« C1ch CCTV、日照电视台、临沂电视台 Eスポ | トップページ | R1ch ロシアTV C1ch~C2ch CCTV、沧县电視台、辽宁卫视、吉林电视台、齐齐哈尔电视台 Eスポ »

2011年8月20日 (土)

ふれあいコンサート I ~小菅優を迎えて~ サイトウ・キネン・フェスティバル松本

8月19日(金)  開演 19:15 長野県松本文化会館・中ホール3_2

モーツァルト:ピアノ四重奏曲第2番 変ホ長調 K.493

 
 ピアノ:小菅優
 ヴァイオリン:加藤知子
 ヴィオラ:赤坂智子Img_48621
 チェロ:山崎伸子
 
 

プロコフィエフ:五重奏曲 ト短調 作品39

  
 オーボエ:森枝繭子
 クラリネット:中秀仁 
 ヴァイオリン:井上静香
 ヴィオラ:柳瀬省太Img_48641
 コンラバス:幣隆太朗 
 

バルトーク:2台のピアノと打楽器のためのソナタ
 ピアノ:伊藤恵、小菅優
  
 パーカッション:竹島悟史、竹原美歌

ザ・ハーモニーホールが地震被害で使用できないため、会場が松本文化会館中ホールになりました。
今回の座席は最前列のほぼ中央だったのですが、松本文化会館中ホールはステージ寄りに固定席がなく傾斜もないことから、最前列は「特等席」になってしまいました。
まず、今回の演奏会は、演奏者の顔ぶれもさることながら、まったく異なった曲想の曲を選んだ選曲の良さが光りました。
ソリスト達ベテラン勢の落ち着いた軽やかなモーツァルト、一転して、オーボエ、クラリネット、ヴァイオリン、ヴィオラ、コンラバスというめずらしい編成による、不協和な響きを多用した前衛的なプロコフィエフの五重奏曲、そして、バルトーク最盛期の1937年作曲された「2台のピアノと打楽器のためのソナタ」と、作曲家の力量と演奏家の力量が存分に楽しめた演奏会でした。
後半のバルトークでは、第一楽章の途中で、小菅優さんの弾いていたピアノの弦が1本切れるというアクシデントがあり、第一楽章が終わったところで、調律師が切れた弦を取り除くという珍しい光景も見られました。
私の好みから、今回はプロコフィエフの五重奏曲が一番印象に残りましたが、ここ数年のサイトウ・キネンでは、オーケストラ・コンサートより、ふれあいコンサートや武満徹メモリアルコンサートの方が、より充実した演奏会になっていると感じているのですが、今年のオーケストラ・コンサートも、後味のよい演奏会になることを期待したいと思います。

|

« C1ch CCTV、日照电视台、临沂电视台 Eスポ | トップページ | R1ch ロシアTV C1ch~C2ch CCTV、沧县电視台、辽宁卫视、吉林电视台、齐齐哈尔电视台 Eスポ »

音楽・コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふれあいコンサート I ~小菅優を迎えて~ サイトウ・キネン・フェスティバル松本:

« C1ch CCTV、日照电视台、临沂电视台 Eスポ | トップページ | R1ch ロシアTV C1ch~C2ch CCTV、沧县电視台、辽宁卫视、吉林电视台、齐齐哈尔电视台 Eスポ »