« R1ch ロシアTV C1ch~C2ch CCTV、齐齐哈尔电视台、 Eスポ(Sporadic E) | トップページ | R1ch ロシアTV Pervyy Kanal C1ch~C2ch CCTV、蛟河电视台、齐齐哈尔电视台 Eスポ(Sporadic E) »

2012年8月31日 (金)

武満徹メモリアルコンサート XVII サイトウ・キネン・フェスティバル

8月30日(木)  開演 19:00 キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)Photo

武満徹:アントゥル=タン
武満徹:そして、それが風であることを知った 
武満徹:秋庭歌一具

 ヴァイオリン:井上静香、双紙正哉
 ヴィオラ:川本嘉子、柳瀬省太
 チェロ:イズー・シュア
 フルート:ジャック・ズーン
 オーボエ:フィリップ・トーンドゥル
 ハープ:吉野直子
 雅楽:伶楽舎

9月10日追記:オーケストラコンサートの日あたりから急に肩痛が始まり、何か考えたりする気になれませんでしたが、ようやく元に戻ってきましたので記事を追記していきます。

今回の「武満徹メモリアルコンサート」は、小ホールでは実現できなかった「秋庭歌一具」が聴けたことにつきると思います。
来年は、ザ・ハーモニーホールになるでしょうから、「秋庭歌一具」を松本で聴けるのは、特別な事情がないかぎり、最初にして最後になると思われます。
前半の「それが風であることを知った」は、1992年の作品で、オーレル・ニコレ、今井信子そして吉野直子という、蒼々たる奏者によって初演されていますが、今回の、ジャック・ズーン、川本嘉子、そして吉野直子もそれに劣らず、すばらしいベスト奏者による名演奏を聴くことができました。
そして後半の「秋庭歌一具」が始まりました。
 第1曲:参音声 I. Strophe
 第2曲:吹渡 II. Echo I
 第3曲:塩梅 III. Melisma
 第4曲:秋庭歌 IV. In An Autumn Garden
 第5番:吹渡二段 V. Echo II
 第6曲:退出音声 VI. Antistrophe
雅楽の楽器編成で聴く現代音楽で、伝統的雅楽音楽でありながら、武満徹の音世界ならではの作品になっており、季節の移ろいを感じながら、袖ステージを使った立体的配置で、視覚的にも聴覚的にも楽しめたすばらしい演奏でした。

|

« R1ch ロシアTV C1ch~C2ch CCTV、齐齐哈尔电视台、 Eスポ(Sporadic E) | トップページ | R1ch ロシアTV Pervyy Kanal C1ch~C2ch CCTV、蛟河电视台、齐齐哈尔电视台 Eスポ(Sporadic E) »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武満徹メモリアルコンサート XVII サイトウ・キネン・フェスティバル:

« R1ch ロシアTV C1ch~C2ch CCTV、齐齐哈尔电视台、 Eスポ(Sporadic E) | トップページ | R1ch ロシアTV Pervyy Kanal C1ch~C2ch CCTV、蛟河电视台、齐齐哈尔电视台 Eスポ(Sporadic E) »