« 211系チタN54編成モハ210-2004_モハ211-2004解体線へ 長野総合車両センター | トップページ | NOAA19-11190420、NOAA19-11200409、NOAA19-11210358、NOAA19-11220347、NOAA19-11230336NOAA18-11230541 QFH137 »

2013年11月22日 (金)

ザ・フレンチ・コネクション in 松本 ザ・ハーモニーホール

11月21日 開演 19:00 ザ・ハーモニーホールPhotoPhoto_2

ブルッフ:トリオのための8つの小品 Op.83より 第1番、第2番、第5番
シューマン:幻想小品集 Op.73
ヘンツェ:墓碑銘
プロコフィエフ:前奏曲 ハ長調 Op.12-7
ブラームス:2つの歌曲 Op.91 「鎮められた憧れ」、「聖なる子守歌」
ヨンゲン:トリオのための2つの小品 Op.8
ドビュッシー:ソナタ ニ短調
カーター:スクリーヴォ・イン・ヴェント
ラヴェル:ソナチネImg_50721
アンコール
イベール:2つの間奏曲

 フルート:エマニュエル・パユ
 チェロ:ジャン=ギアン・ケラス
 ハープ:マリー=ピエール・ラングラメ

Img_51051_2

私が聴いてきた今年の演奏会の中でも、出色のすばらしい演奏会でした。
ベルリン・フィルの来日公演と、ケラスの来日が重なったことで実現した、松本だけの夢のようなの演奏会が実現しました。
午後9時20分頃に終演となりましたが、サイン会の長い行列と、サービス満点の撮影会で、午後10時過ぎまでロビーは賑わっていました。 こ
今回の演奏会は、19世紀半ばのシューマンからヘンツェやカーImg_51121ターといった現代までの幅広い時代が取り上げられ、時代を反映した様々な様式を十分堪能することができました。
すべての曲が今回のの3楽器のために書かれて曲ではありませんが、何の違和感もなく、音色やバランス感覚がすばらしく、すべてが名曲に感じてしまうほどのすばらしい演奏会でした。
今回の席は、後方16列目の中央付近でしたが、改装後の演奏会の中では、ベストに近い席のように感じられました。
残響成分の量的・時間的問題は解決されませんでしたが、一次Img_51371反射の直接音が他の場所に比べて穏やかで、なんとか我慢できる状態でした。

来年10月2日に、アルカン・カルテット&オリヴィエ・マロン(チェロ)によるシューベルトの四重奏曲と五重奏曲の演奏会が決定しています。

|

« 211系チタN54編成モハ210-2004_モハ211-2004解体線へ 長野総合車両センター | トップページ | NOAA19-11190420、NOAA19-11200409、NOAA19-11210358、NOAA19-11220347、NOAA19-11230336NOAA18-11230541 QFH137 »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・フレンチ・コネクション in 松本 ザ・ハーモニーホール:

« 211系チタN54編成モハ210-2004_モハ211-2004解体線へ 長野総合車両センター | トップページ | NOAA19-11190420、NOAA19-11200409、NOAA19-11210358、NOAA19-11220347、NOAA19-11230336NOAA18-11230541 QFH137 »