« 2014年 保科の桜 保科温泉 長野市若穂保科 | トップページ | 長野総合車両センター 2014-04-28 E351系S5+S25編成出場 »

2014年4月27日 (日)

【軽井沢大賀ホール2014春の音楽祭】三ツ橋敬子指揮 オーケストラ・アンサンブル金沢 軽井沢大賀ホール

4月27日 開演 14:00 軽井沢大賀ホール2

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲 K.492
ドップラー:ハンガリー田園幻想曲 Op.26 *
クライスラー:愛の悲しみ **
カザルス編曲:鳥の歌 ***
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲
ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調 「田園」Op.68
アンコール
ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調 Op.93より第2楽章Img_23741

 指揮:三ツ橋敬子
 管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢
 フルート:工藤重典 *
 ヴァイオリン:アビゲイル・ヤング **
 チェロ:ルドヴィート・カンタ ***

矢ヶ崎公園の桜も咲き始め、「軽井沢大賀ホール2014春の音楽祭」に通っている間に満開になりそうです。
指揮者 井上道義さんは、健康上の理由により約2週間の安静ということで、4月19日以降の公演は、広上淳一、三ツ橋敬子、金聖響さんが代わって指揮台に立っており、軽井沢の演奏会は、三ツ橋敬子さんが指揮されました。
前半は、小品名曲集といった感じの曲目が並びましたが、ドップラーのハンガリー田園幻想曲で、有名な第1部の演奏が終わった途端、「ブラホー」の声がかかるとは思ってもみませんでした。
工藤重典さんのフルートは、しっとりとした音色でたいへん魅力的な演奏でしたが、ビブラートをかけ過ぎているのが気になりました(個人的にビブラートはあまり好きではない)。
後半のベートーヴェンの「田園」は、三ツ橋さんのゆとりのない指揮ぶりが、そのまま演奏に反映されていて、OEKならではの弦と菅の絶妙なバランス、質感、洗練された緊張感や緻密さが感じられず、普通のオーケストラが演奏している普通の「田園」になってしまっていたのが残念でした。
たしかに、ホールに響いていたのはベートーヴェンの「田園むでしたが、最初から最後までほとんど同期するとこともなく、演奏が終わった後の気持ちの高ぶりもありませんでした。
そういえば、故大賀典雄さんは、職業指揮者ではありませんでしたが、指揮ぶりは三ツ橋敬子さんとは正反対で、オーケストラに身をゆだねて、流れるような穏やかな指揮がとても印象的でした。

|

« 2014年 保科の桜 保科温泉 長野市若穂保科 | トップページ | 長野総合車両センター 2014-04-28 E351系S5+S25編成出場 »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014年 保科の桜 保科温泉 長野市若穂保科 | トップページ | 長野総合車両センター 2014-04-28 E351系S5+S25編成出場 »