« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

17645kHz STF Radio International Broadcast #2

Stf111月30日 04:59~06:00(UTC) 17645kHz STF Radio International Broadcast #2 (Trincomalee, Sri Lanka)

日本時間14時から15時に17645kHzのアジア向けを受信しました。
デジタルモードが何回かあり、録画を再生したところ、MFSK32でメッセージが再生でき、17645kHzはスリランカ送信が確認できました。
画像も幾つか復調できましたが、14:51(JST)のMFSK32-2500は復調できませんでした。

Stf4
Stf5_3 Stf6_2
MFSK64-2000                                                      MFSK64-2000
Stf3 Stf2_3
17645kHz STF Radio International 04:59s/on~05:10(UTC)
17645kHz STF Radio International 05:49~06:00s/off(UTC)

| | コメント (0)

2014年11月29日 (土)

C1ch~C2ch CCTV Eスポ(Sporadic E)

11月28日午後5時40分頃から7時20分頃にかけて、C1chとC2chでCCTVが受像できました。
日本や韓国のの観測地点で強いEスポは観測されていませんでしたが、久しぶりのEスポ受信でした。
C1chとC2chがともにCCTVだったので、西方向のEスポと思われます。

C1ch~C2ch CCTV
Img_73341 Img_73401 Img_73461
C1ch 08:44(UTC)                      C1ch 08:45(UTC)                     C2ch 08:48(UTC)
Img_73601 Img_73661 Img_73671
C1ch 08:57(UTC)                      C2ch 09:01(UTC)                    C1ch 09:04(UTC)

| | コメント (0)

2014年11月28日 (金)

長野総合車両センター 2014-11-28 E257系M110編成検査入場、115系N7編成「しなの鉄道改造」構内試運転

11月28日午前、E257系M110編成が検査入場しました。
今回は、工場線10番線へ移動することなく、3両ずつ工場線9番線へ移動しました。

Img_71811 Img_72091 Img_72361
左から
1 入場して工場線1番線を移動するE257系M110編成
2 スイッチャーに牽引されて、工場線1番線を移動するE257系M110編成
3 3両ずつ工場線9番線へ移動したため、8番線と9番線で移動待

11月28日午後、9月26日に検査入場した115系N7編成が、「しなの鉄道改造」を終えて構内試運転を行いました。
今日は、4往復の構内試運転が行われ、撮影枚数が多くなりました。

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切-居町踏切間
Img_72531 Img_72591 Img_72631
Img_72651 Img_72711 Img_72851
Img_72941 Img_72991 Img_73011
Img_73051 Img_73171 Img_73211
1段目左から
1-2 工場線5番線建屋内から1番線を移動する115系N7編成
3 クモハ115-1070の先頭部分
2段目左から
1 試運転線へ移動した115系N7編成
2 クハ115-1213の先頭部分
3 試運転線での試運転
3段目~4段目 試運転線での試運転 4段目右は、北条踏切を通過する115系N7編成

| | コメント (0)

ホキ800形ホキ1154構内移動 長野総合車両センター

11月28日午前、通称「廃車置場」26番線のホキ1154が、工場線12番線へ移動しました。

Img_71561 Img_71661 Img_71741
左から
1 通称「廃車置場」26番線から訓練センター線を移動するホキ1154
2-3 工場線1番線を移動するホキ1154

通称「廃車置場」等留置状況 11月28日現在

北長野駅
 上6番線 211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009

工場線
 12番線 ホキ1154

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004
   16番線 115系S14編成クモハ115-505_クモハ114-505+115系S13編成クモハ115-502_クモハ114-502
   17番線 空き
   18番線 空き
   19番線 205系ナハ51編成(6両)クハ205-1206_モハ205-40_モハ204-40_モハ205-46_モハ204-46_クハ204-1206
   20番線 205系ナハ49編成(6両)クハ205-1204_モハ205-28_モハ204-28_モハ205-30_モハ204-30_クハ204-1204
   21番線 115系C8編成(3両)クハ115-1005_モハ114-1140_モハ115-1076
   22番線 115系C8編成(3両)モハ114-1041_モハ115-1011_クハ115-1512
   23番線 空き
   24番線 空き
   25番線 空き
   26番線 253系クロ253-1
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

| | コメント (0)

2014年11月27日 (木)

211系チタN32編成配給 北長野駅

11月27日午後、EF64-1031に牽引されて、211系チタN32編成が直江津方面から配給されました。

撮影場所 北長野駅
Img_71001 Img_71051 Img_71131
Img_71241 Img_71281 Img_71391
上段左から
1-3 EF64-1031に牽引されて北長野駅2番線へ入選する211系チタN32編成 13:59
下段左から
1 クハ210-2022の前面部分
2 ホームを超えてかなりながり寄りで停車
3 長野総合車両センターへ移動する211系チタN32編成 14:05

211系チタN編成(6両)→211系ナノN編成  11月27日現在

211系チタN1編成    211系ナノN601編成
211系チタN2編成   211系ナノN602編成
211系チタN3編成    211系ナノN603編成
211系チタN5編成   211系ナノN605編成
211系チタN6編成   211系ナノN606編成 11月27日出場 
211系チタN21編成   「ナノ」改造開始 9月8日
211系チタN22編成  11月12日配給 北長野駅上6番線
211系チタN23編成   11月17日出場 編成番号未確認
211系チタN24編成  「ナノ」改造開始 10月31日
211系チタN25編成    211系ナノN611編成
211系チタN32編成  11月26日から27日、青森から配給

| | コメント (0)

長野総合車両センター-北長野 2014-11-27 E127系V1編成(新潟車)出場-本線試運転

11月27日午後、10月8日に検査入場したE127系V1編成(新潟車)が「試運転」表示で出場して、長野駅から信越線を下りました。
入場日数が長いことや、ラッピングされたまま出場していることから、検査入場以外の理由で入場していたことも考えられます。

Img_63531 Img_66941
左 11月21日 工場線7番線建屋内から5番線建屋内へ移動するE127系V1編成(新潟車)
右 11月25日 工場線5番線建屋内から1番線建屋内へ移動するE127系V1編成(新潟車)

11月27日午後 北長野駅
Img_70691 Img_70711

| | コメント (0)

211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004解体線へ 長野総合車両センター

11月27日午前、通称「廃車置場」18番線の211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004が解体線へ移動しました。

211系タカC7編成 北長野 サロ213-1004_サロ210-1004 長野

Img_70031 Img_70101 Img_70141
Img_70221 Img_70271 Img_70361
Img_70441 Img_70491 Img_70511
上段左から
1 試運転を終えて[試9967M]で入区する211系ナノN606編成の右で、スイッチャーが通称「廃車置場」18番線へ移動
2-3 通称「廃車置場」18番線から移動する211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004+211系元チタN24編成モハ210-2017_モハ211-2017(長野色)
中段左から
1-3 工場線1番線から解体線へ移動する211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004+211系元チタN24編成モハ210-2017_モハ211-2017(長野色)
下段左から
1 解体線で211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004を切り離し、211系元チタN24編成モハ210-2017_モハ211-2017(長野色)は、工場線11番線へ移動
Img_707912-3 移動後の通称「廃車置場」と解体線

通称「廃車置場」等留置状況 11月27日現在

注:211系チタN22編成は、11月11日から12日にかけて、青森から配給されました

北長野駅
 上6番線 211系チタN22編成(6両)クハ210-2009_モハ210-2011_モハ211-2011_モハ210-2010_モハ211-2010_クハ211-2009 (右)

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004
   16番線 115系S14編成クモハ115-505_クモハ114-505+115系S13編成クモハ115-502_クモハ114-502
   17番線 空き
   18番線 空き
   19番線 205系ナハ51編成(6両)クハ205-1206_モハ205-40_モハ204-40_モハ205-46_モハ204-46_クハ204-1206
   20番線 205系ナハ49編成(6両)クハ205-1204_モハ205-28_モハ204-28_モハ205-30_モハ204-30_クハ204-1204
   21番線 115系C8編成(3両)クハ115-1005_モハ114-1140_モハ115-1076
   22番線 115系C8編成(3両)モハ114-1041_モハ115-1011_クハ115-1512
   23番線 空き
   24番線 空き
   25番線 空き
   26番線 253系クロ253-1+ホキ1154
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

動画 映像のはじめに211系が右から左に横切りますが、本線試運転を終えて[試9967M]で入区する211系ナノN606編成です。

| | コメント (0)

211系チタN24編成モハ210-2016_モハ211-2016「長野色」構内移動 長野総合車両センター

11月27日午前、工場線9番線建屋内から、211系チタN24編成モハ211-2016とモハ210-2016「長野色」が、仮台車で17番線建屋内へ移動しました。

211系チタN24編成 北長野 クハ210-2013_モハ210-2017_モハ211-2017_モハ210-2016_モハ211-2016_クハ211-2013 長野

モハ211-2016が仮台車で、工場線9番線建屋内から17番線建屋内へ移動
Img_69821 Img_69841 Img_69871
モハ210-2016が仮台車で、工場線9番線建屋内から17番線建屋内へ移動
Img_69941 Img_69971 Img_70021

| | コメント (0)

211系ナノN606編成出場-本線試運転 長野総合車両センター

11月27日午前、211系ナノN606編成が[試9968M]で出場して、長野駅方面へ向かいました。

211系ナノN606編成 北長野 クハ210-6_モハ210-12_モハ211-12_モハ210-11_モハ211-11_クハ211-6 長野

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切  1/100秒で撮影
Img_69431 Img_69471 Img_69521
Img_69701 Img_69721 Img_69761
上段左から
1-3 工場線6番線建屋内から1番線を移動する211系ナノN606編成
下段左から
1-3 [試9968M]で出場して、長野方面へ向かう211系ナノN606編成

| | コメント (0)

2014年11月26日 (水)

115系S14編成+115系S13編成(新潟車)入場-構内移動 長野総合車両センター

11月26日午後、115系S14編成+115系S13編成+115系L12編成(新潟車)が8両編成で入場し、115系S14編成+115系S13編成は通称「廃車置場」16番線へ移動しました。

Img_68911 Img_68971 Img_69031
Img_69121 Img_69221 Img_69351
上段左から
1-2 スイッチャーに牽引されて移動する115系S14編成+115系S13編成
3 115系S13編成クモハ114-502とスイッチャーの連結部分
下段左から
1-2 通称「廃車置場」16番線へ移動する115系S14編成+115系S13編成
3 移動後の通称「廃車置場

通称「廃車置場」等留置状況 11月26日現在

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 115系C6編成(6両)クハ115-436_モハ114-385_モハ115-359_モハ114-366_モハ115-340_クハ115-365
   16番線 115系S14編成クモハ115-505_クモハ114-505+115系S13編成クモハ115-502_クモハ114-502
   17番線 空き
   18番線 211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004+211系元チタN24編成モハ210-2017_モハ211-2017
   19番線 205系ナハ51編成(6両)クハ205-1206_モハ205-40_モハ204-40_モハ205-46_モハ204-46_クハ204-1206
   20番線 205系ナハ49編成(6両)クハ205-1204_モハ205-28_モハ204-28_モハ205-30_モハ204-30_クハ204-1204
   21番線 115系C8編成(3両)クハ115-1005_モハ114-1140_モハ115-1076
   22番線 115系C8編成(3両)モハ114-1041_モハ115-1011_クハ115-1512
   23番線 空き
   24番線 空き
   25番線 空き
   26番線 253系クロ253-1+ホキ1154
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2014-11-26 115系L12編成(新潟車)検査入場

11月26日午後、115系S14編成+115系S13編成+115系L12編成(新潟車)が8両編成で入場しました。
そのうち、115系L12編成(新潟車)は検査入場で、工場線10番線と9番線建屋内へ移動しました。

北長野 115系S14編成_115系S13編成_115系L12編成 長野

Img_68271 Img_68301 Img_68321
Img_68341 Img_68361 Img_68451
Img_68521 Img_68611 Img_68721
上段左から
1 留置線方面から移動する 115系S14編成_115系S13編成_115系L12編成(新潟車)
2 115系S13編成クモハ114-502と115系L12編成クモハ115-1024の連結部分
3 115系S014編成クモハ114-505と115系S13編成クモハ115-502の連結部分
中段左から
1 試運転線へ移動した115系S14編成_115系S13編成_115系L12編成(新潟車)
2 115系S14編成クモハ115-505の先頭部分
3 工場線1番線を移動する115系S14編成_115系S13編成_115系L12編成(新潟車)
下段左から
1 115系L12編成クハ115-1055と205系
2 工場線10番線へ移動する115系L12編成
3 115系L12編成クハ115-1024が、工場線10番線から9番線建屋内へ移動

| | コメント (0)

211系ナノN606編成(元211系チタN6編成)構内試運転 長野総合車両センター

11月26日午前、10月28日から29日にかけて秋田から配給され、11月5日に検査入場した211系元チタN6編成が、「606」の編成札で構内試運転を行いました。

211系ナノN606編成 北長野 クハ210-6_モハ210-12_モハ211-12_モハ210-11_モハ211-11_クハ211-6 長野

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切-居町踏切間
Img_67411 Img_67471 Img_67491
Img_67571 Img_67591 Img_67661
Img_67711 Img_67821 Img_67901
上段左から
1 工場線6番線建屋内から移動する211系ナノN606編成
2 クハ211-6の先頭部分Img_68151
3 工場線1番線停止位置へ移動する211系ナノN606編成
中段左から
1 試運転線へ移動するクハ211-6の先頭部分 編成札が外されています
2 試運転線へ移動した211系ナノN606編成
3 クハ210-6の先頭部分
下段左から
1-3 試運転線での試運転

211系チタN編成(6両)→211系ナノN編成  11月26日現在

211系チタN1編成    211系ナノN601編成
211系チタN2編成   211系ナノN602編成
211系チタN3編成    211系ナノN603編成
211系チタN5編成   211系ナノN605編成
211系チタN6編成   211系ナノN606編成 11月26日構内試運転 
211系チタN21編成   「ナノ」改造開始 9月8日
211系チタN22編成  11月12日配給
211系チタN23編成   11月17日出場 編成番号未確認
211系チタN24編成  「ナノ」改造開始 10月31日
211系チタN25編成    211系ナノN611編成

| | コメント (0)

2014年11月25日 (火)

長野総合車両センター 2014-11-25 115系N7編成「しなの鉄道改造」構内移動

11月25日午前、9月26日に入場した115系N7編成が、工場線11番線と12番線から5番線建屋内へ移動しました。

雨降りで視界が悪く、不鮮明な画像で見づらくなっています(補正なし)
Img_66951 Img_67151
Img_67152 Img_67201
上段左から
1 工場線11番線建屋内から移動する115系N7編成クモハ115-1070
2 工場線12番線でモハ114-1167_クハ115-1213を連結して移動
下段左から
1 クモハ115-1070の拡大
2 工場線5番線建屋内へ移動する115系N7編成「しなの鉄道改造」

| | コメント (0)

2014年11月24日 (月)

C1ch、中国TV F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E)

11月24日、久しぶりに、午前11時20分頃から正午頃にかけて、F2層伝搬によるC1chがかなり強く受像できました。
午前中は稚内(北海道)、国分寺(東京)及び山川(鹿児島)の観測地点で、F2層の臨界周波数がやや高めに推移していて午後の受像に期待したのですが、午後になってほぼ平常値に戻ってしまいました。

C1ch 中国TV 02:28(UTC)                                              C1ch 02:30(UTC)
Img_66821_4 Img_66871_3 4975mhz1124_7

| | コメント (0)

CD

111月24日、10月5日に注文したCDがHMVから届きました。
シュタイアーのシューマンは、1837年エラール製のフォルテピアノによる演奏です。
モーツァルトのレクィエムは、 2013年12月の神戸松蔭女子学院大学チャペルでのライブで、モーツァルトの自筆譜に未完の作品を補筆したアイブラー及びジュスマイヤーの手稿譜をもとにして、鈴木優人が補筆校訂した版による演奏です。
レイチェル・ポッジャーによる、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ全集は、2004年6月~2008年4月の録音で、ボックス・セットとして発売されたものです。
5
シューマン:アベッグ変奏曲、幻想小曲集、主題と変奏、3つの幻想的小曲、他
 アンドレアス・シュタイアー(フォルテピアノ) 

モーツァルト:レクィエム ニ短調 K.626(アイブラー、ジュスマイヤー~鈴木優人補筆校訂編)、ヴェスペレ、奇しきラッパの響き(異稿)
 キャロリン・サンプソン(ソプラノ)
 マリアンネ・ベアーテ・キーラント(アルト)
 櫻田 亮(テノール)Photo
 クリスティアン・イムラー(バス)
 鈴木雅明(指揮)
 バッハ・コレギウム・ジャパン

ショパン:ワルツ集、マズルカ集
 ジャン=マルク・ルイサダ(2013)

ベートーヴェン:ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」、クルピンスキ:モPhoto_2ジャイスクの戦い 
 ブリュッヘン&18世紀オーケストラ(2005年、2013年ワルシャワ・ライヴ)

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ全集(8CD)
 レイチェル・ポッジャー(ヴァイオリン)
 ゲイリー・クーパー(フォルテピアノ、チェンバロ:Disc8)
 アリソン・マギリヴリー(チェロ:Disc8)

| | コメント (0)

2014年11月22日 (土)

2014-11-22 午後10時8分頃 長野県北部で震度6弱(M6.8)の地震

112211月22日午後10時8分頃、長野県北部を震源とする震度6弱(M6.8)の地震が発生し、当地(長野市若穂保科)でも震度5程度と思われる揺れを感じました。
ときどき弱い余震があり、震度1から2程度の揺れが続いていますが、今回の地震は、北西-南東方向に圧力軸を持つ逆断層型で、震源地から東側で比較的強い揺れが観測されています。

震源地は長野県北部(北緯36.7度、東経137.9度)
震源の深さは約10km
地震の規模(マグニチュード)は6.8と推定
○震度6弱 小川村、小谷村、長野市
○震度5強 信濃町、白馬村
○震度5弱 大町市、中野市
1122_2

112311月23日追記:余震が続いていますが、今回の余震の特徴として、千曲川東側の須坂市や松代地震観測所では揺れが観測されていない時も、保科には地震計が設置されていないので、正確な数値はわかりませんが、震度1から2の揺れを感じることです。
事例としては、
11月23日15時56分頃,
震源地 日本 長野県 白馬村 北城 付近,
震度3, Mj3.2,
深さ 約10km
の余震でも、保科では震度2程度の揺れを感じました。

| | コメント (0)

エンリコ・オノフリ、バロック・ヴァイオリンの奥義

11月21日(金) 開演19:00 ザ・ハーモニーホールPhoto_2

ヘンデル:ヴァイオリン・ソナタ ニ長調 Op1-13
A.コレッリ:ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 Op.5 第8番 2_2
J.S.バツハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第6番 ト長調 BWV 1019
J.S.バッハ:トッカータとフーガニ短調 BWV565 (オノフリ編 独奏版) *
J.S.バツハ:フランス組曲 第4番 BWV815 **
タルティーニ:ヴァイオリンソナタト短調 「悪魔のトリル」
アンコール
A.コレッリ:ヴァイオリン・ソナタ ハ長調 Op.5 第3番-1「アダージョ」
A.コレッリ:ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 「ラ・フォリア」 Op.5 第12番より

 バロック・ヴァイオリン:エンリコ・オノフリ *
 チェンバロ:桒形亜樹子 **

Photo_4エンリコ・オノフリといえば、今年6月に、エンリコ・オノフリ&イマジナリウム・アンサンブルによる「アルカンジェロ・コレッリ:ヴァイオリンと、ヴィオローネまたはチェンバロのためのソナタ 作品5 Vol.1」(右)のCDを購入していて、演奏会を楽しみにしていました。

編集中・・・・・

| | コメント (0)

115系C14編成、C13編成 松本駅

11月21日午後、コンサートの行き帰りに松本駅で115系を撮影してきました。

 
[444M]115系C14編成                 [447M]-[1239M]115系C13編成 
Img_66141 Img_66781
松本駅2番線 16:29                  松本駅4番線 21:47

| | コメント (0)

115系C6編成入場-解体線へ移動 長野総合車両センター

11月21日午後、クモユニ143-1に牽引されて、115系C6編成が北基地方面から入場しました。
入場後、スイッチャーに牽引されて解体線へ移動しました。

115系C6編成 北長野 クハ115-436_モハ114-385_モハ115-359_モハ114-366_モハ115-340_クハ115-365 長野

Img_64791 Img_64941 Img_65041
Img_65131 Img_65441 Img_65501
Img_65531 Img_65581 Img_65751
上段左から
1 クモユニ143-1に牽引されて、北基地方面から移動する115系C6編成
2 クハ115-365とクモユニの連結部分
3 試運転線へ移動した115系C6編成
中段左から
1 クハ115-436の先頭部分
2-3 スイッチャーに牽引されて、工場線1番線を移動する115系C6編成
下段左から
1-2 解体線へ移動する115系C6編成
3 解体線へ移動した115系C6編成

通称「廃車置場」等留置状況 11月21日現在

工場線
  8番線 211系元チタN24編成モハ210-2016_モハ211-2016

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 115系C6編成(6両)クハ115-436_モハ114-385_モハ115-359_モハ114-366_モハ115-340_クハ115-365
   16番線 空き
   17番線 空き
   18番線 211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004+211系元チタN24編成モハ210-2017_モハ211-2017
   19番線 205系ナハ51編成(6両)クハ205-1206_モハ205-40_モハ204-40_モハ205-46_モハ204-46_クハ204-1206
   20番線 205系ナハ49編成(6両)クハ205-1204_モハ205-28_モハ204-28_モハ205-30_モハ204-30_クハ204-1204
   21番線 115系C8編成(3両)クハ115-1005_モハ114-1140_モハ115-1076
   22番線 115系C8編成(3両)モハ114-1041_モハ115-1011_クハ115-1512
   23番線 空き
   24番線 空き
   25番線 空き
   26番線 253系クロ253-1+ホキ1154
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

| | コメント (0)

2014年11月21日 (金)

205系ナハ51編成入場-構内移動 長野総合車両センター

11月21日午前、昨日配給された205系ナハ51編成の構内移動が行われ、通称「廃車置場」19番線へ移動しました。

205系ナハ51編成 北長野 クハ205-1206_モハ205-40_モハ204-40_モハ205-46_モハ204-46_クハ204-1206 長野

Img_63671 Img_63741 Img_63781
Img_63861 Img_64111 Img_64211
Img_64271 Img_64401 Img_64551
上段左から
1 クモユニ143-1に牽引されて留置線方面から移動する205系ナハ51編成
2 クハ204-1206とクモユニの連結部分
3 試運転線へ移動した205系ナハ51編成  いつもよりだいぶ手前に停車
中段左から
1 クハ205-1206の先頭部分
2 スイッチャーに牽引されて工場線1番線を移動する205系ナハ51編成
3 クハ204-1206とスイッチャーの連結部分
下段左から
1 通称「廃車置場」19番線へ移動する205系ナハ51編成
2-3 移動後の通称「廃車置場」

| | コメント (0)

2014年11月19日 (水)

古代祝祭劇「太陽の記憶―卑弥呼」  サントリーホール

11月18日(火) 開演19:00 サントリーホール1

古代祝祭劇「太陽の記憶―卑弥呼」

企画 中村福助、菅野由弘、大谷康子、常磐津文字兵衛
演出 中村福助
出演 作曲・指揮:菅野由弘Photo_5
    舞踊:中村児太郎
    舞踊:中村梅彌(振付)、花柳達真(振付)、花柳昌鳳生、花柳静久郎
        藤間直三、水木扇升、藤蔭美湖、五條珠雀
    中棹三味線:常磐津文字兵衛
    笙:宮田まゆみ
    龍笛:岩亀裕子
    能管:一噌幸弘
    尺八:石垣征山
    琵琶:首藤久美子
    箏:黒川真理、後藤幹子、吉川あいみ、日吉章吾
    十七絃:平田紀子
    邦楽打楽器:望月太喜之丞
    聲明: 大本山増上寺式師会/廣本栄康、伊藤広喜、山本晴雄、渡辺裕章、中野孝昭
        水野正雄、當間浩昭、酒井宏典、水野義雄、稲岡順道、山崎聡志、池田善光
        南澤啓善、原 亮順、岡田幸寛、遠田典弘
ヴァイオリン:大谷康子
チェロ:堤剛、海野幹雄、富岡廉太郎、谷口宏樹、苅田鉄平、小野木遼、飯島哲蔵
コントラバス:星秀樹、岩田貴弘、柿沼隼、橋爪裕貴
洋楽打楽器:神田佳子
パイプオルガン:山口綾規

「古代祝祭劇」という標題から、ストラヴィンスキーの「春の祭典」を連想してしまいましたが、半分程度は当たっていたようです。
和楽器と洋楽器(弦楽器)に聲明と舞踊という、札幌コンサートホール/福岡シンフォニーホール/サントリーホールの共同制作で、100分を超える大作でした。
チェロ、琵琶、笙による開闢の響きに始まり、客席後方の左右から聲明が登場して、多様な響きが混沌とする中で進行していきました。
休憩後は、「卑弥呼:誕生」から始まり、リーフレトによると、ヴァイオリンが「卑弥呼を象徴」しているということでしたが、明確な主題が提示されない(そのように聴こえた)ため、残念ながらあまり印象に残りませんでした。
そして、最後に「復活:光の舞」は、ストラヴィンスキーの「春の祭典」を連想せずにはいられない曲調と盛り上がりの中で「古代祝祭劇」は終わりました。
和楽器、洋楽器、舞踊と聲明の融合の試みということで、私も聴きながら勝手にいろいろ連想していましたが、「開闢」から「生成」にかけては、混沌とした世界の表現として、日本や西洋の音階ではない、イランのサントゥールの響きが頭の中をよぎっていきました。
事前の予備知識なしで聴いていたせいなのか、演奏時間が長い割に、曲調の変化はあまり感じられず、淡々と進行している印象を受けましたが、「卑弥呼:誕生」では「卑弥呼」を象徴するヴァイオリンの調律を変えるとか、雅楽の音階にするとか、それまでの曲調とはまったく異なる主題を奏でてほしいと思いました。
また、「復活:光の舞」の洋楽打楽器は、もっと不規則な連打のほうが、緊張感が高まったのではと感じられました。
そして、和楽器や聲明の音圧の中で、ヴァイオリンがまったく聞こえない箇所が何箇所もあり、ソロ以外でヴァイオリンが一艇では和楽器や聲明のスケールに太刀打ち出来ていませんでした。
個人的には、弦楽器は古楽器(バロック楽器)で、ノンビブラートで演奏したらもっと和楽器との音色バランスがとれたのではと思っているのですが、もう少し凝縮できれば、休憩の20分を含めて、2時間で収まりそうな感じを受けた演奏会でした。

Img_61821 Img_61871 Img_61891

| | コメント (0)

長野総合訓練センター 2014-11-19 115系N21編成⇒115系N1編成 入替え 

11月19日午後、長野総合訓練センターへ入場していた115系N21編成が、留置線8番線へ移動し、かわりに115系N1編成が訓練センターへ入場しました。

115系N21編成 訓練センター線⇒留置線8番線
Img_62921 Img_63011 Img_63081
115系N1編成 留置線⇒訓練センター線
Img_63311 Img_63351 Img_63391

| | コメント (0)

115系C8編成入場-構内移動 長野総合車両センター

11月19日午前、クモユニ143-3に牽引されて115系C8編成が入場して、通称「廃車置場」21番線と22番線へ移動しました。

115系C8編成 北長野 クハ115-1005_モハ114-1140_モハ115-1076_モハ114-1041_モハ115-1011_クハ115-1512 長野

Img_61991_2 Img_62181 Img_62261
Img_62361 Img_62401 Img_62531
Img_62641 Img_62741 Img_62831
上段左から
1 クモユニ143-3に牽引されて移動する115系C8編成
2 クハ115-1005の先頭部分
3 クハ115-1512とクモユニ143-3の連結部分
中段左から
1 スイッチに牽引されて移動する115系C8編成
2 クハ115-1512とスイッチャーの連結部分
3 通称「廃車置場」21番線へ移動する115系C8編成
下段左から
1 通称「廃車置場」21番線へ移動する115系C8編成
2 移動後の「通称「廃車置場」
3 通称「廃車置場」21番船と22番線へ移動した115系C8編成 移動後すぐに作業が始まりました

通称「廃車置場」等留置状況 11月19日現在

工場線
  8番線 211系元チタN24編成モハ210-2016_モハ211-2016

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 空き
   16番線 空き
   17番線 空き
   18番線 211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004+211系元チタN24編成モハ210-2017_モハ211-2017
   19番線 空き
   20番線 205系ナハ49編成(6両)クハ205-1204_モハ205-28_モハ204-28_モハ205-30_モハ204-30_クハ204-1204
   21番線 115系C8編成(3両)クハ115-1005_モハ114-1140_モハ115-1076
   22番線 115系C8編成(3両)モハ114-1041_モハ115-1011_クハ115-1512
   23番線 空き
   24番線 空き
   25番線 空き
   26番線 253系クロ253-1+ホキ1154
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

撮影 Canon EOS M  編集 EDIUS Neo3

| | コメント (0)

東京駅開業100周年 山手線ラッピングトレイン 山手線有楽町駅

11月18日午後、サントリーホールへ行く途中、有楽町駅で、赤レンガ色にラッピングされた、「東京駅開業100周年 山手線ラッピングトレイン」を撮影しました。

撮影場所 山手線有楽町駅内回りホーム 午後4時1分から2分前後
Img_61191 Img_61221 Img_61251
Img_61261 Img_61301 Img_61331

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2014-11-18 キハ110-116(小海線)出場

11月18日午前、11月6日にキハ110-120とともに入場していたキハ110-116(小海線)が、「回送」表示で出場しました。

Img_60961 Img_60991 Img_61031
左から
1 工場線1番線奥の建屋方面から移動するキハ110-116(小海線)
2-3 「回送」表示で出場するキハ110-116(小海線)

| | コメント (0)

2014年11月17日 (月)

長野総合車両センター 2014-11-17 211系ナノN336編成検査入場、キハ110-227検査入場

11月17日午後、留置線方面から、211系ナノN336編成が検査入場しました。

Img_60521 Img_60611
Img_60621 Img_60641
上段左から
1 留置線方面から移動する211系ナノN336編成
2 クモハ211-3046の前面部分
下段左から
1 試運転線へ移動した211系ナノN336編成
2 工場線1番線から10番線へ移動する211系ナノN336編成

11月17日午後、留置線方面から、キハ110-227が検査入場しました。

Img_60791 Img_60821 Img_60911
左から
1-2 留置線方面から移動するキハ110-227
3 工場線1番線から10番線へ移動するキハ110-227

| | コメント (0)

211系元チタN23編成「長野色」出場-本線試運転 長野総合車両センター-長野

11月17日午前、211系元チタN23編成「長野色」が[試9968M]で出場して、長野駅方面へ向かいました。

211系元チタN23編成 北長野 クハ210-2011_モハ210-2014_モハ211-2014_モハ210-2013_モハ211-2013_クハ211-2011 長野

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切 列車番号を撮影するため1/100秒で撮影
Img_60181 Img_60351
Img_60411 Img_60461
上段左から
1 工場線5番線建屋内から1番線を移動する211系元チタN23編成
2 [試9968M]で出場して長野駅方面へ 以下、北条踏切で撮影
下段左から
1 クハ211-2011の前面部分
2 [試9968M]で出場して長野駅方面へ

211系チタN編成(6両)→211系ナノN編成  11月17日現在

211系チタN1編成    211系ナノN601編成
211系チタN2編成   211系ナノN602編成
211系チタN3編成    211系ナノN603編成
211系チタN5編成   211系ナノN605編成
211系チタN6編成   11月5日検査入場 
211系チタN21編成   「ナノ」改造開始 9月8日
211系チタN22編成  11月12日配給
211系チタN23編成   11月17日出場
211系チタN24編成  「ナノ」改造開始 10月31日
211系チタN25編成    211系ナノN611編成

| | コメント (0)

2014年11月16日 (日)

第9回清水寺もみじまつり 儀式「紫灯護摩供」 保科 清水寺

11月15日午後1時30分から、「第9回清水寺もみじまつり」が開催されている保科の清水寺で、儀式「紫灯護摩供」が行われました。

清水寺もみじまつり「紫燈護摩庭儀」
法螺三声-開会の辞-問答-法弓-矢持-法剣-法斧-法螺-願文-松火-導師作法

Img_58951 Img_59011 Img_59021Img_59061 Img_59121 Img_59211
Img_59401 Img_59451 Img_59561
Img_59631 Img_59721 Img_59741
1段目左からImg_5977
1-3 本堂から山門前へ移動
2段目左から
1 法螺三声 2-3 法弓
3段目左から
1 法剣 2 法斧 3 松火
4段目左から
1 松火 2-3 導師作法

| | コメント (0)

2014年11月15日 (土)

第9回清水寺もみじまつり 保科 清水寺

11月15日、今日と明日行われている、「第9回清水寺もみじまつり」の撮影に行ってきました。
正午過ぎから撮影を始めましたが、小雨の降る曇り空で、絶好の「もみじ日和」の中で撮影することができました。
今年は、まわりの山々の紅葉が良くなかったので、あまり期待しないで出かけましたが、清水寺のもみじは近年にない美しさでした。

Img_58201 Img_58241
Img_58291 Img_58311
Img_58481 Img_59861
Img_59891 Img_60061

| | コメント (0)

2014年11月14日 (金)

2015年のコンサート予定(確定分)

来年のコンサート予定ですが、松本の「ザ・ハーモニーホール」と安曇野の「あづみ野コンサートホール」以外で、とりあえずチケット購入(予約)済分です。
今年10月2日にオープンした、サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)が、オープン記念なのか、いろいろなジャンルでかなり意欲的な企画が目につきます。
長野市からは距離的にも上田駅からのアクセスも良く、今後の公演内容に注目です。
「東京春祭」は、ベルリオーズの他に、「リヒテルに捧ぐ(生誕100年記念)」の中からボロディン弦楽四重奏団 with エリーザベト・レオンスカヤ(ピアノ) のコンサートを聴くことにしました。
来年3月14日には、北陸新幹線が開業して金沢は日帰りが可能になり、石川県立音楽堂へ出かける回数が増えそうですが、地元長野市内のコンサートは、これまでどおり年1回程度になってしまいそうです。

3月18日(水)開演 14:00 (チケット予約済)
サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)大ホール

上田市交流文化芸術センター・開館記念
市川海老蔵特別公演「源氏物語」

 市川海老蔵
 片山九郎右衛門、梅若紀彰、観世喜正
 彌勒忠史(カウンターテナー)
 市川ぼたん、他2015

4月2日(木)開演 19:00 東京文化会館 小ホール(チケット購入済)

リヒテルに捧くⅣ(生誕100年記念)
ボロディン弦楽四重奏団 with エリーザベト・レオンスカヤ(ピアノ)
~リヒテルとともに奏でた音楽家たち~

シューベルト:弦楽四重奏曲 第12番 ハ短調 D.703「四重奏断章」
シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 op.44
ショスタコーヴィィチ:ピアノ五重奏曲 ト短調 op.57Photo

 ボロディン弦楽四重奏団
  第1ヴァイオリン:ルーベン・アハロニアン
  第2ヴァァイオリン:セルゲイ・ロモフスキー
  ヴィィオラ:イゴール・ナイディィン
  チェロ:ウラディィーミル・バルシン
 ピアノ:エリーザベト・レオンスカヤ

4月12日(日)開演 15:00 東京文化会館 (チケット購入済)

東京春祭 合唱の芸術シリーズ vol.2
ベルリオーズ:「レクイエム」

 指揮:大野和士
 テノール:ロバート・ディーン・スミス
 管弦楽:東京都交響楽団
 合唱:東京オペラシンガーズ

4月18日(土)開演 15:00(チケット購入済)
サントミューゼ・上田市交流文化芸術センター

佐渡裕指揮兵庫芸術文化センター管弦楽団

ウェーバー:舞踏への勧誘 op.65 J.206
ショパン:ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 op.21
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 op.73

 ピアノ:エフゲニ・ボジャノフ
 指揮:佐渡裕
 管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団総合

追記:「4月2日(木)開演 19:00 東京文化会館 小ホール」分は、11月16日追記

| | コメント (0)

211系元チタN23編成「長野色」構内試運転 長野総合車両センター

11月14日午後、6月26日の入場とともに「ナノ」改造が開始されたものと思われる、211系元チタN23編成「長野色」の構内試運転が行われました。

211系元チタN23編成 北長野 クハ210-2011_モハ210-2014_モハ211-2014_モハ210-2013_モハ211-2013_クハ211-2011 長野

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切-居町踏切間
Img_57361 Img_57381 Img_57401
Img_57491 Img_57521 Img_57721Img_57781 Img_57821 Img_57951
上段左から
1-3 工場線5番線建屋内から1番線を移動する211系元チタN23編成
中段左から
1 試運転線へ移動した211系元チタN23編成
2 クハ210-2011の先頭部分
3~下段 試運転線での試運転

| | コメント (0)

49.75MHz F2層伝搬

4975mhz111311月13日午後3時頃から、49.75MHzで映像が映り始めましたが、いつもの中国TVとは違う映像で、C1chかR1chかは判別できませんでした。
信号は弱く鮮明な画像は撮影できませんでした。。
11月12日から13日は、稚内(北海道では、F2層の臨界周波数が高めでしたが、大宜味(沖縄)も14MHzを超えていました。

49.75MHz  06:20(UTC)
Img_57121 Img_57171

1113

| | コメント (0)

2014年11月13日 (木)

長野総合車両センター 2014-11-13 115系N29編成(新潟車)出場-本線試運転

11月13日午後、10月21日に検査入場した、115系N29編成(新潟車)が「試運転」表示で出場して、長野駅から信越線を下りました。

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切
Img_56361 Img_56481
Img_56571 Img_56701
上段左から
 
1 工場線6番線建屋内から1番線を移動する115系N29編成(新潟車)
2 出場して長野方面へ向かう115系N29編成(新潟車)
下段左から
1 「試運転」表示で、信越線下り方面へ  北条踏切で撮影

11月13日午前、キハ110-119(小海線)が出区しました。
11月13日午後、115系N33編成が「試運転」表示で出区しました。

Img_56261_2 Img_56271 Img_56911
左から
1-2 午前、「回送」表示で出区するキハ110-119(小海線)
3 午後、「試運転」表示で出区する115系N33編成

| | コメント (0)

2014年11月12日 (水)

C1ch、中国TV F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E)

4975mhz111211月12日、午後3時25分頃からC1chが映り始め、午後6時過ぎまで映像信号が受信できました。
複数局が見えているように思われますが、ロゴマークは確認できませんでした。
午後3時から4時頃にかけて、山川(鹿児島)のF2層臨界周波数は14MHzを超えていました。
右 C1ch 07:00(UTC)頃

C1ch 中国TV F2層伝搬
Img_55491 Img_55681 Img_55901
C1ch 06:37(UTC)                     C1ch 06:45(UTC)                    C1ch 06:57(UTC)

| | コメント (0)

17790kHz BBC WorldService DRM

Bbcws11月12日 08:55(UTC) 17790kHz BBC WorldService Nakhon Sawa-Thai B14 schedule

B14の周波数変更以来、信号が弱くて表示できませんでしたが、今日は、放送終了間際に信号が強くなりようやく表示できました。

Bbcws11122 Bbcws11121

| | コメント (0)

211系元チタN24編成モハ車「長野色」構内移動 長野総合車両センター

Img_5218111月12日午前、10月31日に「ナノ」改造が開始されたと思われる、211系元チタN24編成モハ210-2017_モハ211-2017「長野色」の構内移動が行われ、工場線9番線建屋内から、通称゜廃車置場」18番線へ移動しました。
モハ210-2016_モハ211-2016は11月10日に、工場線7番線建屋内から8番線へ移動していました(右)
これまでの211系6両編成と比べると、異常に早いスピードで改造が行われているようです。

211系元チタN24編成 北長野 クハ210-2013_モハ210-2017_モハ211-2017_モハ210-2016_モハ211-2016_クハ211-2013 長野

Img_53761 Img_53791 Img_53801
Img_53851 Img_53971 Img_54051
上段左から
1-2 工場線9番線建屋内から1番線を移動する211系元チタN24編成モハ210-2017_モハ211-2017
3 モハ211-2017の側面部
下段左から
1 通称「廃車置場」18番線へ移動して、211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004と連結
2 移動後の通称゜廃車置場」18番線
3 11月10日に移動した、工場線8番線のモハ210-2016_モハ211-2016

通称「廃車置場」等留置状況 11月12日現在

工場線
  8番線 211系元チタN24編成モハ210-2016_モハ211-2016

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 115系C7編成(6両)クハ115-1221_モハ114-1097_モハ115-1036_モハ114-1115_モハ115-1052_クハ115-1116
   16番線 空き
   17番線 空き
   18番線 211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004+211系元チタN24編成モハ210-2017_モハ211-2017
   19番線 空き
   20番線 205系ナハ49編成(6両)クハ205-1204_モハ205-28_モハ204-28_モハ205-30_モハ204-30_クハ204-1204
   21番線 空き
   22番線 空き
   23番線 空き
   24番線 空き
   25番線 空き
   26番線 253系クロ253-1+ホキ1154
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

| | コメント (0)

211系元チタN23編成(6両)「長野色」構内移動 長野総合車両センター

11月12日午前、6月26日の入場とともに「ナノ」改造が開始されたものと思われる、211系元チタN23編成「長野色」が、工場線7番線から移動したモハ210-2014_モハ211-2014を連結して、6両で工場線5番線建屋内へ移動しました。
しばらく前からクハ車2両は工場線11番線に留め置かれていて、11月7日にクハ210-2011_モハ210-2013_モハ211-2013_クハ211-2011の4両が、工場線1番線の奥側に移動していました。

211系元チタN23編成 北長野 クハ210-2011_モハ210-2014_モハ211-2014_モハ210-2013_モハ211-2013_クハ211-2011 長野

Img_53511 Img_53531
Img_53621 Img_54011
上段左から
1 工場線1番線奥側から移動して、クハ210-2011を切り離し
2 工場線7番線建屋内から移動していたモハ210-2014_モハ211-2014を連結して移動
下段左から
1 6両で工場線5番線建屋内へ移動
2 工場線5番線建屋内へ移動した211系元チタN23編成6両「長野色」

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2014-11-12 211系ナノN334編成出場-本線試運転、115系N29編成(新潟車)構内試運転

11月12日午前、10月22日に検査入場した211系ナノN334編成が、[試9920M]で出場して長野方面へ向かいました。

Img_53141 Img_53151 Img_53181
Img_53231 Img_53291 Img_53371
上段左から
1-3 工場線5番線建屋内から1番線を移動するした211系ナノN334編成 1/100秒
下段左から
1 出場待のした211系ナノN334編成
2-3 出場して長野方面へ向かうした211系ナノN334編成

正午前に、試運転を終えて、長野方面から入区しました  居町踏切付近から撮影
Img_55171 Img_55211 Img_55251

11月12日午前、10月21日に検査入場した、115系N29編成(新潟車)の構内試運転が行われました。

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切-居町踏切間
Img_54191 Img_54201 Img_54411
Img_54611 Img_54701 Img_54771
Img_54871 Img_54931 Img_55021
上段左から
1-2 工場線6番線建屋内から1番線を移動する115系N29編成(新潟車)
3 クモハ115-1519の先頭部分
中段~下段 試運転線での構内試運転

| | コメント (0)

2014年11月11日 (火)

長野総合車両センター 2014-11-11 211系ナノN334編成構内試運転

11月11日、10月22日に検査入場した、211系ナノN334編成の構内試運転が行われました。

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切-居町踏切間
Img_52361 Img_52381 Img_52391
Img_52431 Img_52711 Img_52801
Img_52901 Img_52921 Img_52991
上段左から
1-3 工場線5番線建屋内から1番線を移動する211系ナノN334編成
中段左から
1 工場線1番線を移動する211系ナノN334編成
2-3~下段 試運転線での試運転

| | コメント (0)

2014年11月10日 (月)

長野総合車両センター 2014-11-10 115系S11編成(新潟車)出場-本線試運転

11月10日、10月21日に115系N29編成(新潟車)とともに検査入場した、115系S11編成(新潟車)が試運転表示で出場して、長野駅から信越線を下りました。
115系S11編成(新潟車)は、到着した時点で工場線10番線に移動していて、午前9時30分過ぎ、383系の出区の時間帯に、工場線1番線内の構内試運転が1往復行われました。

撮影場所 長野総合車両センター-北条踏切-長野総合車両センター北長野寄り
Img_51681 Img_51691 Img_51731
Img_51861 Img_51961 Img_52101
上段左から
1-2 午前9時35分頃、工場線1番線内で試運転を行う115系S11編成(新潟車)
3 午後、出場のため工場線10番線から移動する115系S11編成(新潟車) 1/25のフローシャッターのためぶれています
下段左から
1-2 出場して長野駅へ向かう115系S11編成(新潟車) 北条踏切で撮影
3 「試運転」で信越線を下る115系S11編成(新潟車) 長野総合車両センターの北長野寄りで撮影

| | コメント (0)

2014年11月 8日 (土)

C1ch、中国TV F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E)

4975mhz110811月8日、午後2時頃から4時頃にかけて、F2層伝播によるC1chの映像が受像できました。
今日も映像信号はかなり強く、山川(鹿児島)や大宜味(沖縄) では、F2層の臨界周波数が14MHzを超えていたと思われますが、NICTのサーバーが終日ダウンしているようで確認できませんでした。
右 C1ch 05:35(UTC)

C1ch 中国TV F2層伝搬
Img_49161 Img_49351
C1ch 05:19(UTC)                                            C1ch 05:39(UTC)
Img_49371 Img_49441
C1ch 05:39(UTC)                                           C1ch 06:58(UTC)

| | コメント (0)

2014年11月 7日 (金)

205系ナハ49編成入場-構内移動 長野総合車両センター

11月7日午前、昨日配給された205系ナハ49編成の構内移動が行われ、通称「廃車置場」20番線へ移動しました。

205系ナハ49編成 北長野 クハ205-1204_モハ205-28_モハ204-28_モハ205-30_モハ204-30_クハ204-1204 長野

Img_47831 Img_47961 Img_48021
Img_48041 Img_48071 Img_48161
上段左から
1 クモユニ143-1に牽引されて、留置線から移動する、205系ナハ49編成
2 試運転線へ移動した205系ナハ49編成
3 クハ205-1204の先頭部分
下段左から
1-2 クハ204-1204とクモユニ143-1の連結部分
3 工場線1番線を移動する205系ナハ49編成

Img_48241 Img_48301
Img_48351 Img_48481
上段左から
1 スイッチャーに牽引されて移動する205系ナハ49編成 今日も383系の出区が被りました
2 クハ204-1204とスイッチャーの連結部分
下段左から
1-2 通称「廃車置場」20番線へ移動する205系ナハ49編成

移動後の通称「廃車置場」
Img_48531 Img_48661
Img_48781 Img_48921

通称「廃車置場」等留置状況 11月7日現在

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 115系C7編成(6両)クハ115-1221_モハ114-1097_モハ115-1036_モハ114-1115_モハ115-1052_クハ115-1116
   16番線 空き
   17番線 空き
   18番線 211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004
   19番線 空き
   20番線 205系ナハ49編成(6両)クハ205-1204_モハ205-28_モハ204-28_モハ205-30_モハ204-30_クハ204-1204
   21番線 空き
   22番線 空き
   23番線 空き
   24番線 空き
   25番線 空き
   26番線 253系クロ253-1+ホキ1154
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

205系ナハ49編成の構内移動  カメラを傾けて撮影したため、EDIUS Neo 3で傾きを修正しました。

| | コメント (0)

2014年11月 6日 (木)

C1ch、中国TV F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E)

4975mhz110611月6日、午前10時50分頃から11時10分頃にかけて、短時間でしたがF2層伝搬でC1chが弱く受像できました。
午後3時頃帰宅した時点で、C1chがかなり強く入感していて、ピークの午後3時30分頃には、F2層反射としては比較的良好な映像を見ることができました。
午後に大宜味(沖縄) で臨界周波数が14MHzを超えていました。
右 C1ch 01:59(UTC)

C1ch 中国TV F2層伝搬
Img_47371_3 Img_47471_3
C1ch 06:31(UTC)                                           C1ch 06:34(UTC)
Img_47511_3 Img_47561_2
C1ch 06:35(UTC)                                        C1ch 06:38(UTC)

| | コメント (0)

長野総合車両センター 2014-11-06 115系N24編成出区-本線試運転、キハ110-116_110-120(小海線)入場

11月6日午前、115系N24編成が「試運転」表示で出区して、長野駅から信越線を下りました。

撮影場所 長野総合車両センター、信越線北条踏切
Img_46851 Img_46971 Img_47001
左から
1 「試運転」表示で移動する115系N24編成Img_47151
2-3 長野駅から信越線下り方面へ試運転 北条踏切で撮影

11月6日午後、長野駅方面から、キハ110-116_110-120(小海線)が入場しました。
工場線10番線へ移動することなく9番線建屋内へ移動しました。

| | コメント (0)

2014年11月 5日 (水)

C1ch、中国TV F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E)

4975mhz110511月5日、正午前後に弱いEスポが発生して、C1chで映像もわずかに映りましたが長続きしませんでした。
午後2時過ぎ、F2層伝播によるC1chが映り始め、午後2時台はかなり強い信号が受信できました。
午後3時過ぎから徐々に弱くなり、午後3時30分過ぎにフェードアウトしました。

C1ch 中国TV F2層伝搬 0514:(UTC)
Img_46421_2 Img_46441 Img_46471

| | コメント (0)

211系元チタN6編成「長野色」検査入場 長野総合車両センター

11月5日午前、10月28日から29日にかけて秋田から配給され、清掃線横で留め置かれていた211系元チタN6編成「長野色」が、クモユニ143-1に牽引されて検査入場しました。

北長野 211系元チタN6編成クハ210-6_モハ210-12_モハ211-12_モハ210-11_モハ211-11_クハ211-6 長野

Img_45861 Img_46001 Img_46041
Img_46081 Img_46151 Img_46191
上段左から
1-2 クモユニ143-1に牽引されて、留置線方面から移動する211系元チタN6編成
3 クハ211-6とクモユニ143-1の連結部分
下段左から
1 試運転線へ移動した211系元チタN6編成
2 クハ210-6の先頭部分
3 工場線1番線を移動する211系元チタN6編成
Img_46221 Img_46261 Img_46281
左から
1 スイッチャーに牽引されて、工場線1番線を移動する211系元チタN6編成
2-3 モハ210-11_モハ211-11_クハ211-6の3両を、工場線10番線へ移動

11月5日午前9時前、211系ナノN327_323編成が「回送」表示で出区しました。

撮影場所 信越線北条踏切
Img_45711 Img_45761

| | コメント (0)

2014年11月 4日 (火)

C1ch、中国TV F2層伝搬 Eスポ(Sporadic E)

4975mhz1104_211月4日午後3時から4時30分頃にかけて、F2層伝搬でC1chがかなり強めに受像できました。
午後に、大宜味(沖縄) でF2層の臨界周波数が14MHzを超えた以外、特にF2層伝搬の受像に適したコンディションではなかったと思われましたが、映像信号はかなり強めでも約1時間30分に渡って受信できました。
右 C1ch(49.75MHz) 06:01(UTC)

C1ch 中国TV F2層伝搬
Img_45091_3 Img_45131_3 Img_45291_2
C1ch 06:01(UTC)                      C1ch 06:12(UTC)                  C1ch 06:23(UTC)

| | コメント (0)

115系C7編成解体線へ 長野総合車両センター

11月4日午前、10月31日に入場して、工場線6番線建屋内へ移動していた115系C7編成が、解体線へ移動しました。
午前中のスイッチャーの動きから、115系C7編成が工場線6番線建屋内から移動するのは午後だろうと思っていたのですが、午後1時過ぎに到着した時点で、115系C7編成は解体線へ移動していました。
;連休中に部品取りも終わったようで、入場から5日目で通称「廃車置場」に入線することもなく、工場線から解体線へ移動してしまいました。

115系C7編成 北長野 クハ115-1221_モハ114-1097_モハ115-1036_モハ114-1115_モハ115-1052_クハ115-1116 長野

Img_44901_4 Img_44911_2
Img_45011_2 Img_45041_3

通称「廃車置場」等留置状況 11月4日現在

通称「廃車置場」
   14番線 解体線 115系C7編成(6両)クハ115-1221_モハ114-1097_モハ115-1036_モハ114-1115_モハ115-1052_クハ115-1116
   16番線 空き
   17番線 空き
   18番線 211系タカC7編成サロ213-1004_サロ210-1004
   19番線 空き
   20番線 空き
   21番線 空き
   22番線 空き
   23番線 空き
   24番線 空き
   25番線 空き
   26番線 253系クロ253-1+ホキ1154
   27番線 EF63-15_ED62-1
  28番線 EF62-3_DD16_EF63-19_ED60-1

| | コメント (1)

2014年11月 3日 (月)

新日本フィルハーモニー交響楽団第532回定期演奏会 サントリーホール

111月2日(日) 開演14:00 サントリーホール

マーラー:「子供の魔法の角笛」より * 
       無駄な骨折り
       トランペットが美しく鳴り響くところ
       ラインの伝説
       この世の営み4_3
       高い知性への賛美       
マーラー:交響曲第4番 ト長調 **

 指揮:ダニエル・ハーディング
 管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
 テノール:アンドリュー・ステイプルズ *
 ソプラノ:森 麻季 **

当初出演を予定していたリサ・ミルン(ソプラノ)は、急病のために出演できなくなり、「子供の魔法の角笛」はテノール:アンドリュー・ステイプルズ、交響曲第4番は森 麻季が代わりに出演しました。
マーラー前半の交響曲と密接な関連を持つ「子供の魔法の角笛」から5曲が演奏され、当初、歌曲集に含まれていた「天上の生」は、交響曲第4番第4楽章に転用されており、歌曲と交響曲がマーラーの中では自然と結びついていたといえます。
今回は1階席19列目でしたが、CDの再生音に聴き慣れているせいか、歌曲集も交響曲も、声楽がオーケストラに埋もれ気味で遠くに感じられたのは残念でしたが、2i人とも急な代演とは思えない熱演で、マーラーの歌曲の世界を堪能することができました。
「子供の魔法の角笛」では、交響曲第4番とは直接関係ないかもしれませんが、「少年鼓手」も聴きたかった曲でしたので聴けなかったのはちょっと残念でした。

編集中・・・・・

| | コメント (0)

2014年11月 1日 (土)

CD

10月29日、9月に注文していたCDがHMVから届きました。Photo

デュカスの「魔法使いの弟子」は、作曲された当時の時代楽器による演奏です。
エヴァ・ポブウォツカのショパンは、ビクターの日本録音ですが、来日することがあったらぜひ聴いてみたいポランドのピアニストです。
「ラモー氏の庭園で」は、ジャン=フィリップ・ラモー(1683-1764)生誕330周年記念公演が、没後250周年にCDになりました。
Photo_7クラウディオ・アバドはザルツブルク音楽祭ライヴで、1979年、ECユース管とのストラヴィンスキー、シェーンベルク、1994年、マーラー・ユーゲントの「禿山の一夜」で、「禿山の一夜」は原典版による演奏です。

デュカス:「魔法使いの弟子」、カンタータ「ヴェレダ」、「ポリュークト」序曲
 フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)、レ・シエクル

コレッリ:教会ソナタ集 Op.1、教会ソナタ集 Op.3
 ベズノシウク&エイヴィソン・アンサンブル
Photo_3
ショパン :ワルツ全集
 エヴァ・ポブウォツカ

「カール5世時代のスペインのビウエラ音楽」
 今村泰典(ビウエラ)

シューベルト:ピアノ・ソナタ第4、7、9、13、14、16、17、18、19、20、21番
 ダニエル・バレンボイム(5CD)
3_2
「ヴェネツィアの黄金時代~ヴィヴァルディ、ポルタ、マルチェッロの協奏曲集」
 クセニア・レフラー、ベルリン古楽アカデミー

「ラモー氏の庭園で」
 ウィリアム・クリスティ&レザール・フロリサン

ストラヴィンスキー:「火の鳥」組曲、ムソルグスキー:「禿山の一夜」原典版、他
 アバド&ECユース管、マーラー・ユーゲント管(1979,1994)

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »