« CD、DVD | トップページ | 松本幸四郎主演「アマデウス」 まつもと市民芸術館 »

2011年12月 3日 (土)

大森潤子ヴァイオリンリサイタル 2011若い演奏家の招聘コンサートシリーズ 最終回 あづみ野コンサートホール

12月3日 開演14:00 あづみ野コンサートホール Img_45591

J.S.バッハ::無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調 BWV1001
         無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番イ短調 BWV1003
         無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番ハ長調 BWV1005
アンコール
J.S.バッハ::無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調 BWV1006 から「Loure 」

 ヴァイオリン:大森潤子

長野など地方で生活していると、J.S.バッハの「無伴奏ヴァイオリンのための」演奏会はほとんど聴く機会はありませんが、そのわずかなチャンスが「あづみ野コンサートホール」で実現しました。
ヴァイオリンの大森潤子さんは、現在札幌交響楽団で活躍されている方
ですが、バッハを依頼した館長と、それに応えてくれた大森さんに拍手です。
演奏後に、「J.S.バッハは、あと5~6年じっくり弾き込んでから聴いてほしかった」と話されていましたが、いえいえすばらしいバッハを聴くことができて、十分満足した演奏会でした。
演奏会当日は、日本列島を低気圧が通過中で、特に午前中は雨と風が強く、大森さんも演奏後に湿度が高く調律に苦労したと話されていましたが、そんなどんよりした天気を忘れさせてくれるようなすてきな演奏会でした。
今回は、ヴァイオリンの響きを堪能したくて、最後尾の席で聴いていましたが、とても響きの良い音色が小さなホールを包み込み、バッハの世界に浸ることができました。
ただ注文があるとすれば、極力ノンビブラートで演奏してほしかったということくらいでしょうか。
次回は、近代、現代を中心とした曲目で聴けることを楽しみに待ちたいと思います。

|

« CD、DVD | トップページ | 松本幸四郎主演「アマデウス」 まつもと市民芸術館 »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大森潤子ヴァイオリンリサイタル 2011若い演奏家の招聘コンサートシリーズ 最終回 あづみ野コンサートホール:

« CD、DVD | トップページ | 松本幸四郎主演「アマデウス」 まつもと市民芸術館 »