« 特急「あさま号」 183・189系N101編成 長野総合車両センター-長野 | トップページ | 長野総合車両センター 2013-04-08 115系C1編成モハ114-1129_モハ115-1066入場 »

2013年4月 7日 (日)

信越線で189系N102編成脱線事故 妙高高原-関山

Img_36431Img_364214月6日午後8時半すぎ、妙高市のJR信越線妙高高原―関山間で、長野発直江津行きの普通列車が線路内に流れ込んでいた土砂に乗り上げ(新潟日報)、6両編成の先頭車両クハ車の前輪が脱線した模様です。
「新潟日報の」画像によると、189系が脱線したようで、189系N103編成が4月7日の運用に入っていることから、脱線したのは[3325M]「妙高5号」189系N102編成クハ189-9と思われます。

4月7日午前、長野駅の運行状況を見に行ってきましたが、本日予定されていた、「特急 あさま号」は運休となり、普通Img_36521列車は終日、黒姫・妙高の折り返し運転となる旨の貼り紙が改札口前に掲示されていました。
また、[344M]と[345M]は、189系N103編成が充当されていました。

右:[345M]189系N103編成 北条踏切(長野-北長野)で撮影

|

« 特急「あさま号」 183・189系N101編成 長野総合車両センター-長野 | トップページ | 長野総合車両センター 2013-04-08 115系C1編成モハ114-1129_モハ115-1066入場 »

JR・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信越線で189系N102編成脱線事故 妙高高原-関山:

« 特急「あさま号」 183・189系N101編成 長野総合車両センター-長野 | トップページ | 長野総合車両センター 2013-04-08 115系C1編成モハ114-1129_モハ115-1066入場 »