モハ208-136_クハ208-68 長野

Img_62821 Img_62941
Img_63011 Img_63211
Img_63251 Img_63281
Img_63321 Img_63371
Img_63511 Img_63571
1段目左から
1-2 クモユニ143-1に牽引されて、留置線から移動する209系ナハ32編成
2段目左から
1 試運転線へ移動した209系ナハ32編成
2 スイッチャーに牽引されて、工場線1番線を移動する209系ナハ32編成
3段目左から
1 クハ208-68とスイッチャーの連結部分
2 通称「廃車置場」20番線へ移動する209系ナハ32編成
4段目左から
1 通称「廃車置場」20番線へ移動する209系ナハ32編成
2 移動後の通称「廃車置場」18番線~20番線
5段目左から
1 移動後の通称「廃車置場」
2 移動後の通称「廃車置場」18番線~20番線

| | コメント (0)

2015年3月 4日 (水)

長野総合車両センター 2015-03-04 E127系V5編成(新潟車)出場-本線試運転

3月4日午後、E127系V5編成(新潟車)が「試運転」表示で出場して、長野駅から信越線を下りました。

Img_62651 Img_62681 Img_62731
左から
1-2 工場線1番線建屋内方面から出場するE127系V5編成(新潟車)
3 長野駅から信越線下り方面へ

| | コメント (0)

211系チタN4編成(長野色)入場 長野総合車両センター

3月4日午前、2月26日に秋田から配給された211系チタN4編成が、留置線からクモユニ143-1に牽引されて入場しました。

211系チタN4編成 北長野 クハ210-4_モハ210-8_モハ211-8_モハ210-7_モハ211-7_クハ211-4 長野

Img_62221 Img_62271
Img_62311 Img_62361
Img_62411 Img_62491
上段左から
1-2 クモユニ143-1に牽引されて、留置線から移動する211系チタN4編成(長野色)
中段左から
1 クハ211-4とクモユニの連結部分
2 試運転線へ移動した211系チタN4編成(長野色)
下段左から
1 クハ210-4の先頭部分 かなり、汚れが目立ちます
2 工場線1番線を移動する211系チタN4編成(長野色)

| | コメント (0)

2015年3月 3日 (火)

205系ナハ17編成が解体線へ移動 長野総合車両センター

3月3日午前、通称「廃車置場」20番線の205系ナハ17編成が解体線へ移動しまし­た。

205系ナハ17編成 北長野 クハ204-136_モハ204-369_モハ205-369_モハ204-367_モハ205-367_クハ205-136 長野

Img_61771 Img_61791
Img_61821 Img_61841
Img_61871 Img_61931
上段左から
1 スイッチャーが通称「廃車置場」20番線へ移動
2 205系ナハ17編成が、通称「廃車置場」20番線から移動
中段左から
1-2 クハ205-136
下段左から
1-2 工場線1番線から解体線へ移動する205系ナハ17編成

移動後の通称「廃車置場」
Img_61961 Img_62011

通称「廃車置場」等留置状況 3月3日現在

北長野駅
 上6番線 211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009
       211系チタN32編成(6両)クハ210-2022_モハ210-2030_モハ211-2030_モハ210-2029_モハ211-2029_クハ211-2022

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 205系ナハ17編成(6両)クハ204-136_モハ204-369_モハ205-369_モハ204-367_モハ205-367_クハ205-136
  16番線 205系ナハ5編成クハ205-100_205系ハエ29編成サハ205-82_205系ナハ5編成クハ204-100+211系ナノN610編成モハ210-2017_モハ211-2017
   17番線 205系ナハ15編成(6両)クハ205-138_モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374_クハ204-138)
   18番線 209系ナハ52編成(3両)モハ209-2202_モハ208-2202_クハ208-2201
   19番線 211系ナノN610編成クハ210-2013_モハ210-2016_モハ211-2016_クハ211-2013
   20番線 空き
   21番線 209系ナハ52編成(3両)クハ209-2201_モハ209-2201_モハ208-2201
   22番線 183系N104編成(4両モハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032
   23番線 空き
   24番線 209系ナハ54編成(3両)モハ209-2206_モハ208-2206_クハ208-2203
   25番線 209系ナハ54編成(3両)クハ209-2203_モハ209-2205_モハ208-2205
   26番線 253系クロ253-1
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

| | コメント (0)

2015年3月 2日 (月)

長野総合訓練センター 2015-03-02 115系N1編成出場、115系N4編成入場

3月2日午後1時過ぎ、長野総合訓練センター線から、115系N1編成が留置線15番線へ移動しました。

Img_60541 Img_60571
Img_60641 Img_60751
上段左から
1-2 訓練センター線を移動する115系N1編成
下段左から
1 試運転線へ移動した115系N1編成
2 留置線15番線へ移動する115系N1編成

3月2日午後3時過ぎ、留置線から115系N4編成が移動して、長野総合訓練センター線へ移動しました。

Img_61601 Img_61681
Img_61721 Img_61741
上段左から
1-2 留置線から移動する115系N4編成
下段左から
1 試運転線へ移動した115系N4編成
2 長野総合訓練センター線を移動する115系N4編成

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2015-03-02 その2 115:系N31編成(新潟車)出場-本線試運転、E127系V5編成(新潟車)構内試運転

3月2日午後、検査入場していた(撮影データがないため入場日不明)、115系N31編成(新潟車)が「試運転」表示で出場して、長野駅から信越線を下りました。

撮影場所 長野総合車両センター、長野-北長間
Img_60361 Img_60381 Img_60471
左から
1-2 工場線10番線から1番線を移動する115系N31編成(新潟車)
3 長野駅から、信越線下り方面へ 長野-北長野 長野総合車利用センター横

3月2日午後、、1月9日に検査入場して、2月26日に出場-本線試運転を行った、E127系V5編成(新潟車)が再入場していたようで、3往復の構内試運転が行われました。

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切-居町踏切間
Img_60831 Img_60871 Img_61101
Img_61251 Img_61391 Img_61411
上段左から
1-2 工場線5番線建屋内から1番線を移動するE127系V5編成(新潟車)
3 試運転線での試運転
下段左から
1-2 試運転線での試運転
3 3往復の構内試運転を終えて、工場線1番線へ移動するE127系V5編成(新潟車)

| | コメント (0)

205系ナハ14編成モハ205-365_モハ204-365解体線へ移動 長野総合車両センター

3月2日午前、通称「廃車置場」26番線の205系ナハ14編成(2両)モハ205-365_モハ204-365が、解体線へ移動しました。

205系ナハ14編成 北長野 モハ205-365_モハ204-365 長野 

Img_59271 Img_59361
Img_59371 Img_59401
上段左から
1 通称「廃車置場」26番線から訓練センター線を移動する205系ナハ14編成モハ205-365_モハ204-365
2 工場線1番線を移動する205系ナハ14編成モハ205-365_モハ204-365
下段左から
1-2 工場線1番線から解体線へ移動する205系ナハ14編成モハ205-365_モハ204-365

通称「廃車置場」等留置状況 3月2日現在

北長野駅
 上6番線 211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009
       211系チタN32編成(6両)クハ210-2022_モハ210-2030_モハ211-2030_モハ210-2029_モハ211-2029_クハ211-2022

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 205系ナハ14編成(2両)モハ205-365_モハ204-365
  16番線 205系ナハ5編成クハ205-100_205系ハエ29編成サハ205-82_205系ナハ5編成クハ204-100+211系ナノN610編成モハ210-2017_モハ211-2017
   17番線 205系ナハ15編成(6両)クハ205-138_モハ205-373_モハ204-373_モハ205-374_モハ204-374_クハ204-138)
   18番線 209系ナハ52編成(3両)モハ209-2202_モハ208-2202_クハ208-2201
   19番線 211系ナノN610編成クハ210-2013_モハ210-2016_モハ211-2016_クハ211-2013
   20番線 205系ナハ17編成(6両)クハ204-136_モハ204-369_モハ205-369_モハ204-367_モハ205-367_クハ205-136
   21番線 209系ナハ52編成(3両)クハ209-2201_モハ209-2201_モハ208-2201
   22番線 183系N104編成(4両モハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032
   23番線 空き
   24番線 209系ナハ54編成(3両)モハ209-2206_モハ208-2206_クハ208-2203
   25番線 209系ナハ54編成(3両)クハ209-2203_モハ209-2205_モハ208-2205
   26番線 253系クロ253-1
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2015-03-02 その1 183系N104編成入場-構内移動

3月2日午前、留置線から、183系N104編成が入場して、クハ車2両は工場線11番線に、モハ車4両は通称「廃車置場」22番線へ移動しました。

183系N104編成 北長野 クハ183-1527_モハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032_クハ182-102 長野

Img_58621 Img_58701
Img_58841 Img_58861
Img_58891 Img_58951
Img_58961 Img_59011
1段目左から
1-2 留置線から移動する183系N104編成
2段目左から
1 クハ182-102
2 試運転線へ移動する183系N104編成
3段目左ら
1 試運転線へ移動した183系N104編成
2 クハ183-1527の先頭部分
4段目左から
1 クハ183-1527の側面
2 工場線1番線を移動する183系N104編成
Img_59061 Img_59071
Img_59161 Img_59591
Img_59751 Img_59871
Img_59921 Img_61491
1段目左から
1 クハ182-102の側面
2 工場線1番線を移動する183系N104編成
2段目左ら
1 工場線1番線を移動する183系N104編成
2 スイッチャーに牽引されて、クハ183-1527を工場線11番線で切り離し、5両で移動する183系N104編成
3段目左から
1 通称「廃車置場」22番線へ移動する183系N104編成5両
2 通称「廃車置場」22番線でモハ4両を切り離し、クハ182-102を工場線1番線へ移動
4段目左から
1 工場線1番線から11番線へ移動するクハ182-102
2 通称「廃車置場」22番線のモハ1823-1054_モハ182-1054_モハ183-1032_モハ182-1032

| | コメント (0)

2015年3月 1日 (日)

SONY FDR-AX30

Fdrax30数日前、4K対応のビデオカメラ、SONY FDR-AX30が届きました。
今日から撮影を始めましたが、編集ソフトEDIUS Neo3との互換を保つため、AVCHD FXモードで撮影しています。
リモコン端子がマルチ/マイクロUSB端子のため、リモコン三脚も新たに注文しました。
今後の動画は、SONY FDR-AX30とCanon EOS Mで撮影することになります。

| | コメント (0)

快速ありがとう信越線 189系N102編成 長野-北長野

3月1日午前、3月14日に信越本線の長野~直江津間が、しなの鉄道北しなの線・えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインへ経営移管されるのを前に、今日から土曜・日曜に、長野~直江津間で臨時快速列車が運行され、今日は189系N102編成で、ヘッドマークは「臨時」でした。
また、[344M]は115系C1編成「スカ色」が運用されていました。

撮影場所 信越線 長野-北長野 北条踏切、北条踏切-長野総合車両センター間
Img_58231 Img_58251
Img_58311 Img_58411
上段左から
1 「快速 ありがとう信越線」 189系N102編成 北条踏切で撮影
2~下段 [344M]は115系C1編成「スカ色」 長野総合車両センター-北条踏切間

運転日 3月1日 189系 特急あさま色
      3月7日 189系 国鉄色
      3月8日 189系 特急あさま色
Photo

今日から、ビデオカメラはSONY FDR-AX30で撮影しています(

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »