« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

長野市若穂保科高岡 修験道

Img_026522月27日、保科村誌編纂委員会のメンバーで、長野市若穂保科高岡の武田宅に「修験道」の資料を見せていただけるということで撮影に行ってきました。
大正5年の保科大火で武田家の土蔵は火災を免れたため、明治から大正時代の数多くの行具、仏具や掛物など修験道関係の資料が保存されています。
初代武田寅蔵氏の命日は2月19日ですが、武田家では明治以来、命日から数日間、修験道関係の宝物を虫干しする習わしになっており、ちょうどその機会に撮影することができました。

Img_02552 Img_02702 Img_02732
Img_02752 Img_03032 Img_03822
上段左から
1 修験道の石碑
2-3 不動明の眷属八大童子
中段左から
1 浅間山、戸隠神社等の掛物
2 行衣等
3 敷地内に祀られている不動明王

掛物
Img_02842_2 Img_02852 Img_02872 Img_02882 Img_03002
Img_02762 Img_02772 Img_02782 Img_02792
Img_02802 Img_02812 Img_02822 Img_02832
上段左から
1 浅間山  2 戸隠山三社  3            4 不動明王  
5 信濃国筑摩郡木曽御嶽山全図
中段~下段 不動明の眷属八大童子
中段左から
1 制多迦(せいたか)童子  2 矜羯羅(こんがら)童子
3 清浄(しょうじょう)童子   4 烏倶婆伽(うぐばが)童子
下段左から
1 慧光(えこう)童子      2 慧喜(えき)童子
3 阿耨達(あのくた)童子   4  指徳(しとく)童子
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

CD・DVD

昨日、HMVからCDとDVDが届きました。Chopin
今日は、DVDの「アルゼンチンタンゴ: 伝説のマエストロたち」を見た後、 仲道郁代・有田正広のショパンを聴いています。

ドビュッシー、ラヴェル / String Quartet: Arcanto Q +dutilleux
ショパン / Piano Concerto, 1, 2, : 仲道郁代(Fp)有田正広 / クラシカル・プレイヤーズ東京
ショパン / Chopin Recital 2010: Mejoueva
ブラームス / Comp.symphonies: K.sanderling / Berlin So
Movie / アルゼンチンタンゴ: 伝説のマエストロたち

「アルゼンチンタンゴ: 伝説のマエストロたち」は先にCDで聴いて良かったので、DVDを注文したのですが、感動的な音楽ドキュメンタリーリーに仕上がっています。
仲道郁代・有田正広のショパンは、ショパンの新鮮なオーケストラの響きとオリジナル・プレイエルが融け合って素晴らしい演奏になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

アンドレアス・シュタイアー チェンバロリサイタル ザ・ハーモニーホール 松本

2月11日(金) 松本 ザ・ハーモニーホールPhoto
 【特別講演】 開演14:00
 ゴルトベルグ変奏曲~躍動する数の理論 講師:礒山雅(国立音楽大学教授)

 J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲

 チェンバロ:アンドレアス・シュタイアー

今日の演奏会も <名演奏と客の入りは反比例>の法則通り、65~70%程度しか席は埋まりませんでしたが、今年はじめての演奏会でもう今年のベスト3に入ると確信できた素晴らしい演奏会でした。
事前にCDを何回も聴いて実演に臨んだのですが、コンサートホールで聴く緊張感と最後のアリアに戻ったときの、幸福感と開放感はCDでは体験できないもので、素晴らしい体験ができた演奏会でした。
演奏会先立ち、磯山雅国立音楽大学教授による特別講演があり、「ゴルトベルク変奏曲」について1時間余り講義を受けることができました。
特に興味深かったのは、あの美しい旋律のアリアは装飾にすぎず、主題は通奏低音だということでした。
そして、アンドレアス・シュタイアーによる演奏が始まったのですが、これまで各種コンサートの中ではホールの緊張感も高く音に集中することができました。
「ゴルトベルク変奏曲」という素晴らしい曲を演奏するのに最もふさわしい演奏家で聞けた満足感いっぱいの演奏会でした。

10時過ぎのJRで出かけたのですが、姨捨あたりから雪になり、松本では本降りの上雪になっていました。
Img_91921 Img_92061 Img_92381
左から
1 午後1時ころの雪の松本駅
2 ザ・ハーモニーホールから見た雪景色
3 アンドレアス・シュタイアーさんと礒山雅さんのツーショット


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

CD

今日、HMVからCDが届きました。 

ビーバー (1644 - 1704) / Rosenkranz-sonaten: Sepec(Vn)Hille Perl(Gamb)Behringer(Cemb)Lee Santana(Lute)
ヘンデル / Concerti Grossi Op.6: P.beznosiuk / The Avison EnsembleMunch_2
ベルリオーズ / Symphonie Fantastique: Munch / Paris.o +debussy: La Mer (1967)
Renaissance Classical / Orpheus In England-dowland & Purcell: Kirkby(S)J.lindberg(Lute)
Mozart / Brahms / Clarinet Quintet: S.meyer W.meyer(Cl)Carmina Q
Oquestrada / Tasca Beat: タスカ ビート: ポルトガルの夢
モンテヴェルディ / Vespro Della Beata Vergine: Pluhar / L'arpeggiata

今回の注目は、1967年11月14日にパリのシャンゼリゼ劇場でおこなわれた、ミュンシュ&パリ管弦楽団お披露目演奏会ライヴの「幻想交響曲」でしょう。
ミュンシュ&パリ管弦楽団の「幻想交響曲」は、演奏会の前月に録音したEMI盤(LP)も手元にありますが、今回のCDは高く評価している人も多いので聴くのが楽しみです。

追記:ミュンシュ&パリ管弦楽団の「幻想交響曲」を聴いてみましたが、音は乾いていて余韻がなく、特に終楽章の鐘の音は最低で、こんなひどい鐘の音は聞いたことがない。
といっても、演奏は熱気がこもっておりライブならでは。最近の指揮者では真似のできないようなスリリングな演奏が聴けました。
特に、終楽章の最後の数十秒は圧巻で、こんなライブが聴けたら言う事なしと言えるような演奏でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

2011 今年のコンサート予定 その1

2011年のコンサート予定第一弾です。

 2月11日(金) アンドレアス・シュタイアー チェンバロリサイタル ザ・ハーモニーホール松本 ☆
  【特別講演】 開演14:00
  ゴルトベルグ変奏曲~躍動する数の理論 講師:礒山雅(国立音楽大学教授)
Photo
  J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲

  チェンバロ:アンドレアス・シュタイアー
  講師:礒山雅


4月29日~5月5日 【軽井沢2011春の音楽祭】 軽井沢大賀ホール

 4月29日(金) 堤剛チェロ・リサイタル 開演16:00 ☆
  バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番
  黛 敏郎:BUNRAKU
  コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ 他

  チェロ:堤剛

 4月30日(土) 井上道義指揮 オーケストラ・アンサンブル金沢 開演14:00 ☆
  モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク
  シューベルト:交響曲第7(8)番「未完成」
  ベートヴェン:交響曲第7番

  指揮:井上道義
  オーケストラ・アンサンブル金沢

 5月3日(火) 小林研一郎指揮 東京フィルハーモニー交響楽団 開演17:00 ☆
  J・シュトラウスII:春の声
  ブラームス:ハンガリー舞曲第1番、第5番
  リスト:ハンガリー狂詩曲第2番
  ブラームス:交響曲第4番

  指揮:小林研一郎
  東京フィルハーモニー交響楽団


 5月1日(日)の広上淳一指揮 NHK交響楽団は地域の春祭りと重なりそうで断念
 5月4日(水)の大賀典雄指揮 東京フィルハーモニー交響楽団は、<ヨハン・シュトラウス特集>なので今回は見送り

 5月28日(土) 東誠三&豊田弓乃 エルデーディ弦楽四重奏団 ザ・ハーモニーホール松本

 6月14日(火) タリス・スコラーズ ザ・ハーモニーホール松本
 7月 8日(金) 福田進一 ギターリサイタル  ザ・ハーモニーホール松本
 9月13日(火) ブルーノ=レオナルド・ゲルバー ピアノリサイタル  ザ・ハーモニーホール松本
10月 8日(土) グラン・パルティータのロマン  ザ・ハーモニーホール松本

サイトウ・キネン・フェスティバル松本 松本文化会館他 8月8日~8月28日(予定)
第7回ショパン国際フェスティバル 軽井沢大賀ホール 日程未定

☆印はチケット購入済
特に、2月11日のゴルドベルク、6月14日のタリス・スコラーズ、9月13日のゲルバーに期待して注目しています。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

113系マリS68編成クハ111-1606_モハ112-1524構内移動 長野総合車両センター

2月4日午前、通称「廃車置場」19番線の4両留置を確保するため、113系マリS68編成クハ111-1606_モハ112-1524の2両を通称「廃車置場」16番線へ移動しました。

Img_87301 Img_87331 Img_87391 Img_87421
左から
1-2 通称「廃車置場」19番線から工場線1番線へ移動するクハ111-1606_モハ112-1524
3-4 通称「廃車置場」16番線へ移動

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

6080kHz ABC-Queeslandが緊急短波放送中継

大サイクロン「Yasi」来襲でABC-Queeslandが緊急短波放送中継

ABC-Queenslandは、大サイクロン「Yasi」の来襲で中波が送信不能になる事態に備え、R..Australiaの6080kHzで緊急中継放送を行っています。

2月2日12:27~12:30(UTC) 6080kHz「ABC-Brisbane1_2011.02.02_21.20.mp3」をダウンロード
           12:30~12:33(UTC) 6080kHz「ABC-Brisbane2_2011.02.02_21.20.mp3」をダウンロード
           12:59~13:02(UTC) 6080kHz「ABC-Brisbane3_2011.02.02_21.58.mp3」をダウンロード  

Abcnews Abcbrisbane_4      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »