« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

7245kHz R.Romania Int. SNR Tiganesti E2 DRM

10月30日 16:30(UTC) 7245kHz R.Romania Int. SNR Tiganesti E2 B11 Schedule

Rri85_2 Rri86_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

5995kHz R.Australia DRM

10月30日 13:02(UTC) 5995kHz R.Australia-Brandon B11 Schedule

Australia7_2 Australia6_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7340kHz V.O.Russia-Irkutsk DRM

10月30日 12:05(UTC) 7340kHz V.O.Russia-Irkutsk B11 Schedule
Russia34_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12000kHz V.O.Russia-Novosibirsk DRM

10月30日 11:00~(UTC) 12000kHz V.O.Russia-Novosibirsk B11 Schedule
Russia33

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーケストラ・アンサンブル金沢メンバーによる木管五重奏 ザ・ハーモニーホール

10月29日(土) 開演18:00 ザメハーモニーホール(小ホール)2_2

モーツァルト:「魔笛」序曲 木管五重奏版
フランツ・ダンツィ:木管五重奏曲 ト短調 Op. 56 No. 2
モーツァルト:ピアノと管楽器のための五重奏曲 変ホ長調 K.452
ニールセン:木管五重奏曲 Op.43
プーランク:管楽器とピアノのための六重奏曲
アンコール
L・テュイレ: ピアノと管楽器のための六重奏曲変ロ長調 Op.6から第3楽章

 フルート:岡本えり子
 オーボエ、
イングリッシュホルン:加納律子
 クラリネット:遠藤文江
 ホルン:金星 眞
 ファゴット:柳浦慎史
 ピアノ:臼田由香里

6月30日の長野県中部を震源とする地震の影響で中止になった、井上道義指揮、オーケストラ・アンサンブル金沢 松本公演Ⅵ」にかわって、この木管五重奏の演奏会になりました。
日頃あまり聴くことのない曲を聴け、アンサンブルもまとまっていて、良い企画の演奏会でした。
演奏された曲では、それぞれの楽器の特徴を生かした、ニールセンやプーランクなど作曲年代が新しいほど楽しく聴けましたが、アンコールで演奏されたテュイレの六重奏曲がなかなか面白く、全曲聴いてみたい気分になりました。
ただ、ピアノが伴奏に徹していて、木管楽器と対等に主張することがなかったのがちょっと残念でした。
10月8日に予定されていた、「
グラン・パルティータのロマン ~木管アンサンブルで楽しむモーツァルト」が中止になってしまったので、今回の演奏会が今年唯一の木管アンサンブルの演奏会になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11870kHz R.Romania Int. SNR Tiganesti E1 DRM

10月30日 05:10(UTC) 17870kHz R.Romania Int.SNR Tiganesti E1 B11schedule 中国語

Rri83_2 Rri82_2
Rri84

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

13780kHz Deutsche Welle Trincomalee-Sri Lanka

10月29日 00:52~00:58s/off(UTC) 13780kHz Deutsche Welle Trincomalee-Sri Lanka

Deutsche welleのA11スケジュール最終日、10月30日からのB11スケジュールで、Deutsche Welleは大幅に縮小され、スリランカのTrincomalee中継が廃止されることから記録のために受信しました。
「DW-CLN-4_2011.10.29_09.51.mp3」をダウンロード00:52~00:58s/off(UTC)
「DW-CLN-5_2011.10.29_09.51.mp3」をダウンロード

Deutsche_welle14_2 Deutsche_welle12_2 Deutsche_welle13_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

C1ch 中国TV A2ch フィリピンTV? F2層伝搬

10月28日午後、C1chとA2chでF2層伝搬と思われる映像が比較的強く受像できました。
C1chはCCTVの映像と見比べてみた限りでは「CCTV1」ではないようです。

Img_14841 Img_14901 Img_15021
C1ch 05:02(UTC)                      C1ch 05:04(UTC)                     A2ch 05:24(UTC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

12000kHz V.O.Russia DRM

10月27日 08:00(UTC) 12000kHz V.O.Russia DRM RUBR 2A DRM

DRM RUBR 2Bはキャプチャーできませんでした。
画像を保存している間s/offしてしまい、正確なs/off時刻は確認できませんでしたが、08:04(UTC)にはs/offしていました。
Russia32_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C1ch F2層伝搬

10月27日夕方前後に、C1chでF2層伝搬と思われる映像が受像できました。
08:30(UTC)(17:30JST):現在も信号が確認できます。

Img_14461 Img_14561 C1chf2
C1ch 07:11(UTC)                      C1ch 07:31(UTC)           49.75MHzの映像信号



| | コメント (0) | トラックバック (0)

17780kHz BBC & DW Trincomalee-Sri Lanka DRM

10月27日 04:59:30~05:22(UTC) 17780kHz BBC & DW  Trincomalee-Sri Lanka

10月30日からのB11スケジュールで、Deutsche Welleは大幅に縮小され、スリランカのTrincomalee中継が廃止されることから記録のために受信しました。
昨日よりも若干コンディションはいいようです。
「bbcdwcln1_2011.10.27_13.58.mp3」をダウンロード04:59:35~05:02:00(UTC)
「bbcdwcln2_2011.10.27_14.18.mp3」をダウンロード05:19:30~05:22:00(UTC)
Bbc_dw33Bbc_dw30_2 Bbc_dw31 Bbc_dw32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

15640kHz Deutsche Welle Kranji-Singapore

10月26日 08:59:45~09:01:55(UTC) 15640kHz Deutsche Welle Kranji-Singapore

10月30日からのB11スケジュールで、Deutsche Welleは大幅に縮小され、シンガポールのKranji中継が廃止されることから記録のために受信しました。
「DW-SNG_2011.10.26_17.59.mp3」をダウンロード08:59:45~09:01:55(UTC)

Deutsche_welle11Deutsche_welle10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17780kHz BBC & DW Trincomalee-Sri Lanka DRM

10月26日 04:59:30~05:02(UTC) 17780kHz BBC & DW  Trincomalee-Sri Lanka

10月30日からのB11スケジュールで、Deutsche Welleは大幅に縮小され、スリランカのTrincomalee中継が廃止されることから記録のために受信しました。
DRMの完全復調ができないため、無音箇所はカットしてあります。
「DW-CLN_2011.10.26_13.58.mp3」をダウンロード04:59:30~05:02(UTC) 

Deutsche_welle9Deutsche_welle8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年サイトウ・キネン・フェスティバル基本計画発表

来年(2012年)のサイトウ・キネン・フェスティバル基本計画が発表されました。
フェスティバル期間:2012年8月9日~9月9日の31日間(予定) 3

1 .公式公演
 (1) A.オネゲル作曲「火刑台上のジャンヌ・ダルク」(4公演)
      演奏:サイトウ・キネン・オーケストラ    
      指揮:小澤征爾
      ジャンヌ・ダルク:イザベル・カラヤン
     合唱:SKF松本合唱団、栗友会合唱団
      児童合唱:SKF松本児童合唱団
               会場:まつもと市民芸術館
   
   (2) オーケストラ・コンサート(2公演)     
      演奏:サイトウ・キネン・オーケストラ
     指揮:ダニエル・ハーディング   
               会場:長野県松本文化会館
   
   (3) 武満徹メモリアルコンサートXVII(1公演)
      プログラム:武満徹/秋庭歌一具 他
      出演:伶楽舎、サイトウ・キネン・オーケストラメンバー他
               会場:長野県松本文化会館
     
   (4) ふれあいコンサート (1公演)
               会場:長野県松本文化会館

 (5) 谷川俊太郎による「詩と音楽」Ⅲ(1公演)
               会場:松本市あがたの森文化会館

 (6) クロスオーバー in あがたの森(3公演)
       ビングバンド・ジャズ、ラテン・ジャズ、アルゼンチン・タンゴを各1公演 
            会場:松本市あがたの森文化会館
 

 (7) 若い人のための「サイトウ・キネン室内楽勉強会」
      (金管アンサンブル)発表会(1公演)
               会場:松本市あがたの森文化会館

2. 若手音楽家・青少年育成事業
      「子どものための音楽会」「青少年のためのオペラ」  ほか
3 .その他
      まつもと市民芸術館との共同制作

ふれあいコンサートが1公演になってしまったのが残念ですが、注目は、武満徹メモリアルコンサートXVII 「秋庭歌一具」とダニエル・ハーディング 指揮のオーケストラ・コンサートです。
一応、太字の5公演のチケットを購入する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15640kHz BBC & DW Trincomalee-Sri Lanka DRM

10月25日 16:58(UTC) 15640kHz BBC & DW DRM Trincomalee-Sri Lanka

10月30日からのB11スケジュールで、Deutsche Welleは大幅に縮小され、スリランカのTrincomalee中継が廃止されることから記録のために受信しました。

Bbc_dw27Bbc_dw28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

17820kHz Deutsche Welle Trincomalee-Sri Lanka

10月25日 08:57~09:02(UTC) 17820kHz Deutsche Welle  Trincomalee-Sri Lanka

10月30日からのB11スケジュールで、Deutsche Welleは大幅に縮小され、スリランカのTrincomalee中継が廃止されることから記録のために受信しました。
「DW-CLN3_2011.10.25_17.56.mp3」をダウンロード08:57~09:02(UTC)
「DW-CLN4_2011.10.25_17.56.mp3」をダウンロード

Deutsche_welle7Deutsche_welle6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17860kHz Deutsche Welle Trincomalee-Sri Lanka

10月25日 07:57~08:01:05(UTC) 17860kHz Deutsche Welle  Trincomalee-Sri Lanka

10月30日からのB11スケジュールで、Deutsche Welleは大幅に縮小され、スリランカのTrincomalee中継が廃止されることから記録のために受信しました。
「DW-CLN1_2011.10.25_16.56.mp3」をダウンロード 07:57~08:01:05(UTC)
「DW-CLN2_2011.10.25_16.56.mp3」をダウンロード

Deutsche_welle4Deutsche_welle5_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13780kHz Deutsche Welle Sines-Portugal

10月24日 17:57~18:03'UTC) 13780kHz Deutsche Welle Sines-Portugal

10月30日からのB11スケジュールで、Deutsche Welleは大幅に縮小され、ポルトガルのSines中継が廃止されることから記録のために受信しました。
「DW-G_2011.10.25_02.57.mp3」をダウンロード17:57~17:59(UTC) Woofferton (G)
「DW-Sines_2011.10.25_02.57.mp3」をダウンロード18:00~18:03(UTC) Sines (POR)

Deutsche_welle2Deutsche_welle3_4



10月29日で閉局するDeutsche Welle Sines送信所Dwsines

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

C1ch~C3ch CCTV、齐齐哈尔电视台 Eスポ

10月24日夕方から、C1ch~C3chで中国TVがかなり強く長い時間帯で受像できました。
C1ch~C3chでCCTV、C2chで齐齐哈尔电视台のロゴマークが確認できましたが、混信がひどく他の局は浮いて来ませんでした。

Img_11861 Img_12011_6 Img_12111
C1ch 未確認 07:56(UTC)           C2ch 齐齐哈尔电视台 08:01(UTC)  C2ch CCTV 08:14(UTC)
Img_12171 Img_12251 Img_12271
C1ch CCTV 08:24(UTC)            C2ch 齐齐哈尔电视台 09:05(UTC)  C3ch CCTV 09:21(UTC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

11600kHz Radio Libya

10月22日 16:01~16:10:30(UTC) 11600kHz Radio Libya SINPO-25232

16:01(UTC)過ぎにs/on、11600kHzでリビア暫定政府の放送が聴こえています。
フランス語の局名アナウンスと音楽の繰り返しで、正規な番組は始まっていません。
カザフィ政権下では、「Voice of Africa」という局名で良好に受信できていましたが、今日のコンディションはあまり良くないようです。
「Libya3_2011.10.23_01.01.mp3」をダウンロード 16:02:20頃から~16:10:30(UTC)
「Libya4_2011.10.23_01.01.mp3」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

佐渡裕指揮 ベルリン・ドイツ交響楽団 松本文化会館

10月22日 開演 15:00 長野県松本文化会館Photo_2

プログラムB
ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番 Op.72b
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488
チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 Op.64
アンコール
ショパン:ワルツ第5番変イ長調 Op.42
チャイコフスキー:「弦楽のためのセレナード」ハ長調Op.48から第3楽章「エレジー」

Img_70071 ピアノ:エフゲニ・ボジャノフ
 演奏:ベルリン・ドイツ交響楽団
 指揮:佐渡 裕

佐渡裕指揮ベルリン・ドイツ交響楽団の日本ツアー初日の演奏会が松本で実現しました。
隣の松本体育館、そして文化会館もコンサート以外に使われていて、駐車場に入れない車で周辺は大渋滞となり、演奏開始が遅れた他、途中から入場する人が大勢いたりと、佐渡裕さんの人気の程が伺えました。
私がここ数年の間に聴いたオーケストラコンサートではベストワンと思える名演奏で、チャイコフスキーの交響曲第は5番は、7月のNHK交響楽団(長野市ホクトホール)の公演をかなり凌ぐ演奏になっていました。
ベルリン・ドイツ交響楽団は落ち着いた音色で統一され、フォルテシモでも金属的な刺々しい音は皆無で常に透明感と温かみが感じられ、最初の序曲「レオノーレ」第3番で指揮者とオーケストラとの相性の良さは確認できました。
モーツァルトのピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488では、早めのテンポに乗って、軽やかで繊細なエフゲニ・ボジャノフのピアノが秀演でした。
一音一音繊細なタツチで奏でられるモーツァルトにただただ感激、ピアノを支えるオーケストラも抜群で、ほんとうに素晴らしいモーツァルトを聴くことが出来ました。
後半のチャイコフスキーは、公演プログラムを見たときには、またチャイコフスキーかとがっかりしたのですが、そんな思いを完全に吹き飛ばしてしまうような名演奏が繰り広げられ、久しぶりに演奏が終わっても誰一人として帰り始める人がいない、聴衆を感動の渦に巻き込んだ素晴らしいコンサートになりました。
また、アンコールで演奏された「エレジー」は、そんな会場の興奮と熱気を冷ます効果は抜群で、充実感いっぱいで会場を後にすることが出来ました。
会場で配布されたチラシによると、来年5月に日本フィルとマーラーの交響曲第6番「悲劇的」の公演があるようなので、東京まで聴きに行くことを検討中です。Photo_3

「レコード芸術11月号」は、佐渡裕さんが表紙を飾っていて、6ページに渡ってベルリンフィル初登場のインタビュー記事が掲載されています。

上のイチョウの写真は、松本文化会館隣のイチョウ並木で、銀杏が鈴なりに実っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

C1ch~C3ch CCTV、辽宁卫视、河北経済 Eスポ

10月21日正午過ぎに受信した時点で、オフシーズンとしては強めのEスポが発生していて、C1chとC2chの映像信号が強く受信できましたが、混信でロゴマークを確認することはできませんでした。
徐々に受信状態が改善され、
C1ch CCTV、辽宁卫视
C2ch CCTV、辽宁卫视
C3ch 辽宁卫视、河北経済
が確認でき、特にC2chのCCTVが良好でした。

Img_08891 Img_08931 Img_08961
C2ch CCTV 04:01(UTC)            C3ch 未確認 04:03(UTC)        C2ch CCTV 04:04(UTC)
Img_08991_9 Img_09041_2 Img_09121_2
C1ch 辽宁卫视 04:06(UTC)       C2ch CCTV 04:18(UTC)           C2ch CCTV 04:29 天気予報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

6135kHz Polskie R. DRM

10月17日 19:40(UTC) 6135kHz Polskie R. (Woofferton)

Polskie20Polskie19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

9564.9kHz Super Radio Deus e Amor

10月18日 08:34~08:37:15(UTC) 08:41~08:44(UTC) 9564.9kHz Super Radio Deus e Amor (curitiba-Brasil) SINPO-34333(LSB) (9570kHz KBS)

「super_r_2011.10.18_17.33.mp3」をダウンロード 08:34~08:37:15(UTC) LSB Mode
「super_r2_2011.10.18_17.40.mp3」をダウンロード 08:41~08:44(UTC) AM ModeSuper_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9819.7kHz R.9de Julho

10月18日 08:13~08:16(UTC) 9819.7kHz R.9de Julho (SÃO PAULO) SINPO-34333(LSB) (9825kHz R.Japan)

「9de_julho_2011.10.18_17.12.mp3」をダウンロード 08:13~08:16(UTC) LSB Mode
9dr_julho

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

グランドトリオ・コンサートⅡ あづみ野コンサートホール

Img_03711_310月16日 14:00開演 あづみ野コンサートホール

パッヘルベル:カノン ピアノ三重奏
ヘンデル:パッサカリア ヴァイオリン&チェロ
バッハ:パストラーレ G線上のアリア チェロ&ピアノ
タルティーニ:悪魔のトリル ヴァイオリン&ピアノ
シヨスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第1番  Op.8
シューベルト:ピアノ三重奏曲第2番変ホ長調 Op.100 D.929Img_03851
アンコール曲
 八木節、他1曲
 

 ヴァイオリン:渡部基一
 チェロ:長明康郎
 ピアノ:田尻洋一

今年のコンサート予定に入れていなかったのですが、シューベルImg_03932トを聴きたくて出かけました。
あづみ野コンサートホール のホームページには記載されていなかった、シヨスタコーヴィチのピアノ三重奏曲も聴けて大満足の一日になりました。
松本駅での撮影に合わせたため、開演2時間前にはホールに到着し時間があったので 、久しぶりに1.5km程離れた「大王わさび農場」の水車と清流を見てきました。
1923年、シヨスタコーヴィチが17歳の時に作曲した単一楽章のピアノImg_03971_2三重奏曲第1番は、もう既に未来のシヨスタコーヴィチらしさが随所に感じられ、また、シューベルトのピアノ三重奏曲第2番は、チェロの長明康郎さんが、「一生に一度は演奏したいという希望がこんなに早く実現できて・・・・」と話されていましたが、シューベルトの歌心いっぱいの名曲を、あづみ野ホールならではの良い演奏会で巡り会えた私も、充実感いっぱいになりました。
最初のパッヘルベルのカノンは、私が想像していた曲の感じとちょっと違った演奏で、不安を感じながら聴いていたのですが、ヘンデル以降はそんな不安がなかったかのように演奏に集中して聴くことが出来ました。
あづみ野コンサートホールは、こういった室内楽にはベストマッチの小ホールで、ほんとうの意味で「室内楽」が楽しめる良いホールです。
また、いつ行っても皆さんが和やかで、館長さん始めスタッフや出演者の皆さんと気軽に話ができるのが魅力的です。
JR大糸線穂高駅から徒歩で約15分ですが、個人のコンサートホールのため、道路に案内板等は全くないので要注意です。
私も最初の時はコンサートホールというイメージで探していて、ホールを目の前に見ながら、途中まで引き返したことがありました。
3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

9700kHz BNR Digital DRM

10月11日16:50(UTC) 9700kHz BNR Digital R.Bulgaria

Bnr14Bnr15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

第7回ショパン国際フェスティバル・イン・ジャパン 中村紘子plays ショパン&ベートーヴェン 軽井沢大賀ホール

10月10日 開演 14:00 軽井沢大賀ホールImg_94631

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第17番ニ短調「テンペスト」 Op.31-2
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第18番変ホ長調  Op.31-3 
ショパン:24の前奏曲 Op.28

 ピアノ:中村紘子

日本を代表するピアニストの一人である中村紘子さんですが、今回初めて聴く機会が訪れました。
まず選曲ですが、個人的にベートーベン離れしているせいか、演奏は素晴らしかったのですが、ベートーベンの2曲のソナタが、ショパン・フェスティバルとどう関連付けられていたのかよくわかりませんでした。
ショパン・フェスティバルのコンサートなので、ショパンが影響を受けたあるいは影響を与えた作曲家を取り上げて欲しかったと思いました。
後半のショパンの24の前奏曲は、ダイナミックにモダンピアノの持っている能力をフルに発揮した演奏で充実した35分余りでしたが、頭の片隅に、初日のシプリアン・カツァリスの演奏が焼き付いているせいなのか、ショパンはこれほどのダイナミックレンジを想定して作曲していたのだろうかと思いながら聴いていました。
演奏終了後、拍手が鳴り止まない中、中村紘子さんからご本人のことについて話があり、アンコールなしで演奏会は終了しました。

横山幸雄さんはプレイエルによるCDを製作中ですが、ショパンと同時代の楽器による演奏が増えています。
ショパン国際フェスティバル・イン・ジャパンは、YAHAHAが協賛しているので難しい面もあると思いますが、もっとショパンに近づくためにも、来年はプレイエルによる演奏会を実現して欲しいと思います。
そしてもう一つ、イリーナ・メジューエワの演奏会を再び軽井沢で実現してください。
私にとって、モダンピアノによるショパンはイリーナ・メジューエワです。

ここ3日の内では一番空気が澄んでいたので、浅間山を入れてパノラマにしてみました。3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

第7回ショパン国際フェスティバル・イン・ジャパン 音楽案内人 加羽沢美濃presents 3大ピアニスト 名曲ショパン 横山幸雄・青柳晋・近藤嘉宏 軽井沢大賀ホール

10月9日 開演 14:00 軽井沢大賀ホールImg_93961

チャイコフスキー:「くるみ割り人形」より「花のワルツ」 (近藤 青柳)
ショパン:舟歌 Op.60 (青柳)
      幻想即興曲 Op.66 (近藤)
      ノクターン 遺作 (近藤)
      スケルツォ第3番 Op.39 (横山)
Img_94481ラフマニノフ:2台のピアノのための組曲第2番 Op.17より「タランテラ」 (青柳 横山)
ショパンメロディ (加羽沢)
ショパン:バラード第4番 Op.52 (近藤)
      幻想ポロネーズ Op.61 (横山)
      ピアノソナタ第3番ロ短調 Op.58より第3楽章、第4楽章 (青柳)
横山幸雄:祝祭序曲 (横山 近藤)
アンコール曲
横山幸雄:ショパンの「別れの曲」によるお別れの曲 (近藤 青柳 横山 加羽沢)

 音楽案内人:加羽沢美濃
 ピアノ:近藤嘉宏 青柳晋 横山幸雄

毎年のことながら、加羽沢美濃さんの絶妙な司会とピアニスト3人の軽妙なトークと演奏で、楽しい演奏会になりました。
3人の微妙に異なる音色と打鍵、そして息のあった2重奏と、存分に楽しめた演奏会で゜した。
ただ、アンコールの「別れの曲」による別れの曲は、横山さんのアレンジし過ぎで、大賀典雄さんとの別れの意味を込めて、原曲に近い形で静かな「別れの曲」だったらと、聴きながら感じていました。
多分、来年も同じ顔ぶれになると思うのですが、1曲でいいですから、同じ曲を3人が演奏するという企画をぜひお願いしたいと思います。
Img_9387

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

第7回ショパン国際フェスティバル・イン・ジャパン シプリアン・カツァリスplays ショパン&リスト 軽井沢大賀ホール

10月8日 開演 14:00 軽井沢大賀ホールImg_93431

ショパン:マズルカ第14番ト短調 Op.24-1
      マズルカ第15番ハ長調 Op.24-2
      ノクターン第1番変ロ短調 Op.9-1
      ノクターン第20番嬰ハ短調 遺作「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
      軍隊ポロネーズイ長調 Op.40-1Img_93541_2
      ピアノ協奏曲第2番ヘ短調 Op.21 第2楽章(ピアノ独奏版)
ショパン=リスト:6つのポーランドの歌 S.480
           1 乙女の願い 2 春 3 指環
           4 バッカナール 5 私のいとしい人 6 家路
リスト:ハンガリー狂詩曲第5番ホ短調 S.244-5
    ハンガリー狂詩曲第7番ニ短調 S.244-7
    ハンガリー狂詩曲第3番変ロ長調 S.244-3Img_93761
    愛の夢(3つの夜奏曲)第3番
    
    ピアノ協奏曲第2番イ長調(ピアノ独奏版 カツァリス編曲)
アンコール曲
ショパン:ピアノソナタ第2番変ロ短調 Op.35 第3楽章「葬送」

 ピアノ:シプリアン・カツァリス

第7回ショパン国際フェスティバルinジャパンの初日ということで、2_4演奏会の前に恒例の献花式が、シプリアン・カツァリス他関係者により行われました。
今年も繊細でかつダイナミックな演奏を聴くことが出来ました。
今年はリストの生誕200年に当たるリストイヤーということで、後半はすべてリストの曲が組まれました。
個人的にリストは殆ど聴かない作曲家なので、逆に新鮮に聴くことができ、同時代に活躍したショパンとの性格の違いが浮き彫りにされ、ショパン・フェスティバルとしても納得のいくプログラム編成でした。
昨年も書きましたが、シプリアン・カツァリスの音色は多彩で、特にショパンの弱音は間接的にハンマーを叩いているような柔らかさと打鍵のタイミングが素晴らしく、ノクターンの2曲を聴けただけでも満足度いっぱいのコンサートになりました。
アンコール曲は、大賀典雄さんへの追悼ということで、演奏後に拍手をしないよう念をおしてから、ショパンのピアノソナタ第2番変ロ短調から第3楽章「葬送」が演奏され、静けさの中で演奏会は終演しました。
       
それにしても空席が多く、素晴らしい演奏会だっただけに残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

C1ch~C2ch CCTV他 Eスポ

日中と夕方にC1ch~C2chで弱いながら中国TVが受像できました。
久しぶりにEスポが発生したようで、C1chではCCTVが確認できました。

日中の受信
Img_91561 Img_91641 Img_91701
C2ch 未確認 03:13(UTC)            C2ch 未確認 03:19(UTC)      C1ch CCTV 03:23(UTC)
夕方の受信
Img_91871 Img_91881 Img_91911
C1ch CCTV 09:10~09:14(UTC)  CCTV夕方のアニメ番組

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

A2ch フィリピンTV? F2層伝搬

10月5日夕方、A2ch(55.25MHz)でフィリピンTVと思われる映像信号が受信できました。
F2層伝搬のためゴーストが激しく、確認できる画像にはなりませんでしたが、人物らしい画が映っています。

Img_91251 Img_91271 Img_91291
A2ch 08:48(UTC)                     A2ch 08:48(UTC)                      A2ch 08:48(UTC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

保科久保区秋祭り

10月1日(前夜祭)と10月2日、保科久保区の秋祭りが行われました。
春は、東日本大震災で中止になったため、1年ぶりの神楽の奉納です。

Img_88601 Img_88671 Img_88781
Img_88961 Img_89061 Img_89161
上段左から
1 公会堂から久保区を一周して区長宅へ
2 区長宅での神楽の奉納
3 区長宅から公会堂へ移動  この後、公会堂前の秋葉神社で神楽の奉納
下段左から
1 公会堂から久保区を一周して区長宅へ  この後、区長宅で神楽の奉納
2 公会堂前の秋葉神社で延命寺住職の読経
3 公会堂前の秋葉神社で神楽の奉納

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »