« スギ花粉飛散、黄砂飛来 | トップページ | 211系ナノN305編成長野色 出区-試運転 長野総合車両センター »

2013年3月20日 (水)

北朝鮮のサイバー攻撃? 韓国KBS、MBC、YTNの3放送局コンピューター・システムダウン

Kbs23月20日午後、韓国のKBS、MBS、YTNの放送局3局と、いくつかの銀行のコンピューターがサイバー攻撃を受けてシステムダウンしました。
KBSWorldの日本語のHPはサーバーが「ne.jp」のため、支障なく閲覧できていますが、www.kbs.co.kr/ は接続できない状態が続いています。

3月21日 07:59:30~08:06:55(UTC) 7275kHz KBS World Radio 日本語放送ニュース
「KBS-1_2013.03.21_16.58.mp3」をダウンロード「KBS-2_2013.03.21_16.58.mp3」をダウンロード

Kbs3[3月15日、北朝鮮のKCNA朝鮮中央通信は、国内のインターネットシステムがサイバー攻撃を受けていると伝え、米国など「敵対勢力」の仕業とみて、「敵の無謀な攻撃にわれわれは決して手をこまねいてはいない」と報復措置を示唆した。]と、今回のシステム障害を暗示するようなニュースが事前に流れていました。

【平壌3月20日発KCNA朝鮮中央通信】
 先日、共和国の主要インターネット・サイトがウイルス攻撃を受けて接続障害現象が発生した。これに関連して南朝鮮のかいらいは、御用専門家らを推し立てて「北の自作劇である可能性」だの、何のという世論を流している。極右保守言論も「北の自作劇」説を受け売りにし、増幅させている。
 20日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、米国とかいらい好戦狂らの北侵核戦争演習とタイミングを合わせて繰り広げられたサイバー攻撃が誰の行為であるのかは火を見るより明らかであると指摘した。
 同紙は、かいらいが「北の自作劇」説を流しているのは後ろめたいからであるとし、次のように強調した。
 重大なのは、かいらいが「北の所行」と疑われる分散サービス拒否攻撃機能をもつ悪性コードが持続的に探知されているだの、「北がサイバーテロで機関施設を攻撃」しようとするだの、何のというき弁まで流していることである。われわれがサイバー攻撃を受けたことに対して「報復挑発」を行いかねないということも言っている。15日には「金融情報などの奪取を目標とした攻撃とは違って主に軍将官サイトを狙っているという点から見て分散サービス拒否攻撃を招きかねない」という「注意」まで与えた。かいらいは、このような世論を広めて南朝鮮人民の間に反共和国敵対感を注入させ、自分らの同族対決と戦争政策を合理化しようとしているのである。これは、われわれに対するサイバー攻撃が事前に綿密に作成されたシナリオに従って強行されたということを反証している。
 われわれに対するサイバー攻撃は、南朝鮮のかいらいが米国を後ろ盾にして北侵戦争の導火線に火をつける口実を設けるためにつくり上げたもうひとつの反共和国謀略劇である。
 しかし、かいらいが北侵戦争挑発のための荒唐無稽(むけい)な反共和国謀略騒動に執着するほど、自分らの卑劣な正体をさらけ出し、破滅をさらに促す結果しか招かない。

江ノ島の猫にメモリチップ付きの首輪をつけた、遠隔操作事件の犯人と同じような心理状態を感じるのは私だけでしょうか。

|

« スギ花粉飛散、黄砂飛来 | トップページ | 211系ナノN305編成長野色 出区-試運転 長野総合車両センター »

BCL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮のサイバー攻撃? 韓国KBS、MBC、YTNの3放送局コンピューター・システムダウン:

« スギ花粉飛散、黄砂飛来 | トップページ | 211系ナノN305編成長野色 出区-試運転 長野総合車両センター »