« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

7340kHz V.O.Russia DRM

10月31日 12:05(UTC) 7340kHz V.O.Russia (Irkutsk)英語番組が聞こえる B10 Schedule

Russia15Russia16_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松川渓谷紅葉 その2 長野県上高井郡高山村

10月31日午後、天気は曇りで絶好の紅葉の撮影日和だったので、高山村(上高井郡)松川渓谷へ2度目の撮影に行ってきました。
山田温泉上の八滝付近が紅葉の見頃になっていましたが、きれいに発色しないまま落葉している感じでちょっと残念でした。

Img_24731_2 Img_24791_2 Img_24861_2
Img_24961 Img_24931 Img_24921
Img_24751 Img_24851_2 Img_24941 Img_24951
上段左から
1 山田温泉手前の「高井橋」  見頃は数日後
2-3 八滝周辺
中段 八滝
下段 八滝周辺と八滝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11980kHz AWR The Voice of Hope 日本語放送最終日

10月30日(JST10月31日) 21:23:30~21:29:00(s/off)(UTC)AWR-KSDA(Guam) 11980kHz SINPO-45444
「AWR6_2010.10.31_06.18.mp3」をダウンロード Awr4
「AWR7_2010.10.31_06.18.mp3」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

11975kHz AWR The Voice of Hope 日本語放送最終日

10月30日 13:00-13:03:15(UTC) AWR-KSDA(Guam) 11975kHz SINPO-45444
「AWR_2010.10.30_21.57.mp3」をダウンロード Awrksda
13:25:20~13:29:00(s/off)(UTC) 11975kHz SINPO-45444
「AWR3_2010.10.30_22.23.mp3」をダウンロード
「AWR4_2010.10.30_22.23.mp3」をダウンロード
Awr2_3  
Awr3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太郎山(若穂太郎山)南ルート開設記念トレッキング

太郎山(若穂太郎山)南ルート開設記念トレッキング2

日   時 11月13日(土) (雨天中止)
集合場所 若穂隣保館
集合時間 午前8時
コ ー ス 狐崎~弾正岩~霜台城跡~太郎山山頂~保科温泉~解散
所要時間 休憩を含めて約6時間の予定
持 ち 物  昼食、飲み物、雨具、手袋、防風着等
服   装 山歩きに適した服装、履きなれた靴、帽子
そ の 他  事前の申し込みは必要なし
       出発時刻までに集合場所で受付を済ませること
主  催   太郎山トレッキングコース愛護会南ルート支会 

太郎山(若穂太郎山)の南ルートトレッキングコースの整備に 、9月26日と10月16日の2回参加しましたが、太郎山南ルート開設記念として、11月13日(土)にトレッキングが計画されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

15735kHz R.Sweden

10月26日 11:59:45~12:02:45 (UTC) SINPO-35343-35333Rsweden
「Sweden_2010.10.26_20.55.mp3」をダウンロード スウェーデン語
10月26日 12:59:25~13:02:00(UTC) SINPO-35343
「Sweden2_2010.10.26_21.56.mp3」をダウンロード スウェーデン語 

Radio Sweden 10月31日で短波放送廃止Rsweden2
これで北欧からの短波放送は全てなくなります。

右 10月31日までのアジア・太平洋地域向け英語放送スケジュール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

201系トタH7編成4両解体線へ 長野総合車両センター

10月25日午前、201系トタH7編成のうち、通称「廃車置場」24番線の4両が解体線へ移動しました。

201系H7編成 通称「廃車置場」24番線の4両
北長野 クハ200-129_モハ200-256_モハ201-256_クハ201-129 長野

これで、通称「廃車置場」17番線の6両も、今週後半には解体線への移動が確実になりました。

Img_20461_2 Img_20481 Img_20511
Img_20551 Img_20561 Img_20571
Img_20621 Img_20651 Img_20661 
上段左から
1-3 通称「廃車置場」24番線から訓練線へ移動する201系トタH7編成4両
中段左から
1 クハ201-129の先頭部分
2-3 工場線1番線から解体線へ移動 留置線入線の115系が重なりました
下段左から Img_20681_2
1-2 解体線へ移動した201系トタH7編成 クハ201-129
3 通称「廃車置場」と解体線

右 解体線へ移動した201系トタH7編成4両(1200×800拡大画像)


今日の 単8770レ

Img_20381 Img_20411 
左 EF64-1027           右 EF64-1014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キエフ・オペラ ~ウクライナ国立歌劇場 ヴェルディ「アイーダ」 松本市民芸術館

キエフ・オペラ ヴェルディ作曲 歌劇「アイーダ」(全4幕) Kiev_2

10月24日(日) 開演16:00 まつもと市民・芸術館
3
管弦楽:ウクライナ国立歌劇場管弦楽団
合唱:ウクライナ国立歌劇場合唱団
バレエ:ウクライナ国立歌劇場バレエ(キエフ・バレエ)
指揮:ヴォロジミール・コジュハル

苦手のオペラを鑑賞してきました。第2幕第2場で演奏される「凱旋行進曲」は、中学校以来何十年ぶりに聴いたような気がします。
公演日程を見ていたら、10月9日~11月23日まで35公演が組まれていました。
ダブル・トリプルキャストとはいえ、強力な声量を保持しながら超過密スケジュールをこなしているのは、さすがにプロの歌手たちだと感心せずにはいられません。
引っ越し公演ということで、幕と簡単な大道具だけの舞台装置で、幕の絵は遠近法で奥行きを出していましたが、描かれた石造りの建造物などデザインがちょっと大げさで、舞台が古代エジプトという感じはあまり伝わってきませんでした。
最も有名で期待する凱旋の場面は、軍隊の行進ではなく、バレーダンスに置き換えられていましたが、クライマックスでこれでは盛り上がりに欠け、音楽との調和がとれていません。
少人数であっても、凱旋する軍隊の行進として演出してほしかったと思いました。
指揮のヴォロジミール・コジュハルは、インテンポで堅実な指揮ぶりでしたが、ニュアンスの変化もなく全体に単調で、もっと歌手の微妙なテンポの揺れに寄り添うようなニュアンスがあれば、もっと音楽が生きたのではないかと感じました。
完全に「定格化」された指揮と舞台で、安心して見ていられるかわり、気分の高揚とか視覚・聴覚的感動はあまりありませんでした。
何度も言いますがオペラは苦手で、エマ・カークビーや波多野睦美など、透明でノンビブラートの古楽を聴いているので、ビブラートを効かせた伸びのある強力な声量を長時間聴き続けるのがたいへんでした。
というわけでまた当分の間オペラとは縁がなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

CD・DVD

10月23日、CDとDVDが届きました。Fado

ショパン / Piano Sonata, 2, Etc: Mejoueva
Joana Amendoeira / Setimo Fado: 7番目のファド
ライヒ、 スティーヴ / Double Sextet, 2x5: Eighth Blackbird Bang On A Can
清水研作(1961-) / 海-works For Flute, Piccolo:
             清水信貴 清水理恵(Fl)時任和夫(Picc)藤田雅 鈴木賢Reich
Piccolo Classical / 時任和夫 Piccolo Virtuoso
Louis.14 Roi-soleil Pieces De Clavecin-l.couperin, D'anglebert: 中野振一郎(Virgi
Elizabethan Virginal Music: 中野振一郎(Virginal, Cemb)
パーセル(1659-1695) / The Fairy Queen: J.kent Christie /
               Age Of Enlightenment O L.crowe TokitoDebono Devin(DVD)
ピアノ作品集 / Chopin His Contemporaries & His Instruments: Van Oort Vermeulen Hoogland Etc
バッハ / 6 Cello Suites: Dieltiens (2009)

今回は、スティーブ・ライヒとの時任和夫のピッコロや中野振一郎のチェンバロを聴くのが楽しみです。
時任和夫さんは、1981年、フィラデルフィア管弦楽団に首席ピッコロ奏者として入団。現在も同管弦楽団にて活躍中で、サイトウキネンオーケストラの常連です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

RMRCセントヘレナデー特別支援放送 アジア向けに再放送

RMRC Transmission at the 23th of October 2010

10月23日 13:00-1400(UTC) 11640kHz (LithuaniaのSitkunai送信所) 出力100KW
ドイツのRhein-Main Radio Club (RMRC) による「セントヘレナデー特別支援放送」アジア向
「RMRC1_2010.10.23_21.59.mp3」をダウンロード 「RMRC2_2010.10.23_21.59.mp3」をダウンロード   
「RMRC3_2010.10.23_22.40.mp3」をダウンロード 「RMRC4_2010.10.23_22.40.mp3」をダウンロード
「RMRC5_2010.10.23_22.57.mp3」をダウンロード
RMRC1 13:00~13:03(UTC)Rmrc3_2
RMRC2 13:03~13:06(UTC)
RMRC3 13:41:10~13:43:40(UTC)
RMRC4 13:43:40~13:46:10(UTC)
RMRC5 13:57:20~14:00:25s/off(UTC) 

Rmrc1_2 Rmrc2_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松川渓谷紅葉 長野県上高井郡高山村

10月23日午後、高山村(上高井郡)松川渓谷へ紅葉の撮影に行ってきました。
ここでも、例年より1週間程度見頃が遅れていて、例年では10月中旬が見頃の七味温泉周辺がちょうど見頃をむかえていました。
雷滝周辺は来週半ばが見頃になる感じで、紅葉を目当てに来ている観光客の多さの割には発色がいまいちという感じです。
時間が取れたら、来週もう一度行ってみたいと思っています。
帰りには、JA高山の出荷場でりんごの「シナノスイート」を買って帰りました。

全体ではこんな感じです。
Img_19881 Img_19891 Photo

Img_19991 Img_20051 Img_20061 Img_20131
Img_20171 Img_20181 Img_20211 Img_20281
上段左から
1-3 七味温泉周辺  4 松川渓谷沿い
下段 松川渓谷沿い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

房総各線用209系2100番台4両構内移動 長野総合車両センター

10月22日午後、房総各線用209系2100番台4両が工場線5番線建屋内から、通称「廃車置場」18番線へ移動しました。
モハ209-134はモハ209-2194に更新されていました。これで来週は、試運転、配給となるのでしょうか。

北長野 クハ209-2159_モハ209-2194_モハ208-2194_クハ208-2159 長野

Img_19631 Img_19651 Img_19711
Img_19731 Img_19781 Img_19801
上段左から
1 工場線5番線建屋内の房総各線用209系2100番台 モハ208-2159
2 工場線5番線から1番線へ移動
3 モハ209-2194に更新済
下段左から
1-2 工場線1番線から通称「廃車置場」18番線へ移動
3 移動後の通称「廃車置場」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

13810kHz BBC&DW DRM

10月31日(日)からB10スケジュールに移行しますが、BBC&DW-DRMが中止されるという情報があるので記録として残すことにします。

2010年10月20日09:12(UTC) 13810kHz
Bbc_dw16_2 Bbc_dw17_2  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

205系ケヨ6編成6両解体線へ 長野総合車両センター

10月19日午前、10月5日に配給され、通称「廃車置場」22番線と24番線に留置かれていた、205系ケヨ6編成6両が解体線へ移動しました。

205系ケヨ6編成6両
 北長野 サハ205-187_モハ204-306_モハ205-306_サハ205-186_モハ204-305_モハ205-305 長野
      |←    廃車置場22番線    →|←    廃車置場24番線    ←|

Img_16861 Img_16881 Img_16891_2 Img_16921
Img_16941 Img_16971 Img_17011 Img_17061
上段左から
1 スイッチャーが通称「廃車置場」22番線へ移動
2-3 サハ205-187_モハ204-306_モハ205-306の3両を試運転線へ移動
4 訓練線から通称「廃車置場」24番線へ移動
下段左から
1-2 24番線でサハ205-186_モハ204-305_モハ205-305の3両を連結して試運転線へ移動
3-4 205系ケヨ6編成6両を解体線へ移動 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

NHK芸術劇場 - サイトウ・キネン・フェスティバル松本2010 -

チャンネル NHKデジタル教育 Photo_2
放送日    2010年10月15日(金)
放送時間  午後11:00~16日午前1:15(135分)
案内役    礒野 佑子アナウンサー
ゲスト      諸石 幸生(音楽評論家)
演目 セレナード ハ長調作品48から第1楽章「ソナチネ形式の小曲」(チャイコフスキー)
出演 サイトウ・キネン・オーケストラ(弦楽合奏)
    小澤征爾(指揮)2_2
演目 ノヴェンバー・ステップス(武満徹)
    幻想交響曲 作品14(ベルリオーズ)
出演 三橋貴風(尺八)
    田中之雄(琵琶)
    サイトウ・キネン・オーケストラ(管弦楽)
    下野竜也(指揮)
収録 2010年9月5日、6日  長野県松本文化会館

録画はしておきましたがまだ見ていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

高井穂神社「赤熊(しゃあま)」 長野市若穂保科「高井穂神社」

10月17日(日) 保科「高井穂神社」で江戸中期から伝えられてきた赤熊(しゃあま)を中心とする道中行列が盛大に行われました。
御柱の年に行われていて、好天のの空のもと、にぎやかに道中が繰り広げられました。
この行事は、長野市の市指定無形民俗文化財(平成13年指定)されていて、近隣では珍しく貴重な行事となっています。
今日は、カメラ撮影とビデオ撮影を同時進行でこなすことになり、私もたいへん忙しい一日でした。
今回は、延命寺住職の長男の小学生が殿様として馬に乗り、周囲からは「かわいい」という声があちこちから聞こえていました。
「赤熊」については、このPDFをご覧ください。
http://www.city.nagano.nagano.jp/upload/1/bunka_database_213n.pdf

Img_12361 Img_12411 Img_12711 Img_13031
Img_13121 Img_13161 Img_13311 Img_13481
Img_13801 Img_13901 Img_14131 Img_14211
Img_14291 Img_14381 Img_14401 Img_14671
Img_14791 Img_14991 Img_15031 Img_15051
Img_15111 Img_15141 Img_15161 Img_15301Img_15071 Img_15311 Img_15371 Img_15591
1段目左から
1 鉄砲隊の子供たち(引沢区公民館前)  2 引沢区公民館前出発
3 延命寺で演技披露  4 延命寺で記念撮影
2段目
1 殿様役の延命寺長男  2 神楽の八幡区の皆さん
3-4 元締め宅で演技披露
3段目 
1 マスコミの取材を受けている元締め  2 元締め宅を出発(12時)
3 道中  4 県道沿いのガソリンスタンド前で演技披露
4段目
1 県道沿いのガソリンスタンド前で恩義披露
2 町滝崎区(夏祭りのお仮屋場所)で演技披露
3 殿様役の延命寺長男の小学生  4 保科小学校前で演技披露
5段目
1 高井穂神社鳥居前で記念撮影  2-4 高井穂神社で演技奉納
6段目
1-4 高井穂神社で演技奉納
7段目
1 高井穂神社で演技奉納  2 鉄砲隊の子供たち
3 殿様役の延命寺長男の小学生  4 納めの獅子舞奉納 八幡区の皆さん

追記:10月18日の信濃毎日新聞(9版)第一社会面に大きく記事が掲載されました。
信濃毎日新聞の「信毎web」http://www.shinmai.co.jp/news/20101018/KT101017FTI090002000022.htm、で記事が見られますが、信濃毎日新聞社からリンクを貼る許可をいただきましのでリンクを貼っておきます。
また、長野ケーブルテレビ(INC)も取材に来ていて、「INCあいプラザ」の中で放送されました。

  
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太郎山(若穂太郎山)の南ルートトレッキングコースの整備 その2

10月16日、太郎山(若穂太郎山)の南ルートトレッキングコースの整備が、「太郎山トレッキングコース愛護会(保科地区各種団体の集合体)」によって行われ、9月26日に引続き関係者の一員として汗を流してきました。
まだ正式決定ではないようですが、11月13日(土)に整備したコースからの太郎山(若穂太郎山)登山が計画されているようなので、ぜひ参加したいと思います。

Img_66661 Img_667411 Img_66791 Img_66911
左から   撮影はCanon PowerShot G10
1 トレッキングコースの整備
2 「弾正岩」の岩盤に根を張っていた枯れ松最後の姿 この後伐採されました
3 「弾正岩」からの保科中心部
4 「弾正岩」で昼食になりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

HB-E300形快速「リゾートビューふるさと」 姨捨

Dc10月15日午前、HB-E300形快速「リゾートビューふるさと」を撮影に姨捨に行ってきました。

Img_11801 Img_11841 Img_12031
Img_12051 Img_12061 Img_12071
Img_12141 Img_12231 Img_12251
上段左から2_2
1-2 篠ノ井線 稲荷山-姨捨 姨捨公園で撮影
3 以下、姨捨駅で撮影
下段
1 115系長野行き[3523M]とリゾートビューふるさと
2-3 スイッチバック線から上り本線松本方面へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

上岡敏之&ヴッパータール交響楽団 ザ・ハーモニーホール松本

10月13日 開演 19:00 ザ・ハーモニーホールPhoto_4

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35
ベートーヴェン:交響曲 第3番 変ホ長調 「英雄」 Op.55
アンコール モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」K.551第4楽章

指揮:上岡敏之 
管弦楽:ヴッパータール交響楽団
ヴァイオリン:アナスタシア・チェボタリョーワ

Wuppertal 今回の来日公演では、5つのプログラムが用意され、松本では「プログラムE」が演奏されましたが、全10公演で他に「プログラムE」の演奏会はなく、松本のみの貴重な演奏会になりました。
ヴァイオリンのアナスタシア・チェボタリョーワは、「松本公演のためだけにモスクワから駆けつけてくれる」(ザ・ハーモニーホール情報誌[HARMONY Vol.148])といった1公演のためだけの来日になりました。
白い(少しピンク系?)のステージドレスで演奏するアナスタシア・チェボタリョーワは、まるでおとぎ話のお姫様がバイオリンを奏でているようで、それだけでも魅力的でしたが、演奏も大変素晴らしく久しぶりに良い演奏でチャイコフスキーを堪能しました。
上岡敏之さんの指揮は、指揮者を見ているだけでも楽しめるような独特な動きで、弦楽器パートそれぞれに大きな身振りで指示を出していました(コントラバスは無視されているよう)が、プロのオケなんだから、本番でそこまでやらなくてもというのが私の個人的な素直な感想です(腰痛が心配)。
また、このような無意味の大きな動作は、パフォーマンス以外の何物でもなく、音楽の表現にとっては何の意味もなく、アンサンブルを乱すだけだと思われてなりません。
両曲とも特にベートーベンでは、随所にニュアンスが思いがけず多様に変化して、この演奏会ほど1小節1小節をハラハラどきどきしながら真剣に聴いた演奏会はありませんでした。
ただ、「英雄」はもっとオーソドックスなスタイルの方が良かったのではという思いはありますが、特に第2楽章のスピード感はついていけませんでした。
葬送行進曲なので、第1、第3楽章との対比からいっても、できる限りゆっくりしたテンポでかつ緊張感のある演奏がいいと思っているのですが、いずれにしても「英雄」が苦手だという上岡さんのこれからがますます楽しみになってきました。
オーケストラは、しなやかな音色で統一され、ホールの長めの残響と相まって、心地よい響きを奏でていましたが、ベートーベンとアンコールのモーツァルトで、左側のバイオリンと右側が微妙にずれて聞こえることが何度となくあり、、上岡さんの指揮棒に起因するのではないかと思えて仕方ありませんでした。

Img_10241 Img_10291 Img_10751 Img_10821
左から
1-2 ザ・ハーモニーホール松本
3 アナスタシア・チェボタリョーワさんのサイン会
4 お疲れのところ、笑顔いっぱいでサインに応じる上岡敏之さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

志賀高原 横手・渋峠周辺

Photo 志賀高原の横手山・渋峠周辺の紅葉を撮影に行ってきました。
標高2100~2200m付近が紅葉の盛りで、平年に比べて1週間程度遅くなっています。
丸池や一沼周辺は今週末あたりが見頃になりそうな感じでした。

Img_08951 Img_09191 Img_09151
Img_09411 Img_09461 Img_09561 Img_09591

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

113系マリ119編成構内移動 長野総合車両センター

10月8日午後、工場線8と2番線から、113系マリ119編成4両が工場線9番線建屋内に移動しました。

Img_07101 Img_07111 Img_07131 Img_07671
左から
1 工場線8番線から移動する113系マリ119編成3両(モハ112-2096_モハ113-2096_クハ111-2156)
2 3両で工場線2番線へ移動
3 工場線2番線のクハ111-2068を連結して4両で工場線9番線建屋内に移動
4 工場線9番線建屋内に移動した113系マリ119編成4両

Img_07851追記:午後、通称「廃車置場」17番線へ移動していました。次の解体は113系マリ119編成になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

中央アルプス駒ケ岳千畳敷

紅葉が最盛期ということで、駒ケ岳千畳敷へ撮影に出かけました。
ピークは数日前だったようで、すでに色あせ始めていました。
その上、上昇気流で雲に覆われる時間が長く、PLフィルターを持参しましたが、使用するチャンスはあまりありませんでした。
10月7日現在で、紅葉の見頃は標高2200m付近まで下がっているようです。

Img_06021 Img_06171 Img_06291 Img_06301
Img_06391 Img_06631 Img_06741 Img_06751
撮影場所 右の千畳敷カール散策マップ周辺Photo_2
散策マップは、中央アルプス観光株式会社
http://www.chuo-alps.com/ropeway/walk/senjyojiki/map_s.htmlを使わせていただきました。
下段左の写真の後方に見えるのは、駒ヶ根市方面です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

253系クラNe02編成解体線へ 長野総合車両センター

10月4日午後、解体対象となった253系最後の、253系クラNe02編成が解体線へ移動しました。

Img_03241 Img_03251 Img_03321 Img_03331 Img_03361
Img_03371 Img_03411 Img_03441 Img_03461 Img_03481
上段左から
1 スイッチャーが通称「廃車置場」19番線へ移動
2-4 通称「廃車置場」19番線から、5両編成で工場線1番線へ移動
5 クモハ252-2とスイッチャーの連結部分
下段左から
1 5両編成で、クロ253-2が停車している工場線11番線へ
2 クロ253-2を連結し、6両編成で工場線1番線へ
3-5 解体線14番線へ移動する253系クラNe02編成6両

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保科久保区秋祭り

10月3日(日)、昨日の前夜祭に続いて秋祭りが行われました。
午後から、小学生による子供みこしが区長や今年の班長宅をまわり、そのあと、昨日と同じコースで神楽の奉納が行われました。

Img_02471_2 Img_02601_2 Img_02621_2 Img_02711_2
左から
1 小学生による子供みこし  2 久保公会堂前の秋葉神社
3 延命寺住職による読経  4  神楽の奉納
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

保科久保区秋祭り

今年の保科久保区(長野市若穂保科久保)秋葉神社の秋祭りは、10月2日(土)~3日(日)に行われます。
10月2日は前夜祭で久保区長宅(神楽保存会会長)と久保公会堂前庭の秋葉神社への神楽の奉納が行われました。

Img_02301_2 Img_02311 Img_02351 Img_02451
左から
1-3 久保区長(神楽保存会会長)宅の神楽の奉納
4 久保公会堂前庭の秋葉神社の神楽奉納(笛の合間に撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

サハE230形500番代(6ドア)4両解体線へ 長野総合車両センター

10月1日午前、9月27日に配給されたサハE230形500番代4両(サハE230-568_567_566_,565)が、工場線5番線建屋内から解体線へ移動しました。

Img_00931 Img_01061 Img_01651
左から
1 工場線5番線建屋内から1番線へ移動するサハE230形500番代4両
2 解体線へ移動するサハE230-568_567_566_,565
3 解体線へ移動したサハE230形500番代

その他の長野総合車両センターの移動

113系マリ119編成クハ111-2068構内移動

113系マリ119編成クハ111-2068が工場線11番線から2番線建屋内に移動しました。

Img_01191 Img_01261 Img_01331
左から
1 スイッチャーと連結するクハ111-2068
2 工場線1番線へ移動
3 113系マリ119編成(モハ112-2096_モハ113-2096_クハ111-2156)の横を2番線建屋内に移動

253系クラNe02編成クロ253-2構内移動

Img_01481 Img_01541 Img_01611
左から
1-2 工場線1番線建屋内から移動する253系クラNe02編成クロ253-2
3 工場線11番線へ移動

今日の 単8770レ

Img_01781_2 Img_01831
左 EF654-1035          右 EF64-1018


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »