« CD・Blu-ray Disc | トップページ | サハE230形500番代(6ドア)4両構内移動 長野総合車両センター »

2010年9月27日 (月)

太郎山(若穂太郎山)南ルートトレッキングコース整備 

9月26日、数年前から検討されていた太郎山(若穂太郎山)の南ルートトレッキングコースの整備が、「太郎山トレッキングコース愛護会(保科地区各種団体の集合体)」によって行われ、関係者の一員として汗を流してきました。
すでに、綿内地区からは数ルート整備されていて、保科地区の南ルートの整備が待たれていたものです。
南ルートは、「弾正岩」と呼ばれる場所をコースに入れたことで、若干長めになっていますが、岩の上からは保科のほぼ全景が見渡せてく絶景ポイントになっています。
「弾正岩」から「霜台城」という城跡を通って、綿内地区からのルートと合流する地点まで上りましたが、傾斜がきつく膝はがくがく状態になりながれの下山となりました。
この後、引続いてルートの整備や標識が設置されて本格的なトレッキングコースが誕生するものと思われます。

Img_96831 Img_96851 Img_96911 Img_97141
Img_97181 Img_97231 Img_97281 Img_97291
上段左から
1 7:30 集合 08:00 出発
2 トレッキングコース整備
3 「弾正岩」で休憩
4 「霜台城」城跡で昼食
下段
1 長野市方面を望む 手前に落合橋 右に「エムウェーブ」 山は飯縄と黒姫
2 綿内地区からのトレッキングコースとの合流地点
3 合流地点付近で記念撮影
4 こんな岩の多い風景も見られました

Img_97311 Img_97321 Img_97341 Img_97351 Img_97371 Img_97401_2 Img_98421 Img_98391_2
上段左から
1-4 「弾正岩」から見た保科  3-4の後方は菅平高原の山並み
下段左から
1 「弾正岩」から見た保科
2-3 トレッキングコースを整備した地域 
4 3の中腹にある「弾正岩」

1_3   
太郎山(若穂太郎山)の北ルート
綿内地区から複数ルートが整備されている
今回整備したルートは、反対側の南ルート

   

|

« CD・Blu-ray Disc | トップページ | サハE230形500番代(6ドア)4両構内移動 長野総合車両センター »

郷土・行事・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551965/49578241

この記事へのトラックバック一覧です: 太郎山(若穂太郎山)南ルートトレッキングコース整備 :

« CD・Blu-ray Disc | トップページ | サハE230形500番代(6ドア)4両構内移動 長野総合車両センター »