« 第10回国際オーボエコンクール・軽井沢 上位入賞者&審査委員コンサート 軽井沢大賀ホール | トップページ | 秋の太郎山トレッキング(若穂太郎山) 2012-10-14 »

2012年10月12日 (金)

アブデル・ラーマン・エル=バシャ ピアノリサイタル ザ・ハーモニーホール

10月11日 開演19:00 ザ・ハーモニーホールPhoto

J.S..バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻 24の前奏曲とフーガ より
 第1番 ハ長調 BWV..846  第2番 ハ短調 BWV.847  第3番 嬰ハ長調 BWV.Photo_2848
 第4番 嬰ハ短調 BWV.849 第5番 ニ長調 BWV.850  第6番 ニ短調 BWV.851
J.S.バッハ:イギリス組曲 第3番 ト短調 BWV.808
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第15番 ニ長調 「田園」 Op.28
          ピアノ・ソナタ 第26番 変ホ長調 「告別」 Op.81a
アンコール
ショパン:ノクターン 第13番 ハ短調 Op.48-1
エル=バシャ:レバノンの歌
ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 Op.66 遺作

10月12日 開演19:00 ザ・ハーモニーホールImg_01592_2

モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第6番 ニ長調 「デュルニッツ」 K.284(205b)
ラヴェル:夜のガスパール
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第17番 ニ短調 「テンペスト」 Op.31-2
ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 「葬送」 Op.35
アンコール
ショパン:ノクターン 第20番 嬰ハ短調 遺作
エル=バシャ:バッカス
ショパン:ワルツ 第10番 ロ短調 Op.69-2(自筆譜版)
Img_01901_2
 ピアノ:アブデル・ラーマン・エル=バシャ

今回の日本公演は、
 10月7日(日)ザ・シンフォニーホール(大阪)
 10月9日(火)みなとみらいホール(横浜)
 10月10日(水)岡山シンフォニーホール(岡山)
 10月11日(木)ザ・ハーモニーホール (松本)
 10月12日(金)ザ・ハーモニーホール (松本)
 10月14日(日)海老名市文化会館(海老名)
の5会場で行われましたが、ザ・ハーモニーホールのメインホールが使えないため、小ホールで二夜連続となり、2012年ツアーでは松本が一番贅沢なコンサートになりました。
初日の、平均律クラヴィーア曲集が奏でられた瞬間から、すばらしうピアニストだと実感できましたし、このまま全曲通して聴きたいという衝動に駆られました。
2日間を通しての感想としては、明確なタッチで強靭でありなかせら、そこから生まれる繊細な弱音がとてもすばらしく、理性的でピアノ演奏の一つの完成形の域にあると思わせるすばらしい演奏会でした。
Photo2日目にアンコールでは、ショパンの「ノクターン第20番嬰ハ短調 遺作」が演奏されましたが、単なる優しさだけでなく、繊細でありながら譜面の解釈や構成力が見事で、中間部の表現がとても印象的でした。
2バッハの平均律クラヴィーア曲集第1巻は2010年10月から11月にかけて、埼玉,秩父ミューズパークで録音されたCDが発売されています。
聞いたところによると、平均律クラヴィーア曲集は50歳になるまでは演奏しなかったということで、早速注文したいと思っています。
2日間続けての松本はたいへんでしたが、演奏スタイルは全く異なるものの、ピアノ演奏としては、サイトウ・キネンで演奏されたピーター・ゼルキンの武満徹とともに、感動的で充実した演奏会になりました。

右上:10月12日姨捨駅で撮影した姨捨の棚田  雲の間から、棚田にだけ弱い日差しが差し込んでいて、シャッターを切りました。
(EOS M EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM  1/125 F=7.1 52mm 10月12日15:35撮影)

|

« 第10回国際オーボエコンクール・軽井沢 上位入賞者&審査委員コンサート 軽井沢大賀ホール | トップページ | 秋の太郎山トレッキング(若穂太郎山) 2012-10-14 »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アブデル・ラーマン・エル=バシャ ピアノリサイタル ザ・ハーモニーホール:

« 第10回国際オーボエコンクール・軽井沢 上位入賞者&審査委員コンサート 軽井沢大賀ホール | トップページ | 秋の太郎山トレッキング(若穂太郎山) 2012-10-14 »