« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

大賀典雄メモリアル 軽井沢大賀ホール2012春の音楽祭 井上道義指揮 オーケストラ・アンサンブル金沢

4月30日 16:00開演 軽井沢大賀ホール2_2

チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ(弦楽四重奏曲第1番 Op.11)
シュニトケ:モーツ-アルト・ア・ラ・ハイドン
チャイコフスキー:弦楽のためのセレナーデ ハ長調 Op.48
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35
アンコール
パガニーニ:24の奇想曲から第24番イ短調

 ヴァイオリン:神尾真由子
 指揮:井上道義Img_02621
 管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)
   シュニトケ独奏 サイモン・ブレンディス、江原千絵

「軽井沢大賀ホール2012春の音楽祭」のベストワンと同時に、私が今年聴くコンサートの中で「今年のベスト5」に数えられる名演奏に出会うことができました。
いつも同じことを書いていますが、大賀ホールがOEKのために作られたホールだと錯覚に陥るほど、大賀ホールとOEKは相性抜群で、4月28日のモーツァルトで感じとりたいと思っていた、「オーケストラとホールが調和し、そこから生まれる透明感と静寂そして残響に包まれた・・・・・・・」が完璧な形で実現していました。
ヴァイオリン独奏の神尾真由子さんは、2004年のダヴィッド・オイストラフ国際ヴァイオリン・コンクール第1位、2007年のチャイコフスキー国際コンクール優勝という、輝かしい成績を残していますが、ヴァイオリン協奏曲ではすばらしい演奏を繰り広げ、CDでもこれほどの名演奏に出会うのは稀と思えるほどの演奏を聴くことができました。
たいへん良く弾き込まれていて、緊張感と繊細さ、そしてオーケストラとのバランスも抜群で、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が名曲だったことを改めて実感させるものでした。
シュニトケの「モーツ-アルト・ア・ラ・ハイドン」は、5月3日に、東京で開催されている「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012」でも演奏される曲目ですが、演奏者の登場から曲の終わりまでたいへんこった演出が施され、東京より一足先に「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012」の気分になって楽しみながら聴くことができました。
普段だったら、今回の演奏曲目では積極的に聴きに行こうとは思わなかったと思いますが、OEKの演奏は、どの曲もベストで、私が抱いていたチャイコフスキーという作曲家の概念を覆してしまうほどの、すばらしく充実した演奏会でした。

特別展『大賀典雄の夢』が、軽井沢駅さわやかホールで開催されていたので入場してきました。
会場には、大賀さんが使っていた執務室を実物の机や椅子で再現され、自ら操縦していた当時のソニーの社用ジェット機「ファルコン」の模型を置かれていました。
大賀典雄さんの思い出がいっぱい詰まったすばらしい特別展です。
また、鉄道模型の「Zゲージ」を1960年代のソニーが作っていたということを知りました。

Img_02521 Img_02531 Img_02571

しなの鉄道の「小諸-軽井沢」間では、169系S52編成「湘南色」が運行されていました。

撮影場所 軽井沢駅  右 EF63-2とともに
Img_02461 Img_02491

今日は、平原から御代田付近の桜が見頃になっていましたが、軽井沢の桜も咲き始め、次回の5月3日のコンサートでは満開の桜が見られそうです(右上 大賀ホール横)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

大賀典雄メモリアル 軽井沢大賀ホール2012春の音楽祭 モーツァルト「レクイエム」 金聖響指揮 シュナイト・バッハ合唱団/東京フィルハーモニー交響楽団 

4月28日 17:00開演 軽井沢大賀ホール2_2

モーツァルト:弦楽のためのアダージョとフーガ ハ短調 K.546
         フリーメーソンのための葬送音楽 ハ短調 K.477
         レクイエム ニ短調 K.626
         アヴェ・ヴェルム・コルプス ニ長調 k.618

 ソプラノ:臼木あい アルト:加納悦子 テノール:櫻田亮 バス:福島明也
 合唱:シュナイト・バッハ合唱団
 オルガン:身崎真理子  
 指揮:金聖響  Img_02131
 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

軽井沢の春も遅れているようで、大賀ホール周辺の桜はまだ堅いつぼみで一両日中に咲く気配はありませんでした。
「軽井沢大賀ホール2012春の音楽祭」、今年の注目は、長野市周辺ではほとんど聴く機会のない曲目が並んだ、モーツァルトのレクイエムをはじめとする今日の演奏会でした。
当初は、ハンス マルティン・シュナイト指揮による演奏会が計画されていたのですが、来日が困難になり金聖響指揮に変更されました。
このコンサートを含めて4回のコンサートは、すべて同一席の2階中央が確保でき、視覚的、音響的には最良な席だったのですが、ホールの規模(空間)に比べ、シュナイト・バッハ合唱団の規模が多すぎ、ホールの空間容量を超えたダイナミックレンジで響きが飽和してしまったことで、オーケストラとのバランスが悪くなり、弦楽器が合唱に埋没してしまい、ハーモニーが混沌としてしまったことが残念でした。
小編成のオーケストラと、今回の半分程度の合唱団、響きの良い大賀ホールの特性を生かし、弱音域に重心があるダイナミックレンジで、オーケストラと合唱そしてホールが調和し、そこから生まれる透明感と静寂そして残響に包まれたレクイエムが聴ければ最高だったのですが・・・・・・・・。
何はともあれ滅多に実演で聴ける機会のない曲目が堪能できたことに感謝するコンサートでした。

右上の写真は、演奏会終了後の大賀ホール (Canon  PowerShot G1 X)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

2012年 保科の桜 保科温泉 長野市若穂保科

4月25日午後、2分咲きから8分咲きになった保科温泉の桜です。
ちょうど、ゴールデンウィークに見頃になる模様で、たくさんの花見客で賑わいそうです。

撮影場所 長野市若穂保科 保科温泉  撮影日時 4月25日 15:45前後
Img_72941 Img_73031 Img_73041
Img_73051 Img_73091 Img_73061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 保科の桜 清水寺 長野市若穂保科

4月25日午前、そろそろ満開の頃合いかと清水寺へ桜を見に行ってきました。

撮影場所 保科 清水寺 撮影日時 4月25日 11:40
Img_72711 Img_72791 Img_72801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

荒 絵理子と素晴らしい仲間たち 若い演奏家の招聘コンサートシリーズ2012 第3回 あづみ野コンサートホール

4月22日 開演14:00 あづみ野コンサートホール Img133

ドゥリング:フルート、オーボエ、ピアノのための三重奏曲
ベーム:グランドポロネーズ Op.16
ダエッリ:リゴレットの主題によるファンタジー
日本の歌メドレー:花~夏の思い出~赤とんぼ~雪~ふるさと
ビゼー:歌劇「カルメン」より ハバネラ、第3幕への間奏曲、ジプシーの踊り
 
モーツァルト 歌劇「魔笛」より 私は鳥刺し、復習の心は地獄のように燃え
Img_01661_2ドゥメルスマン&ベルテルミ:「ウィリアムテル」の主題によるフルートとオーボエのための華麗なる二重奏曲
アンコール
NHK連続テレビ小説第61作目の作品「あすか」のテーマ曲「風笛」
日本の歌 ふるさと

 オーボエ、イングリッシュホルン:荒 絵理子
 フルート:丸山貴菜
 ピアノ:井垣里沙Img_01771

青く透き通った空と、雪の北アルプスそして桜満開のあづみ野を期待したのですが、どんよりとした曇り空と、午後には雨が降り出すという残念な空模様になってしまいました。
そのかわり、演奏会は、あづみ野の春がいっぱいで、清流や木々の芽吹きとともに、透き通るような青空の下、若緑に染まっていくあづみ野の春のイメージを連想させるような、すがすがしく、若々しく、躍動感ある「あづみ野の春」を堪能したすばらしい演奏会になりました。
今回は、選曲も良く、歌劇の有名な旋律の編曲物が多く、親しみやすいたいへん楽しめた演奏会でした。
第1曲目は、イギリスの女流作曲家、ドゥリング(1923-1977):フルート、オーボエ、ピアノのための三重奏で、フルートとオーボエの魅力が感じ取れる良い作品だと思いました。
ドゥメルスマン&ベルテルミの「ウィリアムテル」の主題によるフルートとオーボエのための華麗なる二重奏曲では、有名な「牧歌」をイングリッシュホルンに持ち替えて演奏されました。
人気の高さもあつてか、小さなホールはほぼ満席の大盛況で、若い3人が奏でるすばらしい演奏に酔いしれていました。
演奏会の前にあづみ野を撮影しようと早めに出かけたのですが、あいにくの空模様で北アルプスはほとんど見ることができませんでした。
旅行会社のツアーで、大王わさび農場と穂高川横の早春賦の歌碑を往復するたくさんの観光客であふれていました。

Img_01361 Img_01371 Img_01561_2Img_01451 Img_01511_2 Img_01531
上段左から           Canon  PowerShot G1 X
1 穂高川と有明山
2 土手の桜並木の中に早春賦の歌碑
3 北アルプと桜
下段
1-3 大王わさび農場  一番の撮影スポットは今年はわさびがなく残念(3の左奥)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

長野電鉄屋代(河東)線 -39- 信濃川田駅 桜

4月21日、例年より桜の開花が遅れましたが、ここ数日の好天で、信濃川田駅の桜も一気に満開になりました。
今回はCanon PowerShot G1 Xで撮影しましたが、EOS 50Dとはだいぶ発色傾向が異なります。

Img_00581 Img_00641 Img_00661
Img_00831 Img_00941 Img_01181
2_2
上段左から
1 川田小学校校庭の桜とともに  手前の桜にピントが合ってしまいました
下段  パノラマにしてみました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

Canon PowerShot G1 X 購入

昨日、注文していたCanon PowerShot G1 Xが届きました。Gi_x
コンサートなどで持ち歩くのは、一眼レフでは重すぎ、コンパクトカメラでは物足りないと思っていたのですが、「14.3メガの新開発CMOSセンサーは、表面積が従来の約6.3倍の1.5型へと大型化」が購入の大きな決め手になりました。
一眼レフに近い優れた解像度と描写力を、このコンパクトカメラに期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

長野電鉄屋代(河東)線 -38- ED502_デハニ201 シート掛け 信濃川田駅

4月10日午前、信濃川田駅に立ち寄ったところ、留置のED502とデハニ201にブルーシートを掛けているところでした。
開放的な綿内駅に比べて、周りを立入禁止のロープが張られた信濃川田駅なので、カメラマン対策と思われますが、まもなく咲く桜とブルーシートでは「画」になりません。

Img_66541 Img_66591 Img_66871

4月11日追記:信濃川田駅待合室のホーム側ガラス戸に、「私有地につき立入禁止」の貼り紙が貼られました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

長野電鉄屋代(河東)線 -37- 信号機通電遮断 信濃川田駅

4月2日午後、209系元ウラ32編成配給の撮影のあと、信濃川田駅に寄ったところ、信濃川田駅の構内信号の通電が遮断されていました。

撮影場所・日時 長野電鉄信濃川田駅 4月2日14時15分頃
Img_64331 Img_64351

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

長野電鉄屋代(河東)線 -36- 長野電鉄屋代線代替バス「屋代須坂線」出発式 長野市若穂支所

4月1日午前、長野市・長野電鉄活性化協議会主催による、「長野電鉄屋代線代替バス『屋代須坂線』出発式」が、長野市若穂支所で行われました。
開会の前には、古屋区青年会(綿内)による獅子舞が行われました。
出発式では、長野市長、長野市議会議長、若穂住民自治協議会長、長電バス取締役社長のあいさつがあった後、運行バスの前でテープカットが行われました。
閉会後、バスの車両見学・試乗会が行われ、若穂支所-綿内駅-若穂支所間を往復しました。Img_62701Img_62831 Img_62911 Img_62951
Img_63021 Img_63061 Img_63261
Img_63371 Img_63391 Img_63411
Img_63421 Img_63441 Img_63521
1段目左から
1 古屋区青年会(綿内)による獅子舞
2 長野市長あいさつ
3 長野市議会議長あいさつと会場の様子
2段目左から
1 若穂地区住民自治協議会長あいさつ
2 長電バス取締役社長あいさつ
3 長電バスの前でテープカット
3段目左から
1-2 バス車両見学  3 屋代須坂線で運行される長電バス
4段目左から
1 屋代須坂線で運行される長電バス
2 試乗会 綿内駅へ向かう長電バス
3 綿内駅から若穂支所へ戻る長電バス

追記:出発式のほとんどの時間、長野市長は下を向いたまま顔を上げることがなく、会場のようすを撮影するタイミングに苦労しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野電鉄屋代(河東)線 -35- 2000系A編成、3500系編成(2両)留置 信濃川田駅

4月1日、昨日2000系D編成のファイナルランの後、3500系2両と2000系A編成が、須坂駅から信濃川田駅に移動し上り線に留置となりました。
3500系は車両番号など形式のわかるものはすべて外されていて、編成を確認することはできません
今後は、長野市が若穂住民自治協議会等と、利用方法等を検討することになると思われます。

撮影場所 信濃川田駅
Img_62511 Img_62551 Img_62571
Img_62671 Img_62581 Img_62611
Img_62621 Img_62641 Img_62661

踏切
今日から、須坂駅南寄りの第10号踏切(国道406号線)以外は、一時停止の必要がなくなりましたが、すでに遮断機の遮断桿が取り外されているのが確認できました。

Img_62461 Img_62481 Img_63581
左から
1-2 保科踏切 信濃川田-若穂
3 馬場田踏切 若穂-綿内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野電鉄屋代(河東)線 -34- 屋代線&2000系D編成ファイナルラン 信濃川田駅

3月31日、長野電鉄屋代(河東)線は、2000系D編成による、「ありがとう・さようなら屋代線ファイナルツアー」の運行で幕を閉じました。
大正11年6月10日に開業して以来約90年間、地域の足として走り続けてきた「屋代(河東)線」は、3月31日をもって廃止になりました。
ファイナルランまでの最後の夜を、信濃川田駅で撮影しました。

撮影場所 長野電鉄屋代(河東)線信濃川田駅
Img_61091 Img_61331 Img_61291
Img_61271 Img_61181_2 Img_61201
Img_61471 Img_61671 Img_61721
Img_61851 Img_62191 Img_62211
Img_62221 Img_62241 Img_62311
Img_62341 Img_62371 Img_62441
1段目左から
1-3 信濃川田駅
2段目左から
1 信濃川田駅から上り方面
2 列車番号429 20:40 3500系L2編成
3 列車番号429、428 20:40 列車番号428は3500系O6編成
3段目左から
1 「屋代線ファイナルツアー」 21:29 2000系D編成
2-3 列車番号430 22:00 3500系L2編成
4段目左から
1 列車番号431 22:13 松代行き 3500系N7_N8編成(4両) 定期運行下り方面ファイナルラン
2 若穂住民自治協議会の川田、保科地区の関係者が提灯で見送ります
3 列車番号432 22:58 3500系N7_N8編成(4両) 定期運行上り方面ファイナルラン
5段目左から
1-3 列車番号432 22:58-22.59 3500系N7_N8編成(4両) 定期運行上り方面ファイナルラン
6段目左から
1-3 「屋代線ファイナルツアー」 23:16 2000系D編成 屋代(河東)線&2000系D編成ファイナルラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »