« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

リューボフ・チモフェーエワ ピアノリサイタル

11月27日 開演 19:00 ザ・ハーモニーホール1127_2

ショパン:幻想即興曲嬰ハ短調 Op.66
      夜想曲第20番嬰ハ短調 遺作
      夜想曲第2番変ホ長調 Op.9-2
      練習曲第3番ホ長調「別れの曲」 Op.10-3
      練習曲第5番変ト長調「黒鍵」 Op.10-5
      練習曲第12番ハ短調「革命」 Op.10-12
      円舞曲第7番嬰ハ短調 Op.64.2
      円舞曲第9番変イ長調「告別」Op.69-1
      円舞曲第4番ヘ長調「華麗なるワルツ」 Op.34-3Img_68951
      円舞曲第10番ロ短調 Op.69-2
      スケルツォ第2番変ロ長調 Op.31
シューベルト:即興曲第3番変ト長調 Op.90-3 D.899
        楽興の時第3番へ短調 Op.94-3 D.780
リスト:3つのノクターンより第3番変イ長調「愛の夢」
    3つの演奏会用練習曲より第2番へ短調゜ラ・レジレッツァ」S.144
ラフマニノフ:幻想的小品集第2番嬰ハ短調 前奏曲「鐘」 Op.3-2
        13の前奏曲より第12番嬰ト短調 Op.32-12
        イタリア・ポルカ
プロコフィエフ:10の小品組曲第1番「行進曲」 Op.12-1
         10の小品組曲第7番゜前奏曲」 Op.12-7
         ピアノソナタ第7番変ロ長調゜戦争ソナタ」より第3楽章 OP.83
アンコール
ベートーヴェン:バガテル「エリーゼのために」イ短調 W.oO.59
シューマン:「子供の情景」より「トロイメライ」

リューボフ・チモフェーエワ(ピアノ)

ハーモニーメイト・スペシャルとして、ハーモニーメイト1,000円という格安のコンサートでした。
同じハーモニーホールの2008年5月17日のコンサートは完売だったそうですが、昨日は90%程度の入りでした。
ショパンは、リューボフ・チモフェーエワ独自のスタイルが確立された演奏で、リズムや打鍵の間が独特のものがあり、今まで聴いたことのないような音の重なりや印象が随所にありましたが、素晴らしい演奏ではあるのですが、50分余り連続して聴いていると、演奏スタイルのくどい印象をちょっとを感じてしまいました。
それは、私が今イリーナ ・ メジューエワのショパンに夢中になっているせいかもしれません。
後半の演奏では、それぞれの作曲家の特徴が良く出た素晴らしい演奏でしたが、私はラフマニノフとプロコフィエフが特に気に入りました。
後半は小品集でしたが、個人的にはラフマニノフが数曲とプロコフィエフの「戦争ソナタ」全曲が組まれていればもっと良かったのではないかと感じています。
どれも1曲の演奏時間が短いということで、曲が変わるたびにプログラムを確認する紙のすれる音があちこちから聞こえちょっと興ざめでした。
上の写真は、演奏終了後のサイン会の様子です。演奏と同じように誠実さを感じる笑顔が素敵なリューボフ・チモフェーエワさんでした。

付記:2月11日の「アンドレス・シュタイアー チェンバロリサイタル」のチケットを購入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

ワレリー・ゲルギエフ指揮 ロンドン交響楽団

11月25日 開演 19:00 長野県松本文化会館Matsumoto3

ヴェルディ : オペラ「運命の力」序曲
シベリウス : ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47
ムソルグスキー (ラヴェル編): 展覧会の絵
アンコール
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番から第3楽章
チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」からトレパック

指揮:ワレリー・ゲルギエフ
管弦楽:ロンドン交響楽団
ヴァイオリン:諏訪内晶子

Img_68681それにしても音楽文化都市松本とは思えないほど空席(特にS席)が目立つコンサートでした。
比較するのもなんですが、満席の今年のサイトウキネン(B、Cプロ)に比べれば、比較しようもないくらい、しなやかな音色と素晴らしい演奏だっただけに、たいへん残念なことです。
諏訪内晶子のヴァイオリンは、深みのある音色とテクニックで、身震いするほどの素晴らしい感動的なシベリウスを堪能することができました。
チャイコフスキー・コンクール優勝から20年、日本を代表するヴァイオリニストになっていることを実感できたコンサートでした。
指揮のワレリー・ゲルギエフは、顔に似合わず(失礼)しなやかな指揮で、シベリウスとともに展覧会の絵では、ラヴェルの「管弦楽の魔術師」が最高に発揮され、特に木管楽器が個々の奏者の技量もさることながら、ロンドン交響楽団の素晴らしい音色の競演を堪能することができました。
ただ、演奏曲目からして、オーケストラの編成が大きすぎるように思えたことと、コントラバスがステージに向かって左側の第一ヴァイオリンの奥に配置されていたのは、聴覚的にも納得できませんでした。
展覧会の絵は大変素晴らしい演奏でしたが、松本でゲルギエフのマーラーが聴きたかったというのが、私の個人的希望でした。
日本経済が低迷する中、音楽文化都市松本でさえ、クラシック音楽もテレビ・マスコミがはやし立てる人気先行型のようで、今回のロンドン交響楽団や5月のシュトゥットガルト放送交響楽団といった、ほんとうに良い演奏に出費して聴きたいと思う余裕が今の日本にはないのかもしれません。
松本では、小澤征爾さんがサイトウキネンを通じて、小学生にクラシック音楽を広め、良い演奏会を提供して底辺の広がりを図っている努力が、十何年たってもあまり実を結んでいないということなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7590kHz R.Free Sarawak その2

11月26日 22:30~22:33:30(UTC) 7590kHz R.Free Sarawak SINPO-45444-45343

7580kHz V.O.Koreaが電力事情の関係で停波していたので、変調は相変わらず浅めでしたが録音してみました。
Sarawak2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

6230kHz V.O.Tamils

11月26日 14:02s/on~14:55s/off(UTC) 6230kHz V.O.Tamils SINPO-34333(6225kHz Bible Voice)
  14:02~14:05(UTC)
  14:16:40~14:20(UTC)
Tamil2_2
Tamil_3
Tamil3_2    
11月26日と27日の両日、Voice of Tamilsのタミール語放送が短波で送信される。
14:00(UTC)からの6230kHzは、2分遅れの14:02(UTC)にs/onした。
ほとんどが音楽番組。(alokeshgupta.blogspot.comによる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

長野えびす講煙火大会

11月23日、第105回長野えびす講煙火大会が行われました。Photo
寒い北風で空気が澄んでいたので、約10㎞離れた保科から撮影してみました。

打ち上げ会場 長野大橋西側・犀川第2緑地 午後6時から8時
撮影地 長野市若穂保科 距離 約10㎞

Img_48061 Img_48121 Img_48201
Img_48351 Img_48481 Img_49351
距離が遠すぎて。直径の大きなものしか撮影できませんでした。三脚を使用していますが、スローシャッターでぶれているのがあります。
寒暖計は8℃という寒い中での煙火大会でした。


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7590kHz R.Free Sarawak

11月22日 22:30-22:33:15(UTC) 7590kHz R.Free Sarawak SINPO-43443(7580kHz V.O.Korea) Sarawak3_2

11月中旬から放送が開始された新局。変調が浅い日が多くコンディションが良くありませんでしたが、今日はまずまずの変調で開始しました。
ただ、電力不足で停波することの多いV.O.Korea-7580kHzが今日は強力で相当かぶっています。

Sarawak2_2Sarawak_2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

6180kHz SNR Saftica DRM

11月21日 19:10(UTC) 6180kHz SNR Saftica B10 Schedule

Rri55_2 Rri56 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

CD・DVD

HMVからCDとDVDが届きました。 Cafe2_2
今回は何と言ってもCafe De Los Maestrosでさっそく聴いていますが、映画ドキュメンタリーのサントラにしては、拍手など周囲の雑音がなくくスタジオ録音のような感じです。演奏は素晴らしいの一言です。
12月22日にDVDの発売が決定したようなのでさっそく注文します。

Various / Cafe De Los Maestros(Deutsche Grammophon)
Baroque Classical / The Celtic Viol 2: Savall(Viols, Etc)Lawrence-kingBach2_3(Irish Hp)Etc
モーツァルト / Piano Quintet, 1, 2, Piano Trio, 7, : Hoogland(Fp)若松夏美(Vn)成田寛(Va)鈴木秀美
ベートーヴェン / Sym, 5, : Immerseel / Anima Eterna +documentary(DVD)
バッハ / Violin Concertos: Podger(Vn)/ Brecon Baroque
マーラー / Sym, 2, : Jansons / Concertgebouw O Merbeth(S)B.fink(Ms)Netherlands Radio Cho

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モスクワ・クァルテット 松本市波田文化センター

11月20日 開演 14:00 松本市波田文化センターPhoto

G.ロッシーニ 「セビーリャの理髪師」序曲
P.サラサーテ 「カルメン」幻想曲
I.フロロフ 「ボーギーとベス」の主題による幻想曲
S.ラフマニロフ エレジー&イタリアン・ポルカ
N.パガニーニ ヴェネツィアの謝肉祭
N.ブダーシュキン:四重奏コンチェルト(一週間、トロイカ) 
A.アリャビエフ:ナイチンゲール 「ドムラとグースリ」 
A.ツイガンコフ:ロシア民謡変奏曲 「バラライカとドムラ」 Img_68231
G.スヴィリドフ:組曲「吹雪」よりロマンス
A.ツィガンコフ:序奏とチャルダーシュ
ロシア音楽メドレー:カリンカ、カチューシャ、ポルシュカポーレ、
               ステンカラージン、ヴォルガの船曳歌、 
               百万本のバラ、モスクワ郊外
アンコール 2曲

アレクサンドル・ツィガンコフ:ドムラ
インナ・シェフチェンコ:グースリ&ピアノ
ヴァレリー・ザジーキン:バラライカ
ラリーサ・ゴドリブ:ピアノ

2008年の第6回大阪国際室内楽コンクール&フェスタのフェスタ部門でメニューイン金賞とフォークロア特別賞を受賞した「グランプリ・コンサート2010」のコンサートです。
松本市波田文化センター(アクトホール)は座席数が200の小ホールですが、空席が多く60%程度の観客数でした(120名位)。
松本市波田は、年に1回程度上高地へ行く途中に通過する程度で、今回初めて訪れた場所です。Img_68181
ホールは、かなりの傾斜のあり、どの席からもステージの見通しは抜群ですが、小ホールにしてはちょっと傾斜がきつすぎるのではないかと思いました。
肝心の演奏ですが、楽器の構成上編曲物が多いのは仕方ないこととして、ロシア民謡などアレンジが凝り過ぎて、原曲の良さが失われているような感じを受けましたが、演奏そのものは大変素晴らしく大いに堪能しました。
今回初めて目にする楽器がほとんど(上の写真左がグースリ、右がドムラ)でしたが、ピアノ以外はすべて撥弦楽器で、音を持続にはトレモロ奏法を使うことになりますが。3種類の撥弦楽器は音域もほぼ同じで、曲によっては私の頭の中でバロックの通奏低音が付加されていました。
チェロのような弦楽器が支えているともっと安定感がでると思ったのですが・・・・・・。
それと、グースリがもっと主旋律を担当しても良かったのではないかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

CD

HMVからCDが届きました。Bach_2
バッハの Brandenburg Concertoは、La Petite BandeのAccentレーベルへの新録音です。

Maria Del Mar Bonet / Bellver 
Dulce Pontes / Momentos
ショスタコーヴィチ / Sym, 14, : Currentzis / Music Aeterna Korpacheva Migunov
バッハ / Orch, Suites, Brandenburg Concertos, MariaViolin Concertos: S.kuijken / La Petite Bande
バッハ / Brandenburg Concerto, 1-6, : S.kuijken / La Petite Bande
ショパン / Nocturnes: Mejoueva
ショパン / Piano Sonata, 3, Fantasy, Etc: Mejoueva

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

第5回清水寺もみじまつり その5 保科 清水寺

11月18日午前の清水寺です。日差しのない曇りを狙って撮影してきました。
参道入り口付近はだいぶ落ち葉が目立つようになってきましたが、参道の上部は見頃を向かえていました。

撮影地 長野市若穂保科 清水寺 午前11時過ぎに撮影
Img_46221 Img_46301 Img_46351Img_46451 Img_46471 Img_46421_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

9610kHz BBC WS DRM

11月17日 08:44(UTC) 9610kHz BBC WS(Sines) B10 Schedule
信号は比較的強く入感していますが、9620kHz CNR-2が強く混信していて表示までです。

Bbc_ws2 Bbc_ws1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

9780kHz REE Noblejas DRM

11月17日 08:00(UTC) 9780kHz REE Noblejas(R.Exterior de Espana) B10 Schedule
9790kHz R.France Int.が07:57(UTC)s/offしてから表示できるようになりました。

t@Ree12 Ree13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

長野総合車両センター EF64-1047

11月16日午前中の長野総合車両センターです。
E257系が定期検査で入場した以外は動きがなく静かです。

Img_43471 Img_43511 Img_43661 Img_43651
左から
1 解体線の113系マリS222編成+マリS71編成
2-3 通称「廃車置場」
4 宴:485系和式電車6両が長野駅へ向かいました
  長総10:08-長野10:19[回9224M]--13:58松本14:09--19:25立川20:29--00:05小金井

今日の単8770レ

今日はEF64-1047が連結されていました。
Img_43761 Img_43781 Img_43782
左 EF64-1002           中 EF64-1047          右 EF64-1047    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

13525kHz DRM?

11月15日 08:55(UTC) 13525kHz 13525khz DRM?

DRM波のようですが、まったく表示できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

第5回清水寺もみじまつり その4 保科 清水寺

11月14日午後4時から清水寺参道で彩短檠(灯篭)の点燈が行われました。
時間経過とともに変化していくもみじと参道が、幻想的な雰囲気に包まれました。

撮影地 長野市若穂保科 清水寺 午後4時前後から5時12分まで
Img_41531 Img_41781 Img_41811
Img_42041 Img_42221 Img_42251 
下段中央は、1200×800の拡大できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第5回清水寺もみじまつり その3 保科 清水寺

11月14日午前中の清水寺です。
10時30分から、儀式「紫灯護摩供」と古代米の餅つきが行われ、古代米のからみ餅がふるまわれました。

「紫灯護摩供」と古代米の餅つき  撮影地 長野市若穂保科清水寺
Img_40541 Img_39851 Img_39971 Img_40161_2
Img_4017_2 Img_40201 Img_4033 Img_4036 Img_40411 Img_40451_2 Img_40601 Img_40621 

清水寺のもみじ
Img_40381 Img_40561 Img_40701 Img_40721
Img_4083 Img_40901 Img_4093 Img_40951
Img_41071 Img_41081 Img_41131 Img_41151 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第5回清水寺もみじまつり その2 保科 清水寺

11月13日、太郎山トレッキングの帰りに清水寺に立ち寄り撮影してきました。
11日の撮影に比べると、だいぶ見頃になってきました。

撮影地 長野市若穂保科 清水寺
Img_39651 Img_39681 Img_39711
Img_39761 Img_3977 Img_39781_2
上段左から
1 清水時本堂の左のもみじ  2-3 参道
下段左から
1-2 参道 2はストロボ発光  3 参道を上から撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太郎山(若穂太郎山)南ルートトレッキングコース開設記念トレッキング

211月13日、太郎山(若穂太郎山)南ルートトレッキングコース開設記念のトレッキングに行ってきました。
低学年の小学生から今年80歳の女性を含め40数名が参加し、落ち葉の降り積もった紅葉の中を全員元気で踏破しました。
ただ、秋には珍しい黄砂の影響で、楽しみにしていた山頂からの眺望ができなかったのが残念でした。

トレッキングルート
登山口08:55-09:31弾正岩-10:04霜台城跡-11:37太郎山山頂12:45-13:05馬背峠13:15-(林道 山新田-高岡線)-14:05保科温泉 (所要時間5時間10分)

Canon EOS50D
Img_39021_2 Img_39081 Img_39121 Img_39411
Img_39241_3 Img_39311 Img_39341 Img_39521_2 
上段左から
1 登山口で記念撮影  2 弾正岩から保科方面 黄砂でかすんでいます
3 霜台城跡に到着  4 太郎山山頂
下段左から
1 山頂で祝杯(ちなみに木曽の酒「七笑」でした おいしかった)
2 山頂の様子 傾斜の少ない広場のような山頂です
3 山頂からの眺望  黄砂の影響でほとんど見えません 下の山は天王山コースルート
4 山頂での記念撮影

Canon PowerShot G10
Img_67131 Img_67181 Img_67341_2
Img_67411 Img_67811 Img_67831
上段左から
1 登山口付近  2 霜台城跡に向かいます
3 霜台城跡 城跡の歴史などの説明を受けています
下段左から
1 霜台城跡から太郎山山頂に向かいます
2 太郎山山頂から馬背峠に下山中  3 馬背峠の林道からの登山口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

CD

今日、HMVから宅配便で届いたCDです。
古楽ばかりになってしまいましたが、アンドレアス・ショルのパーセルを最初に聴くことになると思います。Mater_2

マラン・マレ
(1656-1728) / Semele Suites: W.kuijken / Montreal Baroque
ペルゴレージ (1710-1736) / Stabat Mater: Akademie Fur Alte Musik
Berlin A.prohaska B.fink +vivaldi, Locatel
ヘンリー・パーセル(1659-1695) / O Solitude-songs: A.scholl(Ct) Accademia Bizantina
J.S.バッハ / Gamba Sonata, 1, 2, 3, : PandolfoScholl(Gamb)Hunninger(Cemb)+aria: M.chance(Ct)Van
J.S.バッハ / Orch.suite, 1-4, : Concerto Koln

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第5回清水寺紅葉まつり その1 保科 清水寺

Photo11月13日~14日の「第5回清水寺もみじまつり」を前に、紅葉の様子を見に行ってきました。(11月3日NOAA18の項参照)
14日16時から参道に彩短檠(灯篭)の点燈が行われ、夕暮れのなかで幻想的な紅葉が撮影できます。

撮影地 長野市若穂保科 清水寺

Img_3688_2 Img_36931_2 Img_37071
Img_37091 Img_37191 Img_37241

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真田邸 長野市松代

11月10日の環境学習バスツアーの見学コースに入っていたので撮影してきました。

国の史跡に指定されている松代城跡附新御殿後(真田邸)は、元冶元年(1864)に松代藩9代藩主の真田幸教によって建てられました。

Img_34781 Img_34771 Img_34551
Img_34601 Img_34621 Img_34631
Img_34741 Img_34761 Img_34791
上段左から
1 表門  2 式台付玄関  3 室内からの眺め
中段  庭園
下段左から
1 庭園から見た真田邸  2 真田邸  3 菊花展が開催されていました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

環境学習バスツアー 長野市清掃センター・犀川浄水場

11月10日、若穂地区住民自治協議会(長野市)主催の環境学習に参加してきました。
真田邸については別項にします。

見学行程
長野市清掃センター → 国民宿舎「松代荘」(昼食) → 真田邸(松代) → 長野市犀川浄水場

長野市清掃センター

煙突の高さは80mで、一日の焼却できるごみの量は450tということです。
説明を聞き、ごみ処理の現場を見ることによって、ごみの減量や分別の大切さが良くわかりました。
可燃ごみは、紙やプラスティック類などリサイクルできるものが多いとか、特にプラステック製容器包装の手選別現場を見ていると、個人個人がごみの出し方をちょっと改善することの大切さが良くわかりました。
Img_34421 Img_33871_2 Img_33931
Img_34011 Img_34161 Img_34191
Img_34171 Img_34251 Img_34391_2
上段左から
1 長野市清掃センター(長野市松岡)  煙突の高さは80m
2 担当者から清掃センターについての説明を受けます
3 1人が1年間に出すごみの量(概算)
中段左から
1 可燃ごみのコントロール室
2 プラスチック製容器包装の異物抜き取り作業
3 プラスチック製容器包装圧縮梱包装置
下段左から
1 圧縮梱包されたプラスチック製容器包装
2 缶類の集積場  この後鉄類とアルミニューム類に分別
3 リフレッシュプラザで担当者から説明を受けます

長野市水道局犀川浄水場

今回見学した犀川浄水場は、保科には供給されていないようですが、犀川河川敷内の地下水が、上水道になるまでの過程が良くわかりました。
また、長野市の上水道網が良くわかり、どこの配水池の水が自宅に届いているのかがたいへん良くわかりました。

Img_3493 Img_34941_2 Img_3504_2 
Img_35081 Img_35131 Img_35181
上段左から
1 この地下に配水池があり、夏目ヶ原浄水場に送られます
2 薬品注入棟  PACという薬品を入れ、混じり物を小さな固まりにして沈殿させます
3 見学の様子
下段左から
1 薬品沈殿池  手前から奥に向かって5時間程度で水が移動し、徐々に水がきれいに
  なっていくのが良くわかります
2 薬品沈殿池 1の逆方から見たところ  手前ほど水の透明度が増します
3 水道資料館に展示されていた 1998長野冬季オリンピック記念の鉄蓋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

9760kHz VT Digital DRM

11月6日 11:24(UTC) 9760kHz VT Digital(Woofferton) KBS WORLD RADIO B10 Schedule

Vt_digital4 Vt_digital5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

11900kHz BNR Digital DRM

11月4日 12:48(UTC) 11900kHz BNR Digital(Sofia) B10 Schedule

Bnr11Bnr12 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸隠神社御本社(奥社)

この秋最高の秋晴れになったので、戸隠神社奥社へ行ってきました。Dc3
信州デスティネーションキャンペーン(信州DC)期間中ということもあって大賑わいでした。

Img_28791 Img_28901 Img_29071 Img_29101
左から
1 戸隠神社奥社入口付近から
2-4 戸隠神社奥社周辺から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

5950kHz RNZI DRM

11月2日 17:46(UTC) 5950kHz RNZI R.New Zealand Int. B10 Schedule

Rnzi17 Rnzi18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6030kHz SNR Tiganesti E1 DRM

11月2日 16:01(UTC) 6030kHz SNR Tiganesti E1 B10 Schedule

Rri53 Rri54

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

17870kHz SNR Tiganesti E1 DRM

11月1日 05:10(UTC) 17870kHz SNR Tiganesti E1(Tiganesti) B10 Schedule

両サイドのJamming用CNR1が強力で、RRIの波形の両サイドがつぶされていますが、ときどき中国語の音声復調ができました。

Rri51 Rri52

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15205kHz Deutsche Welle DRM

11月1日 02:50(UTC) 15205kHz DW (TRINCOMALE) B10 Schedule

Dw21 Dw22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7370kHz Galbeni EM2 DRM

10月31日 21:25(UTC) 7370kHz Galbeni EM2(Galbeni) B10 Schedule

Rri48 Rri49_3





Rri50

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9805kHz SNR Tiganesti E1 DRM

10月31日 19:40(UTC) 9805kHz SNR Tiganesti E1 (Tiganesti) B10 schedule

  Rri44 Rri45_3




Rri47

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5845kHz BBC & DW DRM

10月31日 17:40(UTC) 5845kHz BBC & DW B10 schedule

Bbc_dw18 Bbc_dw19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9800kHz BNR Digital DRM

10月31日 16:55(UTC) 9800kHz BNR Digital (Sofia)B10 schedule

Bnr9

Bnr10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »